« 南高尾~城山~高尾山 2016.7.16 | トップページ | 北八ヶ岳・北横岳~縞枯山 2016.7.20 »

混声合唱団定期演奏会 2016.7.18

仕事をしていた頃大変お世話になった、Reiさんに偶然会った。彼女は混声合唱団に所属していて、その定期演奏会が近々あるから是非聞きに来ないかとお誘いを受けた。自分は写真展をやっていたので、写真を見に来てくれたら行くよと言ったら、見に来てくれたのでチケットを購入した。当日会場の相模女子大学グリーンホールに行くと長蛇の列ができていた。列に並んで20分程で会場内に入ることができた。プログラムの最初は、バッハ合唱曲を4曲。どこでいつということはないのだが、なんとなく聞いたことがある曲だった。次はロシア民謡集でステンカラージン、ヴォルガの舟歌など5曲。これは自分には馴染みの曲だった。第3部は“林光の世界“というタイトルで、林光が編曲あるいは作曲した曲を5曲。林光というのは全く知らない人。この中で聞いたことのある曲は谷川俊太郎が作詞し、武満徹が作曲、林光が編曲した“死んだ男が残したものは”。改めて詩を読んでみるとかなり深い曲。ちょっと驚いたのは“星めぐりの歌”という曲で、作曲者が宮沢賢治となっていた。宮沢賢治って作曲もしていたんだ。最後はこの演奏会が初演になるという曲で“風の芍薬(ピオニア)”という組曲。そして、アンコールの“早春賦”でコンサートは終わり。今まで合唱を聞く機会がなかったので、正直退屈するかなと覚悟して行ったが、かなり楽しかった。誘ってくれたReiさんそして合唱団の皆さん、2時間余の楽しい時間をありがとうございました。

|

« 南高尾~城山~高尾山 2016.7.16 | トップページ | 北八ヶ岳・北横岳~縞枯山 2016.7.20 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 南高尾~城山~高尾山 2016.7.16 | トップページ | 北八ヶ岳・北横岳~縞枯山 2016.7.20 »