« ネムノキ | トップページ | 青森県の山 2014.7.27~7.29 »

薬師池公園・大賀ハス(ポタリング) 2014.7.22

日光の山を考えていたのだが、予報では天気がちょっと。日光まで行って曇り空の下での山歩きもと思い、それで以前から気になっていた、町田の薬師池公園の大賀ハスをポタリングで見に行ってきました。“大賀ハス”というのは公園内にあった説明看板によると、大賀一郎博士が千葉県検見川遺跡で2000余年前のハスの実3個を発掘し、そのうちの1個だけ発芽に成功したものだそうです。町田在住の方で大賀博士と縁故のあった方が株分けをしてもらい、それを薬師池公園で育てているということのようです。

P7220014s P7220010s

○ 薬師池公園・大賀ハス(ポタリング) 2014.7.22(火) 晴

 橋本(10:00)-境川・寿橋(10:05)-山根橋(10:30)-薬師池公園(11:0512:15)-町田(12:4513:10)-山根橋(13:35)-寿橋(14:05)-相原(14:15)

 橋本の寿橋から、境川に沿った自転車・歩行者専用道路に入る。少し行くと、恐らく川沿いのお宅の方が育てていると思われるハスがきれいに咲いているのが見られた。これを見たら、わざわざ薬師池公園まで行く必要はないかなと思ってしまったが、気を取り直して先に進む。家を出る頃は、ちょっと涼しいかなと思うくらいだったが、やはり陽が高くなるに従って暑くなってきた。それでもダラダラと汗が出てくるほどではない。山根橋で境川から離れて、芝溝街道に入る。芝溝街道というのは、ウイキペディアによると、相模原市の上溝と町田市の大蔵を結ぶ主要地方道で、かつて上溝と東京の芝を結ぶために建設された道路であったために、そのような名称がつけられたということだった。町田街道を横切り、馬賭の交差点を過ぎ、さらに図師大橋で鶴見川を渡る。今から4年ほど前に鶴見川の河口近くから源流までポタリングをしたことを思い出す。さらに進んで、新袋橋の交差点を右に曲がって鎌倉街道に入って少し行くと今日の目的地の薬師池公園に着く。早速お目当ての大賀ハスを観賞するためにハス田へ。一見すると、花はハス田の中でパラパラと咲いている程度。いっせいに花が開いたら見事だろうなと思ったが、家に戻ってから開花情報のウエブサイトを見たら、今日の状態で見頃となっていた。開花時期が7月中旬から8月中旬と長く、また一つ一つの花が開いている期間は3~4日間と短いようなので、一気に開花するということはないのだろうか。それでも、一輪一輪の花の形や色が大変美しく、見応えがある。大賀ハスを堪能してから、公園から鎌倉街道に出て町田駅方向に向かう。鎌倉街道についてやはりウイキペディアで調べてみると、歴史的にはいろいろとあるようだが、現在の理解としては各地より鎌倉に至る道路の総称で、東京都道18号府中町田線などの通称、と書かれていた。今回通ったのは東京都道18号の鎌倉街道ということのようだ。駅前のヨドバシカメラでカメラ用品、パソコン用品などを物色して(結局何も買わなかった)から、境川に出て川沿いの“境川ゆっくりロード”をゆっくりと橋本方向に向かう。川の水が最近では珍しく濁っているのでどうしたのかなと思ったら、上流で工事をしているためだった。来るときに見たハスの花を帰りにもと思っていたのに、何故か見過ごしてしまった。

P7220004s P7220005s P7220016s P7220023s P7220024s

|

« ネムノキ | トップページ | 青森県の山 2014.7.27~7.29 »

ポタリング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ネムノキ | トップページ | 青森県の山 2014.7.27~7.29 »