« セツブンソウ 2015.2.21 | トップページ | 甲州高尾山~棚横手山 2015.3.11 »

丹沢・鍋割山 2015.2.28

スノーハイキング、富士山の展望を期待して小丸尾根から鍋割山を登ってきました。富士山の展望は一応楽しめましたが、雪は殆どなくてスノーハイキングではなくて、泥んこハイキングになってしまった。
P2280001s_2 P2280004s_2 P2280011s_2


○ 丹沢・小丸尾根~鍋割山 2015.2.28(土) 晴

 渋沢(6:48)=大倉(7:007:05)-西山林道(7:25)-二俣(8:30)-小丸尾根取付(8:35)-745(9:109:20)-鍋割山稜・二股分岐(10:50)-小丸(11:05)-鍋割山(11:3012:00)-後沢乗越(12:45)-二俣(13:20)-大倉(14:1514:38)

 渋沢駅でバスの乗り場に行くと、すでにかなり長い列ができている。発車する頃には通勤ラッシュ並みの混みかたになった。晴予報の土曜日とはいえ、この時期にこんなに混むのかと、かなりびっくり。平日でも山に行ける人間は、週末は遠慮しなくてはと改めて思った。大倉でバスを降りて空を見上げると、薄い雲が広がっている。日差しはあるが雲を通しているので弱い。ちょっと風が吹いていて、その風がかなり冷たい。鍋割方面に行くと思われる登山者がかなりの人数歩いていて、次々と追い越していく。見上げて見える範囲の山には、雪は見られない。二俣を過ぎてさらに少し行くと小丸尾根方向を示す標識が出てきたので、それに従って尾根に取り付く。この尾根を歩く登山者はあまりいないようで、前後に人は見られない。ヒノキ林に囲まれた急傾斜の尾根道を、上がって行く。高度計のグラフの傾きが、一気に急になった。大倉から歩き始めた時は弱かったが風があって、かなり寒く感じたが急な傾斜の登りに体が温まってきて暑く感じるようになり、フリースを脱いだ。ガサガサと音がしたので、そちらに目を向けるとリスが走って行った。傾斜が緩んでさらに少し上がった745のピークで今日最初の一本を取る。杉の木が赤く見えるが、花粉がかなり飛んでいるのだろうか、鼻が詰まってきてちょっと辛い。隣の尾根がかなり高く見える。745を越えると、再び急な傾斜の登りが続く。風を感じるところに来たのか、冷たい。木の間からだが、隣の尾根の上に富士山の姿が見えるようになってきた。早く頂上へと、気持ちが急いてくる。右にはバカ尾根が見えるようになってきた。花立の小屋が見える。さらに奥に小屋が建つピークが見えているが、表尾根の烏尾山だろう。露岩が出てきて、痩せた尾根にしばらくなる。雪があるとちょっと緊張するかな。さらに上がると今度は尾根が広がってきた。蕾をつけた馬酔木の木が、何本か見られる。傾斜が緩んできて、ブナの木が見られるようになるとやがて鍋割山稜に飛び出た。振り返ると、靄の中に相模湾や秦野の街がぼんやりと眺められた。地形図で確認すると、ここが今日の最高点のようだ。ここまで雪は全く見られなかったが、稜線の上には雪の塊が残っていた。山道を覆っている雪が踏み固められていて歩き辛いところもある。ここから見える丹沢山や蛭ヶ岳の斜面には雪は全く見られない。尾根の上が筋状に白く見えるところがあるので、尾根の上には雪があるのだろうか。やがて雪はほとんど消えて、泥んこの道になってしまった。小丸から鍋割に向かっていくと、富士山を正面に見ながらでちょっと良い感じ。ただ、鍋割山の頂上が下に見えるのが、ちょっと変な感じ。再び出てきた雪の上を少し歩いて、鍋割山の山頂へ。山頂からは富士山そしてその右に南アルプスが見えているが、かなりボンヤリとしてしまっている。下りは、しばらく泥んこ道が続いてかなり不愉快。二日前に下界で降った雨が、山でも雨だったのだろうか。やっと泥んこから解放されて、さらに下って後沢乗越へ。尾根から離れるのがもったいなく思われて、予定を変えて尾根通しに寄方向へと気持ちが動いたが、単独行の鉄則を守り予定どおりここで尾根から離れて、大倉に向かう。沢に下り立ち、沢の流れの近くを通るときには靴を水の中につけて、泥を落とす。小丸尾根の取り付きを過ぎて、朝歩いた尾根をひたすら大倉に向けて歩く。2時台のバスに乗りたいなと思って必死になって歩いたおかげで、余裕で乗ることができた。バスは朝ほどではないが、かなりの人数の乗客が座席に座れずに立っていた。

P2280005s P2280012s_2 P2280013s P2280021s

|

« セツブンソウ 2015.2.21 | トップページ | 甲州高尾山~棚横手山 2015.3.11 »

山行記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« セツブンソウ 2015.2.21 | トップページ | 甲州高尾山~棚横手山 2015.3.11 »