« 尾根緑道の紫陽花(ポタリング) 2016.6.12 | トップページ | 東高根森林公園(ポタリング) 2016.6.18 »

瑞牆山 2016.6.14

歩く会での山歩きで瑞牆山を歩いてきました。平標山や戸隠では振られたシャクナゲが期待でした。まさに残ってくれていたという感じで、見ることができました。3度目の正直でした。頂上からの眺めは、残念ながら周囲がガスで覆われて、全くダメでした。残念。

P6140021s P6140023s P6140027s P6140030s P6140036s P6140058s

○ 瑞牆山 2016.6.14(火) 曇

 須玉IC(7:45)=駐車場(7:40)-駐車場所(8:358:40)-不動滝(9:309:40)-瑞牆山(11:4512:20)-不動滝(13:4013:50)-駐車場所(14:35)

 駐車場所から歩き始めてしばらく行くと、ツツジが見られた。さらに行くとギンリョウソウやマイヅルソウが咲いている。シャクナゲの木がかなり頻繁に出てくるが、花は見られない。沢沿いの山道で、昨日の雨で影響があることを心配したが、歩くのに支障があるような箇所は出てこない。やがて着いた不動滝は、水量は少ないがスラブの岩を水がさらさらと流れ落ちていて、きれいな滝。不動滝を過ぎると、急な傾斜の登りになる。時折日射しが出てきて期待をするが、すぐに遮られてしまうを繰り返す。頂上に着いたら晴れてくることを期待しながら急傾斜の登りを耐える。2000m近くになるとシャクナゲが花を残してくれていた。平標山や戸隠森林植物園では見ることができなかったのでやっと会えて嬉しい。苔むした奥秩父らしい樹林帯の斜面を上がって、瑞牆山の頂上へ。かなり展望が楽しめる頂上のようだが、今日の頂上はP6140048s ガスに覆われて全く眺めがない。時折すぐ近くの山が眺められる程度。岩陰にツマトリソウ、紫色の花(ハンショウヅル?)が見られたのは展望が楽しめなかったので、嬉しさが倍増。ガスが取れて展望が楽しめることを期待してしばらくいたが、殆ど無理そうなので諦めて下ることにする。登って来た道を、駐車場所を目指して下る。岩場っぽい急傾斜の下りがしばらく続き、慎重に進む。不動滝からは、傾斜が緩み緊張感が少し緩む。沢沿いの道を進んで、やがて車を駐車した場所に戻る。

P6140050s P6140054s P6140061s P6140073s P6140081s

|

« 尾根緑道の紫陽花(ポタリング) 2016.6.12 | トップページ | 東高根森林公園(ポタリング) 2016.6.18 »

山行記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 尾根緑道の紫陽花(ポタリング) 2016.6.12 | トップページ | 東高根森林公園(ポタリング) 2016.6.18 »