« 多摩川~浅川~尾根緑道(ポタリング) 2016.1.4 | トップページ | 南高尾~陣場山 2016.1.9 »

神奈川近代美術館

haruさんから近々閉館になる、神奈川近代美術館の情報を送ってくれました。

65周年目を迎える神奈川近代美術館の閉館が迫ってきました
1951年に開館した日本で最初の近代美術館
その建物は、ル・コルビュジエの弟子板倉順三が設計した日本のモダニズム建築の代表的存在と言われています
正月空けの平日に行って来ました
いつもは空いていた静かな美術館ですが、今月末の閉館ともなると流石に混雑しています
満開の蓮の花で一杯になる初夏の蓮池は本当に素晴らしい景色ですが・・・・・
残念なことに今年からは、美術館側からの蓮の花が咲いた蓮池は見られませんね
0101 0102

八幡様の参道脇入り口
0201 0202

中庭にあるイサム・ノグチの「コケシ」とテラス廻りの彫刻達
0301_2 0302

蓮池をバックにした彫刻が置かれた景色を見られなくなるのは残念です
0401 0402

美術館内のカフェの壁画・田中岑氏の《女の一生》
0501 0502

展示されている作品の中でも目立つのは、川端康成が寄贈した古賀春江の作「窓外(そうがい)の化粧」と松本俊介の「駅」でした



|

« 多摩川~浅川~尾根緑道(ポタリング) 2016.1.4 | トップページ | 南高尾~陣場山 2016.1.9 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 多摩川~浅川~尾根緑道(ポタリング) 2016.1.4 | トップページ | 南高尾~陣場山 2016.1.9 »