« セツブンソウ 2016.2.2 | トップページ | 石砂山東尾根 2016.2.11 »

高尾山東側尾根 2016.2.7

夜半に雪が降ったようで、家の周りが白くなっていた。それで急に城山湖周辺に、雪の様子を眺めに行くことを思い立って、行ってきました。重登山靴の底を張り替えてもらってから、履き慣れた靴なのに足が当たるようになってしまった。それで調整をしてもらったのでその履き心地を確認してみたかったので、重登山靴で歩いてみました。

P2070003s P2070007s

○ 高尾山東側尾根 2016.2.7(日) 晴

 金毘羅神社参道口(9:45)-評議原(10:25)-金毘羅神社(10:30)-南高尾分岐(11:05)-草戸山(11:2511:50)-草戸峠(12:00)-四辻(13:05)-浅川金刀比羅宮(13:50)-登山口(14:00)-高尾(14:10)

 参道口から評議原への道の上には、雪が付いているところと、付いていないところがある。雪があるところも、歩くのに影響があるほどの量ではない。雪の着いた木の眺めがきれい。ただ、高い木の枝に付いた雪、あるいは雪が融けた水滴がかなり頻繁に落ちてきて不愉快。本沢ダムに下りて城山湖の散策路に入る予定だったが、雪が降ったからということでゲートが閉められている。やむを得ず、一旦発電所まで下りて、反対方向から草戸山に向かうことにした。かなりの急傾斜をしばらく下り、最後急傾斜を登り返して草戸山山頂へ。城山湖の散策路は何度か歩いているが、逆のコースで歩くのは初めてのような気がする。乾いているベンチがあったので、座って昼食を摂る。ここで城山湖の周遊散策路から離れて、高尾方向に向かう。ここからの山道も雪があったりなかったり。相変わらず上の木の枝から雪や水滴が落ちてくる。尾根が曲がっているところが何箇所かあり、その度に標識が行く先を示してくれている。標識がなければ地形図をチェックするところ。非常に楽だが、楽しみを奪われてしまっているような(標識を設置してくれた方、ご免なさい)。ということで、単調になってしまう尾根道を進み、四辻で高尾山口に下りていく道と分かれてさらに高尾駅方面への尾根道を進む。東京方面の展望が開けているところがあり、スカイツリーかな、東京都庁かなと思われる展望を眺める。浅川金刀比羅宮の前を通って車道に下り立ち、高尾の駅へ。駅の売店でビールを求めて、良い天気、雪景色を楽しめたことに感謝して一人で乾杯をした。

P2070010s P2070012s P2070013s P2070015s P2070019s P2070020s

|

« セツブンソウ 2016.2.2 | トップページ | 石砂山東尾根 2016.2.11 »

山行記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« セツブンソウ 2016.2.2 | トップページ | 石砂山東尾根 2016.2.11 »