« 不老山 2016.2.17 | トップページ | 万六尾根~陣場山 2016.3.4 »

梅の咲く鎌倉

haruさんは鎌倉のお寺で、梅やフクジュソウの花を楽しんできたようです。そして、最後は懐石料理も楽しんできたようです。さすがグルメなharuさんです。

今までに訪れたことのなかった扇ガ谷にある海蔵寺に行ってきました
鎌倉駅から寿福寺、英勝寺の先を約20分歩くと到着
0101 0102_2 0103_2 0104

余り観光地化されていないので人が少なくて落ち着くお寺です
花の寺としても有名で、カイドウ、萩、ノウゼンカズラ等が季節それぞれに咲き花寺とも言われています
今の時期は梅と福寿草
0201 0202 0203 0204

本堂の脇の、こんなレトロな家の前に十六井戸があります
0301 0302

弘法大師により掘られたとの言い伝えがある十六ノ井が洞穴の中にあり、円形に掘られた浅い窪みが縦横四つずつ、合計十六、規則正しく並んでいます
0401 0402

本堂の左手の崖には「やぐら」が4つあり、3番目は雨宝殿(うほうでん)と呼ばれるもので、ここには宇賀神の像が祀られています
0501 0502

海蔵時から亀ヶ谷切り通しの坂道を超え北鎌倉の東慶寺へ
やはり、梅の見頃はいつにも増して多くの人で賑わっています
0601 0602 0603 0604 0605 0606

枝振りがモンドリアンの絵の様です
0701 0702

その後は田中絹代の別邸だった民家を改造したミッシェランの幻薫庵で懐石料理を!
0801 0802 0803 0804 0805 0806 0807 0808 0809

|

« 不老山 2016.2.17 | トップページ | 万六尾根~陣場山 2016.3.4 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 不老山 2016.2.17 | トップページ | 万六尾根~陣場山 2016.3.4 »