« 尾根緑道~境川(ポタリング) 2016.11.3 | トップページ | キチジョウソウ »

イタリアオペラハウス巡りの旅ー3 パルマ・ ヴェルディゆかりの地

イタリアオペラハウス巡りの旅ー3はヴェルディが住んでいた家など、ヴェルディゆかりの地を訪ねた報告です。

パルマの街を抜けると直ぐにエミリア・ロマーニャ州のチーズ「パルミジャーノ・レジャーノ」やチーズの皮を食べているからおいしいと言われているパルマ産生ハムを育てる農村風景が広がります
11 12

パルマから約40キロ離れたサンタアガタにヴェルディ最後の家(ミラノで客死するまで住んでいた)が残されていて公開されています
この立派な家で「ドン・カルロ」や「ファルスッタッフ 」等のオペラを書いたり、庭いじり、畑仕事等をしていたそうです
敷地内には、公園と見間違うほどの広大な庭、池、ワイン貯蔵庫、馬車小屋までありビックリ!
21 22 23 24 25

近くの人口6800人のヴェルディ出身地、ブッセートにはヴェルディのパトロンとなったバレツイレの家が博物館として残されていて
直ぐ近くにはヴェルディがバレツイレの娘と結婚式を挙げた教会も残っています
31 32 33 34 35 36

バレツイレの家(レンガ色の建物)と市庁舎前のヴェルディ広場に在るヴェルディ像
41 42

この市庁舎は、庁舎内に小さなヴェルディ劇場が在るので有名、ムーティもブッセートが好きで度々指揮しているとか
ムーティは、"ヴェルディのオペラは人々の心を温め、時には慰め、元気づける""これからの時代、ますますヴェルディのオペラは人々にとって必要になるのでは"と語っているそうです
51 52 53

ブッセートのヴェルディ国立博物館の入口には、左から、L`Uomo()L`opera(オペラ)Il Mito(伝説)の文字が並び、それぞれに、ヴェルディ、アイーダ、パヴァロッティの写真が飾られています
61 62

館内は、部屋がオペラのテーマ事に飾られ、スカラ座等で使われたオペラ衣装が展示されていて、思わず物語りの世界に
71 72 73 74

館からは黄色葉の紅葉が見頃、見たことの無い実が、落ちていた実を嗅ぐと不思議な柑橘系の匂いがしてきました。名前はアメリカ〇〇とか?
81 82

ヴェルディが「リゴレット」、「椿姫」を書き上げたオルランディー邸、今ではレストランに! ランチはキノコのクレスペッレ(クレープ)と子羊
91 92 93 94 95



|

« 尾根緑道~境川(ポタリング) 2016.11.3 | トップページ | キチジョウソウ »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 尾根緑道~境川(ポタリング) 2016.11.3 | トップページ | キチジョウソウ »