« TSUGI山荘 | トップページ | 京都の町屋暮らし »

多摩・武蔵野の公園巡り 2015.12.4

三鷹の知人の家に届け物があり、自転車で行くことにした。折角なので紅葉を期待して、井の頭公園、武蔵野の森公園などを巡ってきました。それなりに紅葉は楽しめましたが、やはり山の紅葉に比べると・・・・・。

Dscn2421s Dscn2448s

○ 多摩・武蔵野の公園巡り(ポタリング) 2015.12.4(金) 晴

 調布(9:209:35)-三鷹(10:1010:20)-井の頭公園(10:3010:50)-近藤勇生家跡(11:30)-武蔵の森公園(11:4012:00)-東京競馬場(12:30)-是政橋・多摩川(12:40)-郷土の森公園(13:00)-関戸橋(13:10)-大栗川(13:15)-尾根緑道(14:20)-相原(14:50)

 調布で電車を降りて、駅前で自転車を組み立てる。駅前から少し行って天神通り商店街に入る。ここにはゲゲゲの鬼太郎やその他の妖怪たちの像が置かれているが、像の前には花束がいくつか置かれていた。この漫画を描いた方であり、調布市民である水木しげるさんが亡くなったことを悼んでのことだろう。思わず頭を下げながら通る。甲州街道から三鷹通りに入り、三鷹の知人のマンションへ。届け物を置いてから、まず井の頭公園に向かう。ジブリ美術館の前を通ったがまだ開館前なのか、列ができていた。途中の雑木林には色づいた木が見られ、かなり良い感じ。園内には池が2つあるのだが、片方の池には何故か水がなくてかなり寂しい。真っDscn2437s 赤に色づいた木が見られた。来た道を戻って、人見街道を西 方向へ向かう。途中、人見街道の名称の由来が書かれた看板があった。それによると、江戸時代に人見村と呼ばれた地域を通っているからだということだった。東八道路を横切って少し行くと近藤勇の生家跡というのがあった。跡ということで家はないのだが、近藤勇が浸かった産湯を汲んだのだろう、“産湯の井戸”と書かれた標識がある井戸(跡)や近藤神社などがあった。さらに少し行ってスタジアム通りから武蔵野の森公園に入る。こちらの池は水がしっかりと有って、カモが沢山泳いでいた。カモを眺めながら、途中のコンビニで仕入れた弁当を食べる。園内には黄色く色づいた大きなイチョウの木があった。スタジアム通りを味の素スタジアムに向かって進む。広い道路で気持ちよく走れるはずなのだが、広い道路の宿命だろうか路上駐車の車が多くてそれを避けるために道路の中央近くを通るようにならざるをえなくなり、その度に後ろから来た車に脅かされる。甲州街道を渡って旧甲州街道を進む。こちらの道は先程のスタジアム通りと違って狭い道で、車と邪魔をしあいながら進む。東府中の駅から競馬場通りに入り東京競馬場の前へ。今日は解放されていないようで、入り口は閉められていた。前の道路のイチョウ並木は黄色く色づいていた。カメラに収めようと思ったのだが、ここでも道路に駐車している車が多くてDscn2461s困った。是政橋で多摩川沿いのサイクリングロードに入る。郷土の森公園は正門まで行ってみたが、森は博物館の一部になっているようで、有料でなおかつ時間がかかりそう。今日は夕方から約束があってあまりゆっくりとできない。外から柵越しに眺めて、先に進む。関戸橋を渡ってから、大栗川に沿った道を進み、南大沢の手前で川から離れる。多摩ニュ-タウン通りから早稲田実業のグランドの先で小山内裏公園に入り、尾根緑道に出る。今日は奥多摩の大岳山や鷹ノ巣山などを展望することができた。数週間前にはきれいに色づいていた多摩美大のイチョウは殆ど葉を落としていた。

調布の天神通り商店街
Dscn2414s Dscn2415s Dscn2417s
Dscn2422s_2 Dscn2448s_2 Dscn2454s
Dscn2443s 近藤勇生家跡



|

« TSUGI山荘 | トップページ | 京都の町屋暮らし »

ポタリング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« TSUGI山荘 | トップページ | 京都の町屋暮らし »