« 京都・修学院離宮 | トップページ | 井の頭公園(ポタリング) 2016.12.2 »

南高尾~陣場山 2016.11.29

今日は、重登山靴の足慣らしを目的にちょっと長い距離、長い時間を歩いてみようということで、南高尾から陣場山まで歩いて来た。先週木曜日に降った雪が少しは残っているかなと思ったが全く残っていなかった。紅葉はまだ楽しむことができました。

Pb290001s Pb290010s

○ 南高尾~陣場山 16.11.29(火) 曇後晴

 都井沢(5:20)-城山発電所(6:05)-三沢峠(6:356:45)-ベンチP(7:257:35)-見晴台(7:45)-コンピラ山(8:20)-大垂水峠(8:55)-城山(10:0010:10)-景信山(11:0511:25)-堂所山(12:2012:30)-陣場山(13:4514:00)-栃谷(14:50)-藤野(15:40)

 都井沢から城山湖に上がって行く自動車道を進む。今日はしばらく履いていない重登山靴を、足を慣らすために履いてきたが、舗装された車道を歩くのは辛い。歩き始めてしばらくすると暑くなってきたので、チョッキと長袖Tシャツになる。発電所のゲートはこの時間ではまだ閉まっているので、すき間を潜り抜けさせてもらう。明るくなってきて、上空を見上げるとどんよりとした曇り空。出がけにチェックした予報では、気象庁は午前中曇で昼頃から晴れてくると言っていたが、その他のサイトでは朝から1日晴れると言っていた。周囲に色づいた木が見られるようになってきたが、曇り空の下では映えない。今日は長丁場なので原則巻道を行くことにしたが、お気に入りのベンチPは巻かずにピークに上がった。この頃から青空が少しだけ見えるようになってきた。石老山には日が当たっている。中沢山を過ぎたところでは、滝子山から大菩薩への小金沢連嶺の尾根が見えた。日が当たっている。その奥には真っ白な南アルプスが見え、富士山は大部分が雲に遮られているが頂上のすぐ下が少しだけ見えている。コンピラ山、大洞山を越えて大垂水峠に一旦下る。ここから城山へは約300mの今日一番の登り。小キジを撃ち、水分を補給し、足腰を伸ばして備える。太陽のすぐ下の雲が薄くなって日射しを感じるようになるが、しばらくで再び雲が厚くなって日差しが遮られる。またしばらくすると雲が薄くなって日射しを感じるようになる、なんていうことを繰り返す。山道の周囲は殆どがヒノキの人工樹林だが、申し訳なさそうにわずかに広葉樹が混じっていて色づいた葉を見せてくれている。最後、急な傾斜に喘いで城山に登り着く。城山からの富士山は、着いた直後はPb290018s かなり雲に覆われていたが、時間が経つにしたがって覆っていた雲が殆ど消えてほぼ全体を見せてくれるようになった。上空は青空と雲が競っている。一生懸命青空を応援しているのだが、中々勝ちきれない。城山から先は、木曜日に降った雪の影響だろうか、泥んこ道が続きこけると大変。かなり気を使って歩く。景信山までは人工樹林が続き、上空が確認できない。その間に青空が雲を蹴散らしてくれたようで、景信山について上空を見上げると僅かに白い雲が残っている程度で、殆どが青い空になった。富士山も周囲の雲がすっかりなくなり、きれいな姿を見せてくれるようになった。ミツマタが早くも咲く準備をしている。景信山から先も泥んこの道気を使いながら進む。一度こけてしまって、ズボンは汚さずに済んだが、地面についた手が泥だらけになってしまった。堂所山はかなりの急傾斜を喘いで登る。明王峠から先の尾根では、右(北)側は人工林だが左(南)側は自然林で、色づいた木を楽しみながら陣場山に向かって行く。陣場山の山肌が黄色というより金色という感じ。遠くてよく分からないが、カラ松だろうか。陣場山の頂上からは富士山が見えているが、さすがこの時間ではモヤがかかって、ボンヤリとした眺めになってしまった。北方向には奥多摩の大岳山、御前山、鷹ノ巣山、雲取山などがこちらはくっきりと見えている。南側の斜面にPb290057s なるためだろうか雪は見られない。アザミの花が咲いているのが見られてびっくり。久しぶりで栃谷尾根を下ることにする。樹林帯の中の急な傾斜の山道をぐんぐんと高度を下げていく。栃谷の集落に着く直前に、社があったので楽しい山歩きができたことを感謝して手を合わせた。お茶畑や、最近藤野の名物として売り出し中の柚子の畑の横を通ってやがて栃谷の集落に入った。さらに下ってやがてバス道路に出て、陣場山登山口のバス停に着く。バスの時間を確認すると40分ほど待たないといけないので、重登山靴で舗装された車道を歩くのは辛いが、藤野駅まで歩くことにした。今日はバイクに乗らなくて良いので駅に着いたらビールを飲むのを楽しみにしていたのだが、駅に着いて時刻表を確認するとすぐに電車が来るようで、ビールを買うことができなかった。

Pb290025s Pb290031s Pb290039s Pb290053s

|

« 京都・修学院離宮 | トップページ | 井の頭公園(ポタリング) 2016.12.2 »

山行記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 京都・修学院離宮 | トップページ | 井の頭公園(ポタリング) 2016.12.2 »