« ネパール通信15-7 | トップページ | ネパール通信15-8 »

南アルプス・甲斐駒ヶ岳&小仙丈ヶ岳 2015.9.12~13

 SHOさんから、甲斐駒ヶ岳&仙丈ヶ岳のお誘いが来た。自分もなんとなく行こうかと思っていたところだったので、誘いに乗って行ってきました。1日目に登った甲斐駒ヶ岳は天気が良く、展望を十分に楽しんだのですが、2日目の仙丈ヶ岳は途中で雨が降り出してきて、小仙丈ヶ岳で引き返しました。

P9120002s P9120004s P9120031s

○ 南アルプス・甲斐駒ヶ岳、小仙丈ヶ岳 2015.9.12()9.13()

9月12日(土) 晴

芦安・駐車場(4:50)=広河原(6:006:20)=北沢峠(6:45)-長衛小屋・テント場(7:007:20)-仙水小屋(7:55)-仙水峠(8:258:35)-駒津峰(9:5510:05)-甲斐駒ヶ岳(11:3011:55)-駒津峰(12:50)-双児山(13:30)-北沢峠(14:40)-長衛小屋・テント場(14:50)

 前日の夜、SHOさんの車で芦安の駐車場に入る。駐車場によっては、満車の状態。翌朝乗り合いタクシーの乗り場に行くと、既にかなりの数の人が列を作っていた。何台ものタクシーが来て、定時より30分近く早く出てくれたのだが、夜叉神峠の登山口近くのゲートでしばらく待つ。広河原から、大部分の登山者は北岳に行ったのか、北沢峠に行くバスの乗り場の列は少ないなと思っていたが、甲府駅からの乗り合いバスが着くと列がかなり長くなってきた。週末とはいえ、この時期にこんなに多くの登山者が来るのかとかなりびっくり。広河原からのバスも、乗客がいっぱいになり次第、時刻表にかかわりなく出る。北沢峠でバスを下りて長衛小屋のテント場に行き、早速テントを張ってから甲斐駒ヶ岳に向かう。歩き始めた頃は寒いくらいで、長袖の上にウインドブレーカーを着て歩く。しばらくは樹林帯の中を進む。仙水小屋の前を通り、さらに進むと木の間から漏れてくる日差しを感じるようになってきた。やがて周囲が背の低い木になって日差しを体に感じるようになって、暑くなってきた。やがて着いた仙水峠で、長袖を脱いで半そでになる。これから向かう駒ヶ岳が見えたが、バックが雲で白くて少し迫力にかける。仙水峠から駒津峰への登りでは、また背の高い樹林帯に入りかなりの急傾斜になる。しばらく上がって振り返ると、地蔵岳のオペリスクが見えてきた。展望が開けたとこP9120016s ろに出ると、仙丈ヶ岳、塩見岳、間の岳などが眺められた。さらに上がると、オペリスクと早川尾根の間に富士山が姿を現してきた。急な登りにしばらく喘ぎ、駒津峰に登り着いた。この頃には、仙水峠で見た時には有った甲斐駒ヶ岳の後ろの雲がなくなって、青空をバックにした白い駒ヶ岳はやはり美しい。北沢峠から直接上がってくる登山者が多いのか、ここから人が多くなったような気がする。下りが岩場状の急傾斜ということもあるのだろう、登山道が渋滞するようになってきた。今回は自分にとっては初体験の直登コースを上がることにする。巻道との分岐は六方石のすぐ上だと思い込んで、岩尾根に取り付いてしまったが、もう少し上がったところが分岐だったようだ。しばらく強引に上がって行ったが、すぐ右に正しいコースが近づいたので、そちらの登山道に入った。直登コースというだけに、急傾斜の岩場混じりの登山道。かなり喘ぎながら高度を稼いで、頂上に登り着く。頂上には、かなりの数の登山者がいる。夏の最盛期より多いのではないかと思えるほど。多少雲はあるものの展望はしっかりと楽しむことができた。近くでは明日登る予定の仙丈ヶ岳。1番目と2番目の高峰の富士山と北岳の展望。そして最近測量をし直した結果、奥穂高岳と同じ標高になって3番目の高峰になったという間の岳もその眺めに加わってきた。さらに北アルプスの槍ヶ岳や穂高、さらに右方向に目を移すと双耳峰の鹿島槍ヶ岳から白馬岳の後立山の山々が眺められた。さらに中央アルプス、なんとなく煙を吐いているのかなと思える御嶽、2週間ほど前に登った蓼科山など八ヶ岳の山々が展望でき、まさに360度の展望。十分に展望を楽しんで駒ヶ岳の頂上を後にする。下りは巻P9120055s 道コースをとる。六方石から駒津峰に登り返し、双児山を通って北沢峠に下るコースに入る。鋸岳の尾根の北東側に雲がかかって良い眺め。色づき始めた木の葉が見られる。北岳の尾根にも雲かかってきて、こちらもかなり雰囲気のある眺め。双児山の登りで足がつってきてちょっとやばいと思ったが、歩きながらつってきた部位を伸ばしたり、マッサージをしたりすることでなんとか治まってくれた。双児山を越えると、展望のない樹林帯の中の単調な下りとなり、かなりうんざりしてきた頃、北沢峠に下り着いた。テント場に戻って飲んだ、小屋で求めた生ビール、そして下から持ってきた日本酒が非常に美味しかった。山頂での展望を十分にあじわってきた後ということもあり格別の味だった。この後食事を済ませてからシュラフに入りすぐに寝付いて、ぐっすりと眠ることができた。

9月13日(日) 晴後曇時々雨

 長衛小屋・テント場(4:00)-2合目(4:50)-大滝ノ頭(5:455:55)-6合目(6:15)-小仙丈ヶ岳(6:557:05)-大滝ノ頭(7:40)-2合目(8:058:15)-北沢峠(8:40)-長衛小屋・テント場(8:509:10)-北沢峠(9:209:35)=広河原(10:00)=芦安・駐車場(10:45)

朝テントの外に出ると、空には星がいっぱい。昨日小屋でチェックした予報では悪くなるようなことを言っていたが。良い方に外れたかなと期待して、ヘッドランプを点けて歩き始める。林道を渡って、仙丈ヶ岳方向を示す標識に従って山道に入る。少し行くと展望台へ向かう標識が出ていた。北岳が展望できるようだ。しばらく急な斜面をジグザグに上がって行くが、やがて斜面をトラバスしていくようになり、高度を稼いでくれなくなってしまいちょっとイライラする。イライラしながらしばらく進むと、上の方にヘッドランプの灯りが見えるようになってきた。やがて尾根にのり、2合目で北沢峠からのコースと合流した。5時10分頃周囲がだいぶ明るくなってきたので、ヘッドランプを消す。東の空が赤くなってきて、日の出の準備をしているようだ。4合目を過ぎた頃、見上げると上の方の山肌に日が当たっているのが見えた。大滝の頭で一本を取る。再び歩き始めてしばらく行くと、太陽が出てきて日差しを感じるようになったな思ったとたん、上空に雲が広がってきて空を覆うようになってきてしまった。やがて視界が開けるところに出て振り向くと甲斐駒ヶ岳が見えるようになった。6合目に着く頃に、駒ヶ岳の前面まで雲が下がってきて隠してしまった。やがて雨が降りだした。予報通りになってしまった。カッパを出して着て、ザックカバーもつける。ここからもう下ろうなどと話していると、雨が止んできたのでとりあえず様子を見ながら小仙丈ヶ岳まで上がり、そこまで判断を先延ばしすることにした。駒ヶ岳はかかっていた雲がなくなって、一時姿を現したが、直ぐにまた雲の中に入ってしまった。しばらく上がると、下に長衛小屋のテント場見えてきた。小仙丈ヶ岳まで上がり、頂上までは標高差が180mほど、コースタイムで1時間ほど。などと迷わせる数字を出してどうしようか話していると、ちょうどタイミング良く再び雨が降り出して、引き返す決断をさせてくれた。頂上には何度か上がっているし、雨の中を歩いても楽しくはないだろうという判断。それほど強くはない雨だが、岩が濡れだして滑らないように注意しながら下って行く。登って来るパーティーがかなりいる。折角ここまで上がってきたのだからと、諦められないのかな。2合目からは、上がってきたルートではなく尾根通しに北沢峠に下って行くルートに入る。北沢峠に近づくと、雨が上がり薄日さえ差してきて、判断が早過ぎたかなとちょっと後悔したが、テント場に着く頃には再び降り出して、雨の中の撤収となってしまった。バス停に行ってしばらく待っていると、バスが来て乗客が定員以上いたので定時前に出てくれた。バスの中からは、駒ヶ岳は見えたが、仙丈ヶ岳の頂上は雲の中だった。広河原では、乗り合いタクシーが待っていてすぐに芦安に向かうことができた。北岳や間の岳には雲がかかっていなくて、車中から眺めることができてちょっと複雑な気持ち。

P9120008s P9120022s P9120034s P9120041s P9120052s P9120011s P9120015s P9120059s

|

« ネパール通信15-7 | トップページ | ネパール通信15-8 »

山行記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ネパール通信15-7 | トップページ | ネパール通信15-8 »