« 混声合唱団定期演奏会 2016.7.18 | トップページ | ネパール通信16-1 »

北八ヶ岳・北横岳~縞枯山 2016.7.20

天気予報をチェックしたら、関東地方はまだパッとしない天気だが、甲信地方の山は晴れの予報が出ていた。それで北ア、中央ア、南アなどの展望そして高山植物を期待して日帰りで2400mまで上がれる北八ヶ岳に行ってきました。高山植物は楽しめましたが、展望は上空は青空がいっぱいなのに、ちょうど山の位置に大変嫌味な雲があって不満足でした。

P7200012s_2 P7200049s_3 P7200057s_3

○ 北八ヶ岳・北横岳~縞枯山 16.7.20(水) 晴

 ロープウェイ山頂駅(9:15)-北横岳ヒュッテ(10:05)-北横岳南峰( 10:1510:25)-七ツ池(10:40)-三ツ岳(11:15)-雨池山(12:0512:15)-雨池峠(12:25)-縞枯山(12:5013:15)-雨池峠(13:30)-ロープウェイ山頂駅(13:5514:20)=北八ヶ岳ロープウェイBS(14:3015:00)

 甲府駅では以前反対方向の電車に乗ってしまったことがあったので、今回は慎重に乗る電車を確認した。甲府を過ぎた頃から、それまで雲だけだった空に青空が見られるようになり、ホッとする。茅野が近づくに従って青空が広がってくるが、山には雲がかかってしまっていてちょっと気がかり。茅野から北八ヶ岳ロープウェイの山麓駅までバスで行き、約500mをロープウェイで一気に上がってしまう。坪庭に入るとまずオトギリソウが見られた。続いてテガタチドリが出てきた。しばらく坪庭を歩いてから北横岳への登山道に入る。登山道に入ってからは展望のない樹林帯の中を単調に上がって行く。ヒュッテを過ぎてさらにしばらく上がるとやっと展望が開けて来て頂上へ。歩いている時は感じなかったが、頂上に着いてじっとしているとヒンヤリとしてきて、半袖Tシャツ1枚では寒くさえ感じる。山には雲がかかってしまっていて、展望は全く楽しめない。出発しようと腰を上げる頃になって、蓼科山がやっと見えだP7200011s した。ヒュッテまで下り、七ツ池に行ってみた。かなり良い雰囲気の池だ。登山道に戻ると登って来る時には気が付かなった、ゴゼンタチバナが咲いているのが見られた。しばらく下って、分岐から三ツ岳へのルートに入る。こちらは北八ヶ岳らしくない岩場状のルート。といっても傾斜は緩く、フリクションが良く効くので、慎重に進めば問題はない。三ツ岳は1の峰から3の峰まであって(だから三ツ岳というのだろうかと、この文章を書いていて気が付いた)一つ一つ越えていく。3つ目のピークを越えて下りにかかる。下に雨池が見えてきた。途中で、弁慶の泣き所を岩にぶつけて痛かった!こんなに下って大丈夫なのか心配になる頃、雨池山との鞍部に下り着いた。雨池山の頂上は木に囲まれて展望はない。一本取ってから少し行くと展望台があり、縞枯山が望めた。ここまで来て一本取れば気持ちよかったのに。雨池峠に一旦下り、縞枯山への登りにかかる。ここはジグザグを切らずに約150mを真っ直ぐに上っていく。頂上はやはり樹林の中で展望はない。展望台まで行きたいのだが、3時のバスに間に合P7200030s わなくなりそうなので、ここから下ることにする。ちょっと未練があり、少し先に進むと木の間越しながら南八ヶ岳の方向が望めるところがあった。だが、真上は青空がいっぱいで殆ど雲がないのに、山の位置に雲が出ていて展望を遮っている。嫌味な雲め。雨池峠まで一気に下り、ほぼ平らな道をロープウェイ山頂駅へ。バスの時間まで余裕があったので周辺をうろうろすると、ハクサンフーロやキンロバイ、テガタチドリなどが咲いているのが見られた。展望台があったので行ってみると、赤岳や阿弥陀岳が姿を見せてくれていたが、モヤでクリアーではなく頂上の上が雲で、ちょっと寂しい眺めだった。

P7200006s_2 P7200010s_2 P7200019s_2 P7200022s_2 P7200045s P7200061s_2 P7200066s P7200071s P7200072s P7200075s P7200079s

|

« 混声合唱団定期演奏会 2016.7.18 | トップページ | ネパール通信16-1 »

山行記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 混声合唱団定期演奏会 2016.7.18 | トップページ | ネパール通信16-1 »