« ネパール通信 14-1-3 | トップページ | 尾根緑道~境川(ポタリング) 2014.7.2 »

富士山・須走登山道 2014.6.29

中年グループの山仲間のお二人から、富士山の須走登山道を水ヶ塚公園から宝永山の火口まで登るが、行かないかとお誘いを受けた。3日前に平標山を歩いたばかりだし、天気もちょっと不安でかなり迷ったが折角のお誘いなので同行させてもらうことにした。ただ、手元に地図がなくてコースの概要がわからない不安もあったが、お二人にすべてお任せすることにした。
P6290002s_2 P6290005s

○ 富士山・須走登山道 2014.6.29(日) 曇

 水ヶ塚駐車場(7:40)-御殿庭下(9:409:50)-御殿庭中(10:25)-御殿庭上(10:4510:55)-山体観測装置(11:3011:40)-宝永第2火口縁(11:55)-宝永第1火口縁(12:1012:50)-御殿庭下(13:4013:50)-水ヶ塚駐車場(15:00)

 水ヶ塚の駐車場からは、雲がかかっていて全身ではないが、富士山が姿を見せてくれている。これから雲が取れて全身の姿を見せてくれるようになることを期待して歩き始める。駐車場の前の道を横断し、須山登山道に入る。しばらくは幅の広い、ほぼ平坦な登山道を進む。三国山や平標山でも聞いた蝉の鳴き声がここでも聞こえてきた。緩い登りが続いて、なかなか高度を稼いでくれなくてちょっとイライラしたが、1700mを越えた頃から高度を稼いでくれるようになった。樹林帯の中なので狭い範囲しかわからないが見上げると青空が見えて樹林帯を抜けてからの展望を大いに期待する。ネットでの報告にあった倒木帯は、気が付かずに通り過ぎてしまったよう。最近建てたと思われる新しい道標が出てくるので、登山道も整備したのだろう。御殿庭下にはかなり立派な案内地図が設置されていた。御殿庭中の分岐で第3火口の方向P6290024s_3 に行く。今までと違って道型がわかり辛かったり、下って行ったりでちょっと不安になったが道標が出てきてホッとする。やがて樹林帯から出て、第3火口が見えるようになった。火口壁につけられた登山道を上がっていく。見上げると大きな岩が見える。登山道の脇にはタデや見慣れない花が見られる。ガスが流れていて展望が出てきたり、隠P6290022s_2 れたりを繰り返す。山体観測装置という標識があるところで、御殿庭中で分岐したルートと合流する。山体を観測する装置とは、かなり大変な装置と思ってしまうが、とりあえず見渡した範囲ではそれらしい装置は目に入らなかった。これから少し上がった第2火口縁からは富士宮口の5合目への道があるようだが、通行禁止の看板があった。雪崩で倒木があり道が塞がれているよう。細かい砂利で埋まっていて、ズルズルと滑ってしまいそうな急傾斜のルートを上がっていくと第1火口縁と書かれた標識が立つ地点に登り着く。ここは、頂上、富士宮口6合目そして宝永山に向かうルートの4つ辻になっている。ここで水ヶ塚から1000mの標高差をクリアーしたということで、ここから下山することにする。志さんが担ぎ上げてくれたコーヒー、ミカンを美味しくそしてありがたく頂いた。正面に、ガスが動いて時折宝永山が姿を見せてくれる。先ほど見えた大きな岩は、宝永山直下の岩だった。富士山の頂上は雲の中に見えたり隠れたり。しばらく期待をして待ってみたが、なかなか全身を見せてくれず、あきらめて下ることにした。山体観測装置まで一旦下り、帰りはそのまま真っ直ぐ御殿庭の中を下る。苔むした樹林帯の中の登山道で、ちょっと良い感じ。御殿庭中で登りに歩いた登山道と合流する。しばらく下ると、鳴りを潜めていた蝉の声がまた聞こえ出した。登ってきた道を一気に下り、水ヶ塚の駐車場へほぼ予定どおりの時間で着いた。

P6290027s P6290029s P6290032s P6290039s P6290040s

|

« ネパール通信 14-1-3 | トップページ | 尾根緑道~境川(ポタリング) 2014.7.2 »

山行記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ネパール通信 14-1-3 | トップページ | 尾根緑道~境川(ポタリング) 2014.7.2 »