« 高尾山東側尾根 2016.2.7 | トップページ | 不老山 2016.2.17 »

石砂山東尾根 2016.2.11

津久井の青野原から道志川に沿って青根に行くとき、右側に見える尾根、石砂山東尾根を歩いてきました。藪尾根を一人で歩くのは久し振りで、地図読みに不安がありました。その不安が的中してルートを何度か外してしまいましたが、そのことに早目に気が付いてセーフでした。


○ 石砂山東尾根~石老山 2016.2.11(木) 晴

 青野原(7:10)-取り付き(7:30)-藤野町基準点(8:559:05)-石砂山(10:0510:30)-篠原BS(11:10)-石老山登山口(11:15)-金毘羅神社(12:05)-石老山(12:3012:45)-大明神展望台(13:3513:50)-みの石橋(14:20)プレジャーフォレスト前BS(14:35)

 青野原は、道の両脇に雪がいっぱい残っていた。バイパスを渡って、道志川に下って行く道に入る。“青野原道志川の家”は閉鎖されたようで、入り口はベニアの板で封鎖されていた。さらに下ってキャンプ場の前を通り不動之橋で道志川を渡る。さらに小さな橋を渡ると、大滝への標識がありその前を通って、川原に下りる。前回来た時には川原に下りる道が崩れていて、ロープにつかまって下りたような記憶があったが、その後整備したようで難なく川原に下りられた。川原に踏み跡があったので川に沿ってしばらく行ってみたが、尾根に取り付く踏み跡が出てこないので変だなと思って引き返すと、先ほど川原に下りたすぐ対岸にビニールテープのマーキングがいくつかあり、斜面を上がって行く踏み跡があった。急な斜面をジグザグに上がって行く。やがて左下に先ほど前を通った、閉鎖された“青野原道志川の家”が見えた。倒木が踏み跡を塞いでいるところを、何箇所か通る。越えるのにかなり苦労するところもあった。“神奈川県森林公社”の赤帽子杭が出てきた頃(250m位)から尾根の地形になってきた。“かながわ森林づくり公社分収造林地”の看板が出てきた先のヒノキ林の中に、電信柱で使われる碍子と思われる物が捨てられていた。周りに電信柱はなさそうなので、ここまで捨てに来たのだろうか。いつのまにか尾根から外れてしまって、右上に尾根が見えている。急斜面を上がって尾根に戻る。425を過ぎてしばらく行くと急な斜面をどんどん下って行くようになる。そのまま下りてしまいそうでおかしいと思い戻ると、下って行ったのとは違う方向にマーキングが有った。正面にこれから向かう石砂山、右には石老山が見える。右下には太陽光のパネルが見えた。やがて藤野町基準点が設置されているピークに立つ。左側に焼山、大室山そして蛭ヶ岳がひと際白く見えている。このピークの先、平坦な尾根が真っ直ぐと伸びているのでそちらに行きそうになってしまうが、間違い。注意しないと見落とすが、左方向にマーキングがあり、それに従って下って行く踏み跡に入るのが正解。こういう所のマーキングはありがたい。小さなアップダウンを繰り返しながら進む。“ツツピーツツピー”という鳥の鳴き声が聞こえた。シジュウカラ?北側の斜面に小さな雪の塊が点々と見られるようになってきた。電源開発・佐久間東幹線と書かれた標識が出てきて、道が尾根を横断していたが、高圧線鉄塔の巡視路なのだろう。左下に青野原の集落が見えたが、集落のすぐ上の北向き斜面がかなり白くなっている。やがて道志川方向からの尾根を合わせ、さらに進むと正面にかなりの急斜面が見えて来て思わず後ずさりしそうになってしまった。木に摑まり、木が無いところは手を下について土を摑まえて必死になって体を上に持ち上げた。しばらく急傾斜と格闘し、呼吸がそろそろ限界だと思えた頃石砂山頂上に登り着いた。頂上からは木間越しの展望。大室山とその左に富士山、遠くに大山、焼山から黍殻山への尾根。残念ながら蛭ヶ岳は隠れてしまっている。西方向の山に間に白い山が僅かだけ見えているが、南アルプスのどこか?ギフチョウの生息地になっているようで、それに関しての注意書きがいくつかあった。下りは北斜面なので道の上は雪に覆われている。歩く人は少ないようで踏み固められているということはないが、急傾斜で気を使って下る。しばらくで傾斜が緩み、その頃から道の上に雪は見られなくなった。周囲のヒノキ林は手入れがされていて、枝打ちや間伐がされていた。川を渡って車道に出て、篠原の集落に入った。日当たりが非常に良い。バス停のすぐ先に標識があり、右方向に入る。舗装された道をしばらく行ってから山道に入る。山道は雪で覆われている。やがて人工林の中に入ると雪はなくなった。しばらく行くと突然踏み跡が怪しくなってきた。見上げると尾根がかなり上に見える。地図で確認すると登山道は尾根どおしにずっと行っている。どうも作業道に入ってしまったようだ。尾根に戻るために、かなりの急な斜面を上がる。尾根に出るとしっかりした道形の登山道があり、さらに行くと標識があってホッとした。標識の前に金毘羅神社があったので、今回の山では何度か登山路から外れて道迷いをしそうになったが、大事に至らなかったことに感謝して手を合わせた。最後急な登りに喘いで、石老山の頂上へ。かなりの数のハイカーがいた。かなりモヤってしまっているが、富士山そして石砂山では見えなかった蛭ヶ岳の眺めが楽しめた。三角点は頂上からねん坂(篠原)方向に少し下った目立たない場所に設置されていて、かわいそう。頂上の方が開けているのに、何故だろう。しばらく、踏み固められた急傾斜の雪道でかなり気を使って下る。雪がなくなるとホッとする。大明神の展望台からはすっかりモヤってしまって辛うじて形のわかる富士山が、意外と大きく見えた。もっと早い時間に来てクリアーな富士山の眺めを楽しんでみたい。キャンプ場の中を通りさらに下ってプレジャーフォレストの前に出た。今日はバイクに乗る必要がないし、バス停が日当たりが良いので、日向ぼっこをしながらビールを飲みたいと思ったが、近くにビールを売っている店がなく、結局家に帰るまで我慢をした。

P2110001s P2110002s

|

« 高尾山東側尾根 2016.2.7 | トップページ | 不老山 2016.2.17 »

山行記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 高尾山東側尾根 2016.2.7 | トップページ | 不老山 2016.2.17 »