« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年7月

ネパール通信15-2

yanshihoさんからのネパール通信15-2は、震災についての第2報です。 

続きを読む "ネパール通信15-2"

| | コメント (0)

北イタリアで眺めた山

“北イタリアで眺めた山”をアルバムにしたので、そちらにもアクセスしてみて下さい。

| | コメント (0)

北イタリア横断その5 帰国

いよいよイタリアを後にします。帰りは、本田圭佑や長友佑都がいるミラノからドバイ経由で成田へ。

続きを読む "北イタリア横断その5 帰国"

| | コメント (0)

ウイーンー1 Volkstheaterのアパート

haruさんはウイーンに入りました。

続きを読む "ウイーンー1 Volkstheaterのアパート"

| | コメント (0)

北イタリア横断その4 アオスタ

北イタリア横断のハイライト、期待は、モンブラン(イタリア名 モンテ・ビアンカ)とマッターホルン(イタリア名 チェルヴィーノ)の展望だったのですが。

続きを読む "北イタリア横断その4 アオスタ"

| | コメント (0)

北イタリアの花々

“北イタリアの花々”をアルバムにしました。こちらにもアクセスしてみて下さい。
北イタリアの花々

| | コメント (2)

北イタリア横断その3 湖水地方

暑くて、長い1日でした。

続きを読む "北イタリア横断その3 湖水地方"

| | コメント (0)

チェスキー・クルムロフ

“チェスキー・クルムロフ”って初めて聞く。ネットで調べると、チェコ・南ボヘミア州の小都市。お城など、歴史的文化財で知られているそうです。私は知らなかった。haruさんはそのお城に先ず訪ねたようです。

続きを読む "チェスキー・クルムロフ"

| | コメント (0)

北イタリア横断その2 ドロミテ

このブログも、グローバルになりました。haruさんはプラハへ、yanshihoさんはネパールへそしてwakaba3は北イタリア横断です。北イタリア横断その2はいよいよドロミテです。
P7130088s P7140117s

続きを読む "北イタリア横断その2 ドロミテ"

| | コメント (0)

プラハからチェスキークルムロフへ

haruさんはプラハからチェスキークルムロフへ移動しました。 

続きを読む "プラハからチェスキークルムロフへ"

| | コメント (0)

北イタリア横断その1 ベニス

北イタリアを横断するツアーに参加してきました。まずベニスを訪ねました。

続きを読む "北イタリア横断その1 ベニス"

| | コメント (0)

ネパール通信15-1

yanshihoさんからの、今回のネパール通信第1報は、やはり  震災の話題です。

続きを読む "ネパール通信15-1"

| | コメント (0)

プラハその8 最近のプラハいろいろ

プラハに最近オープンしたばかりのイタリア人オーナーのラーメン屋さんKitchen Ramen Bar
11 12

ちょっとオシャレな内装は一見するとカフェのようでラーメン屋さんには見えません醤油ラーメンには煮卵、なると、メンマ、チャーシュー、海苔が入っていてスープは美味しいのですが、どちらかと言えば麺はラーメンよりは沖縄そばに近い味
お値段は日本円で約1000円、日本語勉強中のチェコ人の店員さんは秋に横浜のラーメン博物館を訪れるのを楽しみにしているとの事でした
21 22

観光客にはゼクウェィで観光スポットを廻るのが人気のようです
31
32

カレル橋が望めるモルダウ川でのバルーン遊び
41 42

| | コメント (0)

プラハその7

プラハではチェコを代表する画家アルホンス・ムハ(ミュシャ)のアートを街のあちこちで見ることができます
先ずはミュシャ美術館
11 12 13 14

スラブ叙事詩は、スラブの歴史的な出来事をムハが18年かけて描いた20枚の巨大な油絵作品です(大きいサイズの作品は86メートル)
以前はモラフスキークルムロフの小さな田舎町のお城で展示されてましたが、裁判でプラハ市に移す事が決まり2012510日から2012930日迄プラハのウェレトルジニー宮殿で展示されることになりました
それ以降延長されて2015年12月迄 再々再々延期,そして2017年には20作品全てが日本の新国立美術館に引っ越し展示される事が決定された様です
今回は是非プラハでスラブ叙事詩をゆっくり見たいと思い早朝トラムに乗ってウェレトルジニー宮殿へ
21 22

ウェレトルジニー宮殿はとても宮殿とは思えない単なるビルの様な建物に見えますが、192529年に建てられたプラハで最初の機能主義建築として知られていて、当時ヨーロッパ最大級の鉄筋コンクリートの建物で、ル・コルビュジエが1928年に訪れた時に絶賛したといわれているとか???
1951年までは見本市会場として使われた建物でその後美術館として使われているそうです
入り口で入場券を買おうとしたら、係り員と前の人のやり取りに時間が係っています
どうやら今日は、スラブ叙事詩は見られない様子です
ホテルに戻りネットで色々検索したら、何と511日にスラブ叙事詩の展示している壁の一部が崩れて8月迄は展示中止
17年の日本来日迄お預けです!!

気を取り直して、プラハ中央駅へ
41 42 43

プラハ中央駅の3階のカフェにはこれぞアール・ヌーヴォーといった
高いドーム型の天井、大きなステンドグラスの窓とガラスの扉から漏れてくる光壁、女神の彫刻、植物のモチーフで彩られた細い鉄の手摺り等のミュシャの世界が在りました
51 52

| | コメント (0)

プラハその6

haruさんのプラハ便りその6は、カレル橋、プラハ城、旧市庁舎についての報告です。

続きを読む "プラハその6"

| | コメント (0)

プラハその5

ドボルザーク記念館と、スメタナ博物館を訪ねたそうで、その写真を送ってくれました。

続きを読む "プラハその5"

| | コメント (0)

プラハその4 プラハ国立歌劇場

国立歌劇場で、オペラ「リゴレット」を鑑賞したそうです

続きを読む "プラハその4 プラハ国立歌劇場"

| | コメント (0)

尾瀬・アヤメ平~尾瀬ヶ原 2015.6.30

SHIさんから、尾瀬ヶ原を歩かないかお誘いがあった。先週の武尊山の翌日にプランしたが、天気が良くなさそうなどの理由で中止にしてしまったプラン。水芭蕉はもう遅いかなとも思ったが、歩いてきました。わずかですが我々がいくのを待っていてくれていた水芭蕉もありました。先週の武尊山と同様1日曇り空で展望は楽しめませんでしたが、ワタスゲ、イワカガミ、ヒメシャクナゲなどの花々を楽しみことができました。

P6300038s P6300044s P6300034s

続きを読む "尾瀬・アヤメ平~尾瀬ヶ原 2015.6.30"

| | コメント (0)

プラハその3 ドボルザークホール

ドボルザークホールに、コンサートを聞きに行ったそうです。

続きを読む "プラハその3 ドボルザークホール"

| | コメント (0)

プラハその2 プラハの春音楽祭

haruさんからのプラハその2は、プラハの春音楽祭の様子です。

続きを読む "プラハその2 プラハの春音楽祭"

| | コメント (0)

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »