« 京都の町屋暮らし | トップページ | 京都の紅葉 »

高尾東側尾根 2015.12.6

高尾山の周囲ではまだ紅葉が残っているだろうと、草戸山から四辻を通って高尾までの尾根(勝手に“高尾東側尾根”と名付けました)を歩いてきました。期待どおりまだ紅葉はかなり残っていましたが、途中から曇り空になってしまい、ちょっとさえなかったです。

Pc060036s

○ 高尾東側尾根 2015.12.6(日) 晴後曇

 小松・金毘羅宮参道口(10:25)-金毘羅宮(11:00)-本沢ダム(11:15)-草戸山(11:30)-草戸峠(11:4011:55)-四辻(12:55)-金毘羅山登山口(13:50)-高尾(13:55)

 評議原のモミジは真っ赤に色づいてちょうど見頃だろう。城山湖(本沢ダム)では対岸の斜面の木々が色づいていて大変きれい。ただ、日射しはあるものの、薄雲があって青い空でないのが物足りない。草戸山で城山湖の周遊道から離れて、高尾方向に向かう尾根(高尾東側尾根と勝手に名付けた)に入る。下の方に見える清掃工場の煙突の周りの林が赤く色づいている。少し行った草戸峠で昼食を摂る。この頃から曇空になってしまい、日射しがなくなってしまった。見上げても、左右を見回しても色づいた木が見られるのだが、青い空、日射しがないと折角の紅葉もかなり物足りなく、さえない。四辻で高尾山口方向へ下る道が出てくるが、もう少し歩いても良いかと、高尾まで歩くことにする。少し上がると東方向の展望が開けて、八王子の街並みやその先に東京都庁をはじめとした高層ビル群そして高い塔が見えるがスカイツリーだろうか。やがて分岐が出てきて、住宅地へ降りると高尾駅への近道と書かれた標識があったが、そのまま尾根道を進む。階段が出てきてしばらく上がると神社が出てきた。名称が何と金毘羅神社。今日は二つの金毘羅さんをつなぐ道を歩いたことになるようだ。金毘羅さんの御利益で何か良いことがありそうだ。

評議原のモミジ
Pc060004s Pc060006s Pc060008s
城山湖
Pc060016s Pc060018s Pc060024s Pc060025s Pc060031s

|

« 京都の町屋暮らし | トップページ | 京都の紅葉 »

山行記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 京都の町屋暮らし | トップページ | 京都の紅葉 »