« 梅の咲く鎌倉 | トップページ | ミスミソウ »

万六尾根~陣場山 2016.3.4

1月に南高尾から陣場山まで歩いたので、陣場山から先の尾根をつなげようと、万六尾根から連行峰に上がり陣場山まで歩いてきました。万六尾根は北向きの尾根なので当然雪はあるだろうと期待(心配)したのですが、全く見られませんでした。天気が良くて、気温が上がったためか展望が楽しめず、今回は一度もカメラを出す機会がありませんでした。

○ 万六尾根~陣場山 16.3.4(金) 晴

 武蔵五日市(7:19)=柏木野(7:55)-湯葉の頭・927(10:10)-連行山(10:4010:50)-山の神・和田分岐(11:15)-大蔵里山・837(11:25)-醍醐丸(11:45)-醍醐峠(12:00)-和田峠(12:20)-陣場山(12:4013:00)-明王峠(13:30)-与瀬神社(14:40)-相模湖(14:50)

 武蔵五日市の駅で、バスを待つ間にストレッチは済ませたので柏木野でバスを降りてすぐに歩きだす。バス停からバスの進行方向に進むとすぐに標識があったので、それに従って進む。階段を下りさらに坂道を下って、南秋川を鉄製の橋で渡り山道に入る。山道はスギ林の中でなんとなく寒々とした感じ。川の対岸の斜面には日が当たっているのが見えて、羨ましい。急な斜面をゆっくりと高度を稼いでいく。登山道への入り口と山道に入ってすぐに標識が続けてあったのにその後出てこないので、石老山の時のように登山道を外して仕事道に入ってしまったのではと、ちょっと心配になる。小さなジグザグを上がると、700m位のところで尾根に乗った。尾根に乗ったこと、さらに行くと道標も出てきて正しく来ていることが確認できてホッとした。最初から標識がなければ標識に頼らないで地図で確認しながら進むのだが、あればやはり頼ってしまう。右側は相変わらず人工林だが、左側が自然林に変わったので下に落ち葉が積もっている。大きなホウの葉が目立っている。日向が出てきたので一本を取った。尾根道は緩い傾斜で上がって行く。スギ林の中を歩いているためか、クシャミを連発する。家を出るときに点鼻薬をしてこなかったことを後悔。大きな松の木が倒れて登山道を塞いでいた。927のピークには“湯葉の頭”と記載された山名標識があった。正面にこれから向かう尾根が見えるようになってきた。一旦鞍部まで下って、連行峰への100m程の登りにかかる。いきなり急な斜面が目の前に立ちはだかっていてちょっと臆したが、左側にジグザグに上がって行く山道があり、軽くいなしてしまった。しばらく緩い傾斜が続き、最後急傾斜に喘いで連行峰頂上へ。エアリアマップでは“連行峰”となっているが、山名標識は“連行山”となっていた。木の間から富士山が見えたが、靄っていてクリアーではない。北向きの尾根なので当然あるものと期待(心配)していた雪は全く見られなかった。尾根は両側とも自然林で明るくて良い感じ。陽だまりのハイキングが楽しめそう。上空にヘリコプターが行ったり来たりしている。しばらく行くと前に陣場山が見え出してきた。和田への分岐になっている山の神へ。石が建っていたが、これが山の神?和田からここに上がって笹尾根を西方向に歩くプランも良いかな。837のピークには大蔵里山の山名標識があった。“だいぞうりやま”と読むそうだ。なんとなく周囲が明るくなくなってきたなと思ったら、いつからか周りが人工林に変わっていた。次のピークの醍醐丸には巻道が付けられていたが、巻道には入らず頂上に向かう。急な傾斜の登りで息が弾む。頂上は残念ながら木に囲まれて、展望はない。市道山から醍醐丸への吊尾根は歩いていないので、これも近いうちプランしてみよう。和田峠で自動車道を渡る。階段になっている山道を一生懸命上がって陣場山頂上へ。1月の初めに来た時と全く違って、今日はモヤで展望はダメ。連行峰では辛うじて見えていた富士山もすっかりモヤの中に入ってしまった。奥多摩の山が辛うじて見えている。醍醐丸からの尾根もなんとか見えている。今日は明王峠経由で相模湖に下ることにする。陣場山からの下りでは少しだが泥んこになっているところがあった。雪が最近まで残っていたのか、あるいは霜の影響だろうか。明王峠では、富士山方向は真っ白。峠から相模湖への途中で、伐採作業をしているところを通る。相模湖が見え出すと露岩の急傾斜の下りになり、足元を確認しながら気を使って歩く。中央道の車の音が聞こえ出してくると、やがて与瀬神社に下り立つ。無事に歩いて来られたことに感謝して、手を合わせた。神社の急な階段を慎重に下る。山は無事に歩いてきたのに、ここでこけて遭難するのはかなりみっともない。トンネルから抜け出てきた中央線に沿って進み、相模湖の駅へ。

|

« 梅の咲く鎌倉 | トップページ | ミスミソウ »

山行記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 梅の咲く鎌倉 | トップページ | ミスミソウ »