« 鳥屋~宮ヶ瀬(ポタリング) 2016.3.17 | トップページ | 箱根旧街道 2016.3.22 »

宮ヶ瀬湖畔・南山 2016.3.20

歩く会での山歩きで、宮ヶ瀬湖畔の南山~権現平を歩いてきました。家を出る頃には雨が降っていて、どうなるか心配した。少し計画を変えたが、目的の山を登ることはできました。

○ 宮ヶ瀬湖畔の山・南山 2016.3.20(日) 曇

 愛川公園(8:50)-南山(9:5010:05)-権現平(10:2511:10)-南山(11:3011:45)-愛川公園(12:30)

 朝家を出ると、雨が降っている。昨日チェックした天気予報では問題なく晴れると言っていたのに。予報を信じて、しばらくすれば雨は止んで晴れてくるだろうと、とりあえず予定どおり南山への登山口がある鳥居原園地に向かう。鳥居原園地に着いた頃はだいぶ小降りになった感じはするがまだ降り続いている。それと駐車場が開くのが9時で、まだ1時間半ほどある。1時間半も待つのは辛いと、愛川公園まで行き、そこから歩き始めることにした。愛川公園に着いた頃にもまだ雨は降っていた。東屋があったのでそこで雨宿りをして待つと、しばらくで雨は止んだ。準備をして歩き始める。最初から階段になっている急な斜面の登りにしごかれる。そのうち薄日が差すようになり、影が見られるようになってきて、予報どおり晴れてくることを期待した。のだが、しばらくすると薄日がなくなってしまい、また雨が降ってくるのではないかと心配になるような空になってしまった。左方向にダムを見ながら登る。壊れて残骸になった東屋の横を通りさらに上がって、南山頂上へ。真下に3日ほど前に周囲をポタリングした宮ヶ瀬湖が見えている。また、その上には経ヶ岳が、そして遠くにはアンテナが何本か建った大山が展望できた。だが、近くの蛭ヶ岳は残念ながら雲の中に入ってしまっている。まだ時間が早い、ここより標高が高い、三角点がある、キジ場があるという理由でこの先の権現平まで往復することにした。相変わらず上空は雲に覆われて太陽は全く姿を現してくれない。権現平では少し早い昼食を摂ったが、じっとしていると寒くさえなってくる。時折日が差してくれるようになりその時は暖かくなるのだが、日が陰ると寒くなる。下りは南山を経由して同じコースを辿って、愛川公園へ戻る。途中の山道の脇にはスミレやキブシが咲いているのが見られた。公園に戻ると、駐車場がほぼ満車になっているのにびっくりした。天気は裏切られたが、3日前にポタリングした宮ヶ瀬湖周辺のコースを上から見るというちょっと面白い体験ができた。

|

« 鳥屋~宮ヶ瀬(ポタリング) 2016.3.17 | トップページ | 箱根旧街道 2016.3.22 »

山行記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 鳥屋~宮ヶ瀬(ポタリング) 2016.3.17 | トップページ | 箱根旧街道 2016.3.22 »