« 宮ヶ瀬湖畔・南山 2016.3.20 | トップページ | 鯵釣り 2016.3.28 »

箱根旧街道 2016.3.22

沼津に行くのに、車あるいは電車で普通に行くのはつまらないと、箱根を越えていくことにした。晴の予報で、富士山の眺めを期待したのですが。

Dscn2678s

○ 箱根旧街道・箱根峠~三島大社 16.3.22(火) 曇

 小田原(8:20)=元箱根(9:25)-旧街道入口(10:35)-接待茶屋(10:55)-山中城跡(11:3512:15)-笹原一里塚(13:00)-錦田一里塚(14:00)-三島大社(14:3014:50)-三島(15:05)

 バスを降りてから、R1を三島方向に向かい、箱根峠のすぐ先でR1から離れる。さらに車道を少し行って、やっと車道から離れて旧街道に入る。少し行くとこれから行く沼津の旧制中学校を出ている井上靖氏の碑が立っていた。旧街道が舞台の小説をDscn2671s 書いていたのだろうか。接待茶屋跡と標識が立つところを通ったが、どこに茶屋があったのかよく分からなかった。冷たい風が吹いていて結構寒い。R1と殆ど並行して進むので、車の音がかなり聞こえてくる。現在の国道のルートは恐らく旧街道を下敷きに設計したと思われるので、並行しているのはやむを得ないのだろう。石畳の道が続くが、結構歩き辛く足にかなり負荷がかかる。江戸時代の人は、草鞋でこの道を歩くのは大変だったのではないかと思われた。もっとも当時の人は、現代の人間に比べれば、足が強かっただろうから、それほど辛く感じることはなかったのかもしれない。大部分の石畳は最近修復したようだが、江戸時代の石畳がそのまま残っている部分もあるようだ。山中城跡は以前入ったことがあるので、今回は良いかと思ったが、ちょうど昼の時間で食事をすDscn2679s るのに適当な場所が中にあるのではないかと入った。サクラの花が咲き始めていた。富士山や愛鷹山が展望できる場所があったが、今日は愛鷹山は辛うじて見ることができるが、富士山は雲の中に入ってしまっている。城跡を出て少し行くと、旧街道は工事中で歩くことができなくなってしまっていた。迂回路は国道で、かなり長い距離国道を歩かされた。何の工事をしているのだろう。やっと工事個所を過ぎ国道から離れることができたが、大部分は車道歩き。途中“坂”という地域を通ったが、一般の民家やお寺などに「軒下の美術館」という看板を掲げてまさに軒下に写真を展示しているところが何箇所かあった。説明をした看板によると、旧街道を通るハイカーなどに休憩場所として軒先を提供するとともに、“坂”の地域にかかわる写真を展示して、この地域のことを知ってもらいたいという趣旨のようだった。晴れていれば富士山がきれいDscn2697s に見えるようでそんな写真が展示されていた。残念ながら今日はその富士山の展望を楽しむことはできない。結局後半は大部分が車道歩きでかなりうんざり。やっと箱根八里の終点、三島大社に着いた。無事に歩けたことに感謝をした。池のそばにしだれ桜があり、花を開き始めていた。満開の頃来ると良さそう。神社の中はアルコールはご法度かなと思ったら、売店でビールを売っていたので買い求めて飲んだ。ずーっと、歩ききったらビールを飲むぞ、と思いながら歩いていたので、美味しかった!!

|

« 宮ヶ瀬湖畔・南山 2016.3.20 | トップページ | 鯵釣り 2016.3.28 »

ウオーキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 宮ヶ瀬湖畔・南山 2016.3.20 | トップページ | 鯵釣り 2016.3.28 »