« 那須 2015.10.9 | トップページ | 浅川(ポタリング) 2015.10.21 »

両神山 2015.10.13

SHIさんと両神山を歩いてきました。紅葉にはまだ早いかなと思ったが、上の方では始まっていて、楽しむことができました。

Pa130001s Pa130003s Pa130013s

○ 両神山 2015.10.13(火) 晴時々曇

 日向大谷(7:20)-会所(8:00)-八海山(8:55)-清滝小屋(9:409:50)-産体尾根(10:15)-両神神社(10:50)-両神山(11:3012:30)-両神神社(12:55)-清滝小屋(13:30)-弘法の井戸(13:3513:50)-会所(14:4514:50)-日向大谷(15:20)

 花園ICで関越道を下りてから、しばらく行ってトンネルを抜けると、周囲を濃いガスに覆われる。戸惑いながら進むとやがて前の方のガスの切れ間から日が当たっている山が見えだして、ホッとする。日向大谷が近づくと、この先が通行禁止だという看板が頻繁に出てきた。それらしい現場に着くと、落石の恐れがあるから気を付けて通れということのようだ。気を付けて恐る恐る通過した。駐車場に車を入れて、歩き始める。登山口に温度計が下がっていたので見ると、11℃を示していた。人工林の中の殆ど平坦な登山道をしばらく進む。かなり急な斜面を削って作った登山道。やがて周囲は自然林に変わる。会所で七滝沢のコースと分かれて、薄川に沿ったコースを清滝小屋に向かって進む。少し下って七滝沢を丸木橋で渡ってから、薄川に沿った登山路に入る。木が紅葉していればきれいだろうな、と思う場所が何箇所かあったが、残念ながらこの場所の紅葉はまだ早かった。信仰の山なのだろう、登山路の脇に石の仏像やそれらしい石碑がいくつか見られた。急傾斜を登り沢から離れていくと八海山という標識が立つ地点に着いた。大きな岩が立っていたが、ピークになっているわけではない。白藤の滝への分岐を過ぎさらに高度を上げていく。やがて弘法の井戸と書かれた標識がある水場に着いた。弘法大師さんは、この山を登って来たのだろうか。頂上へ無事に登れるように願いながら、ありがたく水を飲ませて頂いた。さらにしばらく進んで、清滝小屋へ。丸太造りのかなり立派な山小屋。かつては営業していたようだが、今は避難小屋として開放されているようだ。見上げるとほぼ垂直な斜面に生えている木の葉が赤や黄に色づいて青空をバックに、非常に美しい眺め。ここまで上がると、紅葉が始まっている。小屋から少し上がると七滝沢からのコースと合流する。鈴ヶ坂と書かれた斜面を上がって行くと、やがて産体尾根に乗る。正面に見える山の斜面の紅葉がきれい。ここから先では、岩場があって鎖が下がっている斜面が出てくるが、それほど急な斜面ではなく、またスタンスも確保できるので殆ど鎖に頼ることなく登ることができる。やがて両神神社に着いたので、頂上まで無事に登れることを願って手を合わせた。しばらく緩い斜面を進み、最後に岩場を登って頂上へ。ここまで登山者に会うことがなかったので、頂上は我々だけかと思ったら、何人もの先客がいてびっくり。頂上からの眺めでまず目に飛び込んできたのは、2~3日前に初冠雪があった白い富士山。Pa130021s 富士山が眺められることは期待していなかったので、かなりびっくり。富士山以外にもほぼ360度展望があるのだが、この地域の山は初めてで、山座同定が難しい。群馬から来ている方がいて浅間山、浅間隠山などは教えてもらった。富士山の前は奥秩父の山のようだが個々の山について同定が難しくて、雲取だろう、甲武信だろうという感じ。奥武蔵の武甲山は方角、山の形から同定できた。頂上は狭くてなんとなく落ち着かないので、頂上から少し下った富士山を正面に見る岩の上で昼食を摂った。この頃から雲が広がってきて太陽を時折隠すようになってきてしまった。折角の紅葉が日差しがないと、なんとなく映えなくなってしまう。下りは登って来たコースを行く。両神神社では、無事に頂上へ登って来たことを感謝・報告をし、無事に下れることをお願いした。清滝小屋では、小屋の名前の由来の清滝を見たいと思って小屋の周辺をうろうろしてみたが、見つけることができなかった。弘法の井戸では、お茶にして飲もうと水を水筒に詰めた。その後は一気に下り、無事駐車場に戻った。

Pa130010s Pa130015s Pa130018s Pa130028s Pa130029s

|

« 那須 2015.10.9 | トップページ | 浅川(ポタリング) 2015.10.21 »

山行記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 那須 2015.10.9 | トップページ | 浅川(ポタリング) 2015.10.21 »