« 瑞牆山 2016.6.14 | トップページ | 高尾山東側尾根 2016.6.24 »

東高根森林公園(ポタリング) 2016.6.18

3週間ほど前にウオーキングで訪ねた東高根森林公園へ、ポタリングで訪ねました。3週間前と変わっていたのは、ハンゲショウの化粧の範囲が広がっていたこと、キツリフネ、カンゾウが咲き始めていたことでしょうか。朝起きた時にのどが痛くて自重しようと思ったのですが、気分は悪くなかったので強行してしまった。後半かなりバテて来たが、何とか走りきることができました。

Dscn2962s Dscn2976s Dscn2992s

○ 東高根森林公園~相模川~浅川(ポタリング) 2016.6.18(土) 晴

 京王稲田堤(10:35)-東高根森林公園(11:1012:05)-妙楽寺(12:1012:20)-相模川・二ヶ領せせらぎ館(12:30)-関戸橋(13:35)-浅川(13:45)-湯殿川(14:25)-相原(14:55)

 今日は自転車を分割した後の輪行袋への収納がスムースに行かず、半ば強引に収納してしまった。稲田堤の駅で電車を下りて、組み立てる際にトラブるのではないかと心配したが、特に問題なく組み立てられ走り出すことができてホッとした。駅横の府中街道を溝の口方向に進む。小田急線を越えた頃から二ヶ領用水と平行して進むようになる。やがて藤子・F・不二雄ミュージアムの前を通り、さらに行ったあじさい寺入口の信号で府中街道を離れる。ここからは南武線の宿河原駅から東高根森林公園にウオーキングで行く道。自転車ではちょっと辛い登り坂をしばらく喘いで、側道に出てから東名高速道路を渡り、公園内に入る。3週間ほど前に訪ねているが、湿性植物園でその時と変わったのはキツリフネが咲き始めたこと、ハンゲショウのお化粧の範囲が広がったことだろうか。それとコウホネは花が終わってしまったのかあるいは葉が成長してさらに隠してしまっているのか、花を見ることはできなかった。ワスレナグサは、相変わらず群生がきれい。ハナショウブ、ノハナショウブ、カキツバタの3種の花についての解説があったが、その3種の違い、今前に見えているのがどの花なのか、わからなかった。ユリ園ではスカシユリと思われるユリが咲いていた。公園を後にして、川崎市のあじさい寺として知られている、妙楽寺へ。ここも3週間前に訪ねていて、その時にはやっと咲き始めたという感じだったあじさいが見頃を迎えていた。府中街道に戻り、長尾橋の信号で右折して多摩川に向かう。南武線の踏み切を渡りさらに行って、多摩川のサイクリングコースに乗る。上流方向に行くと、すぐに二ヶ領せせらぎ館が出てくる。今日は建物の確認をして一本を取らずに先に進む。小田急線の下をくぐったすぐ先の多摩川水道橋で左岸に渡る。しばらく舗装されていない砂利道を進むようになる。川原には黄色い花が群生しているのが見られた。今日は天気の良い土曜日で、河川敷のグランドでは、野球少年、野球中高年がいっぱい。しかしサイクリングコースを走るサイクリストは意外と少ない。暑過ぎて、敬遠しちゃったのかな。是政橋の下をくぐったが、橋を通っているのは府中街道。走り始めた街道に戻ってきた。関戸橋で右岸に渡り返し、今日は浅川から帰ることにする。しばらく多摩川に沿って上流方向に進み、やがて浅川沿いのサイクリングコースに入る。ここまで来るとかなりバテてきて、度々一本を取って水分摂取をする。湯殿川、兵衛川と進み、最後東京造形大学の正門に向かう登り坂に喘ぐ。坂を登りきると、相原までは快適な下り坂。途中スーパーに寄って今晩の酒のつまみの刺身を買い帰宅した。

Dscn2965s Dscn2969s Dscn2972s Dscn2978s Dscn2982s Dscn2998s Dscn3002s Dscn3005s

|

« 瑞牆山 2016.6.14 | トップページ | 高尾山東側尾根 2016.6.24 »

ポタリング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 瑞牆山 2016.6.14 | トップページ | 高尾山東側尾根 2016.6.24 »