« チェスキー・クルムロフ | トップページ | 北イタリアの花々 »

北イタリア横断その3 湖水地方

暑くて、長い1日でした。

7月15日(水)
 ドロミテを後にして、湖水地方に向かう。ブドウ畑やリンゴ畑が両側に見られる自動車道を走って行く。良く晴れていて、上空には雲が殆ど見られない。ただ靄がかかっているようで、山はボンヤリとしてしまっている。そのうち猛烈な渋滞にはまる。全く動かなくなってしまったり、動いてもやっとのろのろと進む感じ。トラックの衝突(追突?)事故が原因のようだ。1時間ほどこんな感じだっただろうか。やがて道が分岐し、かなりの車が分岐したほうの道に行ったようで、渋滞は解消しホッとした。今日唯一の観光場所、マッジョレー湖にやっと着いた。湖畔のレストランで昼食を食べ始めたのが3時過ぎ、食べ終わったのは4時になっていた。マッジョレー湖はイタリアで2番目に大きい湖だそうだ。氷河が作る湖は細長い形になるのが特徴だそうで、この湖もそのような形をしている。昼食後船でベツラ島に渡る。島内には17世紀のボッロメオ家の宮殿と庭があってそれらが観光名所になっている。宮殿はベルサイユ宮殿と同等、庭も大変豪華ということだが、自分にはよくわからなかった。次にマードレ島を訪ねた。ここにも宮殿があるが、既に公開時間を過ぎていて中には入れない。島からの眺めを展望して湖畔に戻る。サンヴァンサンのホテルに着いたのが8時、食事をしてベッドに入ったのが10時過ぎ。長いそして猛烈に暑い1日でした。

ベツラ島
P7150198s

宮殿の庭
P7160203s_2

|

« チェスキー・クルムロフ | トップページ | 北イタリアの花々 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« チェスキー・クルムロフ | トップページ | 北イタリアの花々 »