« 城山湖の花 | トップページ | 野川公園 2016.5.25 »

筑波山 2016.5.18

歩く会に参加して筑波山を歩いてきました。初めての山でかなり期待しました。登りは約500mをケーブルカーで上がってしまう楽々山歩き。展望は大変良い山だが、春霞で遠くはボンヤリ。辛うじて霞ヶ浦、日光の山などを眺めることができました。そして富士山かな~雲かな~。

P5180005s P5180011s P5180015s

○ 筑波山 2016.5.18(水) 晴

 駐車場(8:50)-ケーブル宮脇駅(9:109:20)=ケーブル山頂駅(9:109:20)-男体山(9:5010:00)-ケーブル山頂駅(10:3010:35)-女体山(10:5511:05)-弁慶茶屋跡(12:0512:15)-筑波神社(13:20)-駐車場(13:25)

 境古河のインターで圏央道を下りてから、筑波神社近くの駐車場まで筑波山が見えているのになかなか近づかなくて、ちょっとイライラした。筑波神社で無事で楽しい山歩きができることをお願いした。神社を通り、階段を上ってケーブルカーの駅(宮脇駅)まで行くのが長かった。逆にケーブルカーを下りてから男体山の頂上までは、あっという間についた感じ。今日は上空には殆ど雲が見られず非常に良い天気。しかし、春霞がかかっていて遠くの展望はボンヤリ。それでも、霞ケ浦や日光の山を展望することができた。そして富士山が“雲かな~富士山かな~”という感じで頂上の白くなっている部分だけだが見ることができた。自然研究路ではツクバネソウ、ユキザサが咲いているのを見ることができた。自然研究路から一旦ケーブル山頂駅に戻り、女体山に向かう。途中にカタクリの群生地があるようだったが、当然既に花の時期は終わっていて、閉鎖されていた。頂上のすぐ手前ではヒイラギソウが咲いていた。女体山は岩山で、頂上も岩になっていて下を見るとちょっと高度感がある。そのため眺めは非常に良いのだが、残念ながら遠くはカスミがかかってボンヤリ。すぐ下には田植えの済んだ田が広がっているのが眺められた。頂上にはお社があり、イザナミノミコトが祭神だそうだ。飲食禁止の看板が出ていて食事を摂ることはできない。神様がいるエリアということかな。下りは岩の上につけられた登山路を下る。急傾斜の部分もあり、大勢の登山者が歩いているために岩の上がつるつるになっていたり、濡れているところもあったりで滑らないようにかなり気を使って歩く。途中には屏風岩、高天原、入船出船、弁慶の七戻りなどと名付けられた大きな岩がいくつかあった。弁慶の七戻りというのは、大きな岩の下をくぐって通るのだが、上の岩が落ちてこないか心配で弁慶がなかなか通ることができず、すぐ近くまで行っては七度戻ったといういわれを書いた看板が掲げられていた。弁慶の茶屋跡でロープウエイの駅があるつつじが丘へ下る道と分岐する。クリンソウ、ヤマブキソウが咲いていた。その後も岩の登山路で、気を使いながらの下りを続ける。やがて階段になって単調な下りにもう飽きたよと思う頃、筑波神社に着いた。神社で無事に山歩きができたことに感謝して、駐車場に戻った。土産物屋では、当地の地酒が置いてあったので買い求めた。帰ってから飲むのが楽しみ。
P5180007s P5180008s P5180012s P5180013s P5180019s

|

« 城山湖の花 | トップページ | 野川公園 2016.5.25 »

山行記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 城山湖の花 | トップページ | 野川公園 2016.5.25 »