« 南高尾~小仏城山 2014.12.14 | トップページ | 達磨山~金冠山 2014.12.30 »

御坂・鬼ヶ岳南尾根 2014.12.23

藪山のオーソリティ、Shoさんから御坂の藪尾根、鬼ヶ岳南尾根を歩こうとお誘いを頂いた。地形図で確認すると露岩のマークがあり、雪があると嫌だなと思ったが同行させてもらうことにした。尾根には地形図どおり露岩はあったが、雪頭ヶ岳までは南向きの斜面で雪はなく影響なく歩くことができた。天気が良くて、朝、昼、夕方と違った時間帯の富士山の展望が楽しめた。また、南アルプスがほぼ全山眺められ、八ヶ岳や奥秩父、富士五湖の山々の展望を1日楽しめました。主稜線上には、適当に雪があり今シーズン初めてのスノーハイキングを楽しむこともできた。Shoさん、ありがとうございました。また、楽しいプランがあったら誘ってください。

Pc230008s Pc230013s Pc230027s Pc230029s Pc230032s

○ 御坂・鬼ヶ岳南尾根~鍵掛峠 2014.12.23(火) 晴

 根場駐車場(6:35)-1183(7:35)-1334.9(8:058:15)-雪頭ヶ岳(9:459:55)-鬼ヶ岳(10:2010:25)-金山(10:50)-節刀ヶ岳(11:0511:25)-金山(11:40)-鬼ヶ岳(12:1512:20)-鍵掛峠(13:1513:25)-車道(14:05)-根場駐車場(14:30)

 根場の駐車場からは西湖の向こう側に、朝の富士山が印象的。駐車場から県道を渡り少し北方向に行ってキャンプ場の入り口から微かな踏み跡をたどって尾根に取り付Pc230001s_2 く。歩き始めた時は寒くてダウンが脱げなかったが、30分ほど急な斜面の登りが続くとかなり体が温まって来たので、ダウンを脱いだ。1183を越えた頃から、木の間からだが太陽の光を感じられるようになってきた。やはり木間越しだが、富士山も見える。富士山方向の展望が開けているところが出てこないか、期待するのだがなかなか出てこない。上空はほとんど雲が見られず、真っ青。「天気が良いのは、俺のせいだ!」とお互いに主張しあう。やがて正面に雪頭ヶ岳が見えるようになったが、頂上のすぐ下はかなりの急傾斜のようだ。三角点のある1334.9のピークを越え、しばらく下ってから再び始まった登りが滑り落ちてしまいそうになるほどの猛烈な急傾斜。靴を地面に蹴りこみ、木や岩に摑まって滑らないように慎重に体を持ち上げていく。時折傾斜が緩んで息継ぎができるが、急な斜面との格闘がしばらく続く。1400を越えた頃、小さな雪の塊がいくつか見られた。時折岩場が出てきて、行く手を遮られるので岩の横を巻いて上がっていく。棘のある木が踏み跡を覆っているところが度々出てくる。気がつかないで掴んでしまい、何度か痛い思いをした。頂上が近づくと、周囲は低い木になって富士山が展望できるようになった。急斜面とさらに格闘して、雪頭ヶ岳頂上へ。秋の初めにはウメバチソウやマツムシソウが咲き乱れているところだが、さすがにこの時期では見られるはずはない。花は見られないが下に西湖、Pc230012s 正面に富士山の展望が楽しめる。少し下で見えた南アルプスはここでは木に邪魔をされて、展望することができない。ここからは一般道を進む。一つ先のピークまで行くと、雪頭ヶ岳では展望できなかった南アルプスが甲斐駒ヶ岳から北岳、塩見岳、荒川三山、赤石岳、聖岳等ほぼ全山の眺めを楽しめることができた。ピークを越えると、登山路は踏み固められた雪で覆われ、滑りそう。アイゼンをはいて慎重に下る。鬼ヶ岳への登りでは岩場があり、梯子がかけられているところがある。鬼ヶ岳からは節刀ヶ岳を往復する。途中の尾根道は雪が適当にあってなかなか良い感じ。好天の休日だというPc230018s のに、全く人に会わない。多くの人々は年末で新年を迎える準備に忙しくて、大掃除をさぼって山を歩いているのは我々くらいなのでろうか。節刀ヶ岳は雪頭ヶ岳と同様に正面に富士山の展望はできるが、南アルプス方向は木に覆われていて眺めることはできない。しばらく富士山の展望を楽しんでから、鬼ヶ岳に戻る。途中で今日初めて、鬼ヶ岳方向から来た登山者に出会った。鬼ヶ岳に戻ると5人パーティーの先客がいた。最初の鬼ヶ岳ではなんとなく見過ごしてしまった八ヶ岳の眺めを楽しむ。北側には奥秩父の山々が眺められる。鬼ヶ岳からの下り始めはロープが付けられた急斜面で、登山路は雪で覆われているがアイゼンを利かせて下る。鍵掛峠へは下り一方だと勝手に思い込んでいたが、アップダウンが何度か出てきてこぶをいくつか越える。尾根の南側につけられた登山路は、雪がなく泥んこ状態だが北側ではかなり雪があるのでなかなかアイゼンが脱げない。最近は鬼ヶ岳から根場に下るときは雪頭ヶ岳から下ることが多くて、鍵掛峠へのPc230045s 尾根道を歩くのはかなり久しぶりのような気がする。峠からは南斜面の下りになるのでアイゼンはもう必要はないだろうとも思ったが、日陰で残っていることもあるかなと思いつけたまま様子を見ることにする。登山路には雪はなく、もう大丈夫だろうとアイゼンを脱ぐと、踏み固められた雪に出会い、ちょっと焦った。傾斜が緩ゆるかったので、慎重に下ってOKだった。やがて、広い道に下り立ちさらに進むと根場いやしの里に入っていった。養蚕室があったり、古い民家が何棟か建っていて観光スポットになっているようだ。いやしの里をぬけ、朝尾根に取り付いたキャンプ場の前を通り、県道を渡って駐車場に戻った。駐車場からは雪頭ヶ岳や鬼ヶ岳から鍵掛け峠への先ほど歩いた稜線がくっきりと見えた。反対側には、この時間でも富士山がクリアーに見えていたので、カメラに収めた。

Pc230004s Pc230014s Pc230015s Pc230020s Pc230024s Pc230033s Pc230038s

|

« 南高尾~小仏城山 2014.12.14 | トップページ | 達磨山~金冠山 2014.12.30 »

山行記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 南高尾~小仏城山 2014.12.14 | トップページ | 達磨山~金冠山 2014.12.30 »