« 京都の懐石 | トップページ | 京都のカフェ »

丹沢・蛭ヶ岳~袖平山 2015.12.19~20

毎年やっている忘年山行を、今年は丹沢の黍殻避難小屋に泊まってやろうとSHOさんからお誘いがあった。1ヶ月ほど前に歩いたばかりの山域だったが、その時は天気が今一で展望が楽しめなかったのでOKをした。黍殻避難小屋は山歩きをするには中途半端な位置でプランが作り辛いが、SHOさんがかなり工夫、苦労して蛭ヶ岳に登り、袖平山から北尾根を下るプランを作ってくれ歩いてきました。今回は素晴らしい天気で、富士山や南アルプスの展望を十分に楽しんできました。

Pc190001s Pc190002s Pc190007s

○ 丹沢・蛭ヶ岳~袖平山 2015.12.19()12.20()

12月19日(土) 晴

東野(6:30)-分岐(7:05)-主稜線(9:35)-黍殻避難小屋(9:5010:05)-八丁坂ノ頭分岐(10:30)-姫次(10:55)-原小屋平(11:10)-蛭ヶ岳(12:3512:50)-原小屋平(13:55)-姫次(14:1514:20)-黍殻避難小屋(15:0015:10)-水場(15:2015:25)-黍殻避難小屋(15:35)

 東野のバス停のすぐ先で、バス道路から離れてしばらく行ったところに車を駐車するのに適当な場所を見つけて車をとめる。着いた頃はまだ暗かったが、準備をしているうちに明るくなってきた。林道をしばらく進むと、八丁坂ノ頭方向を示す標識が出てきたので、林道から登山道に入る。人工林の中の登山道をしばらく上がり、やがて北西方向から上がってくる尾根に乗った。この頃から周囲には松の木が目立つようになってきた。見上げると上空は青空が広がっている。標高が950mを越えた頃から僅かだが、雪が見られるようになってきた。展望のない樹林帯の中の登山道を、単調に高度を稼ぎながら上がって行き、やがて黍殻山から来る主稜線と合流した。黍殻山方向にしばらく進み、青根分岐を過ぎると右下に、今晩お世話になる黍殻避難小屋が見えた。小屋に入って寝るスペースを確保してから、蛭ヶ岳に向かう。登山道に戻ってから、さらに先ほど登り着いた八丁坂ノ頭分岐まで戻り、さらに尾根道を先に進む。日陰になっているところでは、登山道が雪で覆われているところもある。下から上がってくるときに見られたモノレールが主稜線まで上がってきていて、終点のところには「森林整備用に設置したものだ」といった旨の看板が設置されていた。姫次のすぐ手前まで来ると正面に雲が見えて、富士山が隠されているかと思ってしまい、思わず“エッ”と声を出してしまった。姫次に着くと富士山はしっかりとクリアーに見え、雲は左側に少しかかって感じでアクセントになってかえって良い感じ。1カ月ほど前に来た時には見せてくれなかった富士山の姿をカメラに収めて、すぐに蛭ヶ岳に向かう。原小屋平は一面雪に覆われていた。ガレ場の縁を通るところからは、南アルプスが見える。頂上への最後の急傾斜の登りになると、木道そして木の階段が出てくるが上を雪が覆っていて、下りでは滑らないように気を使うかなと心配しながら上がって行き、やがて頂上へ登り着いた。頂上からは、1カ月ほど前に来た時とは全く違って素晴らしい眺めが楽しめる。まず目に飛び込んできたのは富士山。下には山中湖が見えている。そして、その右側には南アルプスの甲斐駒ヶ岳から北岳、赤石岳、聖岳等ほぼ全山。富士山の左側には愛鷹山そして箱根の大涌谷から上がる噴煙も見えている。さらに相模湾と湾に突き出る真鶴半島、その先に初島が眺められた。遠くにぼんやりと見えているのは大島だろうか。こんな素晴らしい眺めが楽しめるのは、SHOさんのお蔭と感謝をする。しばらく展望を楽しんでから下りにかかる。雪で覆われた木道の下りは、滑らないようにかなり気を使う。急傾斜が緩み、雪のない土の上を歩くようになるとホッとする。原小屋平を過ぎ、姫次への急傾斜の登りに喘ぐ。姫次からはさすがにこの時間では富士山はモヤってしまい、ボンヤリとした眺めになってしまった。小屋までの間には、雪に覆われた木道が有ってここでもしばらく気を使いながら下る。小屋に戻ると3人の方が来ていた。水場に水を汲みに行く。黍殻山方向にしばらく行き、大平への分岐のすぐ先に標識があってそこから右方向に下って行く。かなりの急傾斜で、下が湿っていて滑りそう。トラロープが張られている。沢に下り着くと水が流れていなくて“あれっ”と思ったが、上の方から水の流れる音がしたので、少し上がると塩ビのパイプが設置され水が落ちていた。水を汲んでから急傾斜を上がって登山道に戻り、さらに小屋に戻った。今回の目的の一つは、SHOさんとの忘年会。今年1年、楽しくそして無事に山歩きができたことに感謝して乾杯をし、いつもの山よりはちょっと多めにお酒を飲んだ。

12月20日(日) 晴

 黍殻避難小屋(6:35)-八丁坂ノ頭分岐(7:10)-姫次(7:407:50)-袖平山(8:058:10)-1139(8:45)-944(9:059:10)-林道合流(10:25)-東野(10:35)

 朝起きて、小屋内の入り口近くに設置されている温度計を見たら+6℃を示していた。ガラス窓は結露しているが、露は凍っていない。小屋の中だから寒さを感じないのかと外に出てみたが、それほど寒いという感じはしない。パッキングをしながら、何気なく窓を見ると外の空が赤く染まり始めていた。小屋から登山道に上がる急な階段状の道、昨日と変わって今日は重い荷を担いでいるので、登山道に出る頃にはかなり足に来た。ここから八丁坂ノ頭分岐までは昨日から4回歩いたことになる。しばらく行くと、木の間からだが日の出を見ることができた。下るときほどではないが、雪の着いた木道は気を使う。昨日と同様、今日も良い天気。やがて着いた姫次からは富士山が、時間が早い分昨日よりもクリアーに見える。しばらく眺めを楽しんでから、袖平山に向かう。北方向が木の間越しだが展望でき、すぐ下に青根、その上に道志の山、その先に中央線沿線の街の街並み、さらにその先に特異の形をした大岳山を始めとした奥多摩の山々が見えるという重層的につながる展望を楽しむことができた。ベンチが設置されていて、そこから東海自然歩道は神ノ川の方向に行く。袖平山と書かれた標識が設置されていたが、袖平山の頂上へは東海自然歩道と分かれて北方向にさらに少し上がる。頂上からは相変わらず富士山がきれいに展望できる。さらに南アルプスの山々、白峰三山の農鳥岳の手前に三ツ峠さらにその北方向には滝子山から大菩薩への小金沢連嶺、その尾根の上には八ヶ岳が頭を覗かせている。最後の展望を楽しみ、袖平山の北尾根に入る。下り始めは急傾斜だったが、すぐに傾斜が緩む。赤帽子の杭がかなり頻繁に出てくる。うっすらと踏み跡はあるが、尾根を外さないようにそして尾根の分岐では進むべき尾根を見極めて慎重に下って行く。今回は、藪尾根のオーソリティーのSHOさんがパートナーなので心強い。木の間越しだが正面に奥多摩の山を見ながら下って行く。944を過ぎてしばらく急傾斜を下ってからSHOさんがおかしいと感じたようで、ナビで確認すると間違った尾根に入ってしまったことがわかった。急傾斜を944まで登り返す。この急傾斜の登り返しは、富士山の展望に次ぐ今回の山のハイライトになってしまった。944では分岐があり右側の尾根に入るというのが頭にインプットされてしまっていた。地形図を改めて確認すると、944から少し下ってからの分岐を右に行くのが正しかった。しばらく下ってからおかしいと感じるのはさすが。944からは人工林になる。かなりの急斜面に山仕事のためにつけられたと思われるジグザグの山道を下って行く。やがて沢に沿った広い道になり、小屋戸沢を渡ってからしばらく行って昨日東野から登山口に向かった林道に合流する。さらにしばらく行って、車を駐車した場所に戻った。

Pc190004s Pc190008s Pc190011s Pc190013s Pc190014s Pc200019s Pc200023s Pc200024s Pc200026s

|

« 京都の懐石 | トップページ | 京都のカフェ »

山行記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 京都の懐石 | トップページ | 京都のカフェ »