« 尾根緑道&境川(ポタリング) 2015.11.15 | トップページ | TSUGI山荘 »

御座山 2015.11.28

学生時代に所属していた山の会のOB有志で合宿を、北杜市で田舎暮らしを始めたTSUGIさんの家(山荘)で行った。TSUGI山荘をBCに御座山に登って来ました。山荘を出る頃は良く晴れていて甲斐駒ヶ岳や北岳などが良く展望できたのですが、頂上に着いたのが昼過ぎになってしまい、靄ってしまって残念ながら展望を楽しむことはできませんでした。

○ 御座山 2015.11.28(土) 晴

 長者の森(9:20)-鉄塔(10:50)-見晴台(11:4011:50)-前衛峰(12:25)-御座山(13:0513:40)-前衛峰(14:15)-見晴台(14:4014:50)-白岩分岐(15:20)-鉄塔(15:30)-長者の森(16:15)

 長者の森の駐車場に車を入れて、しばらくキャンプ場の中を歩く。見上げると真っ青な空が広がっていて、頂上での展望を楽しみにしながら歩く。道の脇には、わずかだが雪がある。葉をすっかり落としてしまっているカラマツ林の中を進む。新緑あるいは紅葉の時期に来ればかなり楽しめそう。しばらく上がると、歩くのには影響がない程度だが登山道の上を雪が覆っているところが出てきた。かなりの急な斜面をジグザグに上がって行く。やがて尾根に乗ってやっと日向に出た。かなり大きくて高い高圧線鉄塔の下を通る。白岩登山口からの登山道と合流し、さらに急な尾根を上がって行くと見晴台に着いた。西側の展望が開けていて、八ヶ岳が見えているが残念ながら稜線に雲がかかってしまっていて、さえない。前衛峰のピークを越えると、急な斜面をしばらく下る。岩場状になっている斜面もあって、ここには雪がなかったが、あるとかなり嫌な感じ。一旦コルまで下って再び登り始める。シャクナゲの木が時折見られて、花の時期には楽しめそうだ。登山道に凍った雪が付いていて、油断をすると滑る。しばらく緊張しながら登ると避難小屋がでてきて、さらに進んで頂上の一角に着いた。山名標識の立つ頂上へは、雪が付いている岩もあってちょっと気を使いながらさらに進む。頂上には社があったので、無事に登ってこられたことに感謝をし、無事に下山できることを願って手を合わせた。頂上からは別の仲間が登っている男山や天Pb280025s_2 狗山が望める。10月の半ばに登った両神山や五丈岩が立つ金峰山はくっきりと見えているが、甲斐駒ヶ岳や北岳は靄ってしまっていて辛うじて確認ができる程度。八ヶ岳稜線の稜線には相変わらず雲がかかってしまっていて、残念。下りは上がってきたコースをそのまま戻る。凍った雪が付いている急な斜面を、前衛峰とのコルまで気を使いながら慎重に下る。前衛峰へ登り返してから見晴台がなかなか出てこないので、気が付かないで通り過ぎてしまったかなと思ったが、やがて出てきた。鉄塔の先のコブは、登り気味に巻いていく。上空には雲が広がってきてしまい、日射しが時折遮られて寒く感じるようになってきてしまった。急な斜面をジグザグにグングン下ってやがてキャンプ場へ下り、さらに進んで車をとめた長者の森駐車場に帰り着いた。

|

« 尾根緑道&境川(ポタリング) 2015.11.15 | トップページ | TSUGI山荘 »

山行記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 尾根緑道&境川(ポタリング) 2015.11.15 | トップページ | TSUGI山荘 »