« 三ツ峠 2014.9.4 | トップページ | ネパール通信14-1-11 »

三ツ峠 2014.9.6

前々日(4日)行った三ツ峠に、何故かこの日も行くことになりました。それでも前々日には見られなかったレンゲショウマがまだ残ってくれていて、見ることができたこと、それと今回の同行者の中に蝶のことをよく知っている方がいて、アサギマダラという蝶を教えて頂けたことで続けて行った甲斐がありました。

P9060068s P9060029s

 三ツ峠 2014.9.6(土) 曇時々晴

 御坂登山口駐車場(8:15)-開運山(10:0015)-展望地(10:5011:20)-駐車場(12:20)

今日は歩く会の山歩きで、霧ケ峰の車山に行く計画。高尾山ICから圏央道を経由して中央道に入ると、電光掲示板に大月と勝沼の間が事故で通行止めだという旨が表示。霧ケ峰まで行くのは大変だということになり、地図がなくてもなんとか歩ける山を検討して、私にとっては一昨日歩いたばかりだが、三ツ峠へ御坂から登ることにした。
 御坂の登山口から歩き始めて開運山に登り、御巣鷹山への途中にあるお花畑で秋の花を楽しんだ。その後木無山方向に戻り、同行した方の案内で、富士山と屏風岩が展望できる岩場の上の展望地で昼食を摂って、駐車場に戻った。開運山頂上からの富士山の展望は得られなかったが、昼食を摂った展望地からは、短い時間だったが富士山を覆っていた雲が取れて姿を現してくれた。一昨日と違ってかなり日差しが感じられ、花がきれいに感じる。それと一昨日には見ることができなかった、レンゲショウマを見ることができたことが大きな収穫。良く残ってくれていた。今回蝶に詳しい方が同行していて、アサギマダラを教えてくれた。車山に行けなかったのは非常に残念だったが、話のタネができたこと、レンゲショウマが見られたことで満足。

P9060003s P9060009s P9060021s P9060024s P9060033s P9060042s P9060050s P9060055s

|

« 三ツ峠 2014.9.4 | トップページ | ネパール通信14-1-11 »

山行記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 三ツ峠 2014.9.4 | トップページ | ネパール通信14-1-11 »