« 針ノ木周辺の花々 | トップページ | ネパール通信15-6 »

日光白根山 2515.9.5

歩く会での山歩きで、昨年天気が悪くて中止になった日光白根山を歩いてきました。2000mまでロープウエイで上がってしまうので楽ちんな山歩き。予報では晴れるといっていたのですが、期待したほどは晴れてくれず、展望を楽しむことはできませんでした。

P9050004s_2 P9050010s_2 P9050012s_2

○ 日光白根山 2015.9.5(土) 曇

 沼田IC(7:50)=丸沼高原ロープウエイ(8:459:05)=ロープウエイ山頂駅(9:209:35)-白根山山頂(11:5012:30)-血の池地獄(14:05)-ロープウエイ山頂駅(14:2514:35)=ロープウエイ山麓駅(14:50)

 ロープウエイを降りて、建物の外に出ると上空には雲が広がっているものの正面にはこれから登る白根山がかなりはっきりと見えていて、登行意欲を沸かせてくれる。登山道に入るすぐ手前に二荒山神社があったので、無事で楽しい山歩きができるようにと、手を合わせた。今日は天気が良くなりそうな週末のためだろう、途中の道路は車が多かったが、山も人が多い。エゾリンドウ開花中というのぼり旗が何本か出ていたのでかなりの数で群生しているのかと思ったが、それほどでは・・・。カニコウモリが群生しているのは、今日のコース中何箇所かで見られた。それと、北八ヶ岳と同様にキノコがたくさん生えていた。しばらく樹林帯の中の傾斜の緩い登山道進む。高度をなかなか稼いでくれなくてちょっとイライラ。やがて傾斜が強P9050018s_2 くなってきて、高度を稼いでくれるようになる。2400mくらいで樹林帯をぬけて一気に展望が開けるようになった。風に当たるようになって、ちょっと寒く感じるようになる。やがて登り着いた頂上は狭くて、数人が立つのがやっと。今日登っている大勢の登山者を収容するのはとても無理。我々は少し離れた、草の生えた平の場所を見つけて、昼食にする。周囲の山には、雲がかかっていて展望を楽しむことはできない。弥陀ヶ池と五色沼が真下に見えた。頂上付近は登山路が交錯していてちょっと複雑。ガス等で周囲が見通せないときは、かなりわかり辛くなると思われた。下りは真下に見えている、弥陀ヶ池に向かってかなり急傾斜の岩場状の登山路を慎重に下る。登ってくる登山者もいるので、落石をしないようにかなり気を使う。弥陀ヶ池には寄らず、ロープウエイ駅へ向かう。フウロソウが咲いているのが見られた。血ノ池地獄という非常に恐ろしい名前の池の横を通った。水の含有物のためだろうか、池の水が血のように赤く見えるのだろうか。やがて朝歩いた登山路に出て、やがて二荒山神社に。無事に戻ってきたことに感謝して手を合わせる。朝は見えていた白根山の山頂は、雲の中に入ってしまった。ロープウエイで駐車場のある山麓駅に下った。

P9050006s P9050008s_2 P9050021s P9050027s P9050030s P9050032s

|

« 針ノ木周辺の花々 | トップページ | ネパール通信15-6 »

山行記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 針ノ木周辺の花々 | トップページ | ネパール通信15-6 »