« 東北のお祭り | トップページ | 白鷺城 2016.8.20 »

ネパール通信16-5

東北のお祭りの次は、ネパールのお祭りです。yanshihoさんから、ガイ・ジャトラ(牛まつり)の報告がありました。

今年のガイ・ジャトラ(牛まつり)は8/19でした。
去年はカトマンズのを見に行っていたので、キルティプルのを見るのは2年ぶりですが、滞在していれば必ず見ていたので実に久方ぶりに楽しんだような気分でした。
この祭りはネワール民族特有のもので 1年間に亡くなった人たちを牛に扮した子どもの家族が導いて死後の世界に送る 大切な行事ですが、キルティプルでは伝統的行事の方は祭りパレードが始まる前に個々別々に済ませ(カトマンズ同様に 前を通って行く牛に扮した子どもに飲み物やお菓子、小銭を用意して路上で待つ家もあります)、大方の人たちはパレードの方を楽しみに 道路に面した入口にムシロを敷いて座ったり、窓という窓から鈴なりになって顔を出し、パレードが始まる前から女装や趣向を凝らした仮装の若者が行き来を始めて、熱気に包まれてきました。
今年は日照りが強かったからか、見物人の方にも大きな日除け傘が準備されていて、傘の花も開いていました。

写真1枚目は4人の仮装の人たちが手前に写っています。(写真は全部2階の窓から撮りました。)白装束はダミ(祈祷師)。
Am_9747

3枚目が伝統的牛の装束。被りものに角が生えているのがわかるでしょうか?
Am_9760

2枚目の赤顔お面、5枚目の2色塗り分けお面の数人と6枚目の黒い動物のお面を被った人たちがこのパレードの踊りの主役です。踊りは折り返しつつ数回続きます。
Am_9757 Am_9768 Am_9771

4枚目は黄泉の国の風俗の人たちで故人の写真を胸に下げています。
Am_9764

パレードの進行は定型化されていますが、今年は妊婦に扮した女装者が道路に倒れ込むとわっと関係者たちが取り囲み、裸のキューピー人形が高々と掲げられた出産場面がありました。
こちらの人たちは女装が大好きのようで、大柄女性と見間違う程に上手です。今年は西洋人風に金髪かつら、ミニワンピースの女装が目をひいて、人気だったようです。
次の2枚は移動の最後尾を飾る楽隊の人たち。少し見難いですが、1枚目のシンバルンの後ろ2人目の黒シャツの人が伝統的な笛(遺体を焼き場に運ぶ行列を先導します)を吹いています。2枚目手前の太鼓と赤縦縞シャツの人が鳴らす鉦は必須です。
以前はパレードが通る道路に面した家々で梨や水で戻したエンドウマメなどの食べ物を用意してパレードが通り過ぎると残った見物人皆に配られたのでしたが、いつからか祭り実行委員会(?そんな名前でしょう)の方で用意してプラサード(神のおさがり)として配られるようになっていました。
Am_9773 Am_9776

お姉さんに呼ばれて、そのプラサードを口にして余韻に浸っていると、階上から声がかかりました。
実はこの日に合わせて、家主の先生が大学のネワール語チーフに昇格したお祝いの席も設けられたのでした。
お祝いはまず額にティカを付けることから始まります。ティカを付けているのはお姉さん。手前の女性が掲げ持っているヨーグルトも必須で、出された器から右耳下部にご自分でつけていました。数人の親族からティカをもらった後には さまざまなお祝いの品が次々に親族から手渡されました。儀式にゆで卵と魚(燻製品)は必須で、受け取っているのは秘書の男性。その場でこれを頂いてから、まず前菜とも言うべき揚げた肉と魚とポテト、海老せんべいに甘いお菓子の載った一皿が出され、宴会食のごちそう(ベエー)を食べて、お祝いが完了です。
Am_9777 Am_9805

最後の写真は 私の部屋に届けられたベエー。奥さんと親族の女性たち数人が何時間もかけて用意されたものです。チウラ(糒)の上に載っているまん中の白いものは水牛の脳みそ。黒い方は臓物を揚げたブタンと呼ぶもの。左手の器の中は鶏肉。時計周りに 揚げ豆腐のトマト煮、ひよこ豆、茸の炒め物、アチャール(こちら風サラダ)。最後の器は汁たっぷりの大根の煮物(水牛肉と煮たもの)。デザート風にキュウリ輪切りとリンゴ添えヨーグルト。
Am_9817

子どもたちもおおぜい来て、私の部屋で得意の世界地図や鳥やクマリ(処女の生き神様)の絵を描いてくれた坊やもいました。この坊やにはトレッキング中に会った画家からもらった一枚も使っていないスケッチブックをお礼にあげました。
家族の一員になったような楽しい時を過ごして一日が終わりました。

8/21 キルティプルから

|

« 東北のお祭り | トップページ | 白鷺城 2016.8.20 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 東北のお祭り | トップページ | 白鷺城 2016.8.20 »