« 葛城山~城山 2017.2.28 | トップページ | 箱根外輪山・明神ヶ岳~塔ノ峰 2017.3.11 »

鳥屋の福寿草 2017.3.8

一昨年、昨年と続けて行った鳥屋の福寿草群生地をポタリングで訪ねてきました。昨年は3月18日に行ってちょっと遅いかなという感じだったので、早目に行くことにしたのですが。

P3080068s

○ 鳥屋の福寿草(ポタリング) 2017.3.8(水) 晴

 新小倉橋(9:10)-長竹三差路・R412(9:35)-関(9:40)-宮之前・群生地(10:0010:40)-道場・群生地(10:4511:10)-鳥居原園地(11:2012:15)-オギノパン(12:4012:50)-新小倉橋(13:10)

 朝起きて外に出てみると猛烈寒い。外のバケツの水が凍っていた。なんとなく出かけるのを躊躇してしまったが、意を決し、寒さ対策をして自転車をこぎ出した。新小倉橋を渡り圏央道への入り口の近くにある電光掲示の温度計は7℃を表示していた。意外と気温は低くない。丹沢の山を正面に見ながら長竹三差路まで進みR412に入る。さらに進んで関の信号でR412を離れ鳥屋に向かう道に入る。その頃にはだいぶ体が温まってきたので、上に着ていたダウンを脱いだ。緩やかな傾斜を上がって行きやがて、鳥屋地域センターに着きその前の群生地に入った。入り口にこの周辺のマップがあり、それによるとここは宮之前というようだ。福寿草が群生している様子を想像しながら中に入ってびっくり。花がない。辛うじて残っている花も殆どが壊れかけている。昨年は18日に来てちょっと遅かったが、それでも結構楽しめた。今年は早めにと思って来たのだが、遅かったようで残念。それでも辛うじて残っている花を物色して見た。がっかりして外に出ると、さらにしばらく行った道場という場所にも群生地があるからそちらにも行ってみろという案内があった。しばらく鳥居原方向に上がって行くと、入り口に標識が出ていたのでは入った。こちらはまだ見頃の花が群れて咲いていた。ちょうどこの群生地の持ち主の方がいて、宮之前の花よりこちらの花の方が、花期が長いと言っていた。何故だろう。先ほどはがっかりしたが、こちらで楽しめたので来た甲斐があった。日射しを十分に浴びて黄色に輝く福寿草を楽しP3080099s_2 み 満足して道場の群生地を後にした。鳥居原の園地からは丹沢の蛭ヶ岳がかなり間近に見える。雪はだいぶ減ったようで、白馬の雪形がだいぶ崩れてしまってわかり辛くなっている。今日の天気は晴れるのは午前中まで。昼過ぎからは曇ってきて、所によっては俄雨があるという予報。予報どおり、昼を過ぎると雲が広がってきた。ここが所によってしまって俄雨があると嫌だなと、早目に帰ることにして、宮ヶ瀬湖の北側の林道を通って帰ることにした。宮ヶ瀬湖を右に見ながら進む。時折登りがあるが、大部分は下りで楽チン。やがてR412に出る。すぐにオギノパンがあったので、パンを食べてと思ったが鳥居原園地でちょっとボリュームのある昼飯を食べてしまったので、自動販売機のコーヒーを飲んでしばらく休んだ。串川橋の信号で小倉橋に向かう道に入ってしばらく行くと津久井広域道が近づいてきたので、そちらの道に入って新小倉橋に向かった。

P3080069s P3080076s P3080083s P3080090s
P3080102s 宮ヶ瀬湖

|

« 葛城山~城山 2017.2.28 | トップページ | 箱根外輪山・明神ヶ岳~塔ノ峰 2017.3.11 »

ポタリング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 葛城山~城山 2017.2.28 | トップページ | 箱根外輪山・明神ヶ岳~塔ノ峰 2017.3.11 »