« 鳥屋の福寿草 2017.3.8 | トップページ | 南高尾~一丁平 2017.3.19 »

箱根外輪山・明神ヶ岳~塔ノ峰 2017.3.11

2月は、定例会のメンバーで葛城山から城山を歩いただけ。久しぶりの山でハードなコースを敬遠したくて歩きやすい箱根の外輪山の山を歩いてきました。天気予報は、午後からは曇ってくるようだったが、午前中は晴れると言っていた。ところが雪が・・・・・・。期待した富士山の展望はなし。

P3110001s

○ 明神ヶ岳~塔ノ峰 17.3.11(土) 曇時々雪

 関本(7:00)=導了尊(7:107:20)-見晴小屋(8:308:40)-神明水(9:00)-明神ヶ岳(10:1010:20)-明星ヶ岳(11:3011:55)-塔ノ峰(13:15)-阿弥陀寺(13:45)-箱根湯本(14:05)

 自宅からの最寄り駅に早く着いて、予定していた電車より一本早い電車に乗れてしまった。その後の乗り継ぎが順調で関本(大雄山)には導了尊に行く一番のバスまで50分ほど待たないといけない時間に着いてしまった。待つのが辛くて、タクシーを奮発してしまった。道路上に電光掲示の温度計があって、5℃を示していた。いつものとおり歩き始める前に足腰を伸ばしたが、なんとなく腰に違和感があったので、意識して腰を念入りに伸ばした。空を見上げると、どんよりとした曇り空。予報では午前中は晴れると言っていたのに、約束が違う。最初から急な階段の登りでしごかれる。その後山道に入っても急傾斜の登りが続き、露出している木の根に摑まって体を持ち上げる。腰や一昨日痛めて心配した足にはとりあえず影響はなさそう。12体の小さな石の仏さんが並んでいたので、安全で楽しい山歩きを願って手を合わせた。薄日が出てきて、影ができるようになって約束どおりの天気になってくることを期待。スギ林の中を上がって行くが、何故か花はついていない。スギの木の根が山道の上に露出している。急な傾斜の登りでは体を持ち上げるのに頼りにするのだが、傾斜が緩むと足に引っ掛かりそうで邪魔。勝手なことを言うなと怒られそう。薄日は消えてしまった。高圧線の鉄塔では矢倉岳が見えたが、日が当たっていて羨ましい。見晴小屋の先では傾斜が緩んで、しばらく高度を稼げなくなってしまった。計画倒れのロープウエイの残骸がまだ残っている。西から南方向の展望が開けて相模湾の海が見えた。神明水には全く水がなかった。雪が降ってきた。晴れるという天気予報はどうなった。すぐに止むだろうと思ったが、しつこく降り続く。服が濡れてくるのは嫌だなと思い、寒くなってきたこともあってカッパを着ようとザックを下ろしたら、空が明るくなってきたのでカッパは着ないでそのまま歩き続ける。弱い日差しを感じるようになったが、見上げると太陽の下の雲がたまたま薄くなっただけのようで、すぐに日差しは感じられなくなった。雪は弱くなったが、相変わらず降り続いている。道の上や周りが白くなってきた。明星ヶ岳へつながる尾根に出ると正面に噴煙を上げている大涌谷が見えた。やがて明神ヶ岳の頂上へ登り着く。駒ヶ岳の頂上には雲がかかっているが、金時山、神山、大涌谷などは見えている。だが、今日一番の期待の富士山は雲の中に入ってしまっていて全く姿は見えない。残念。尾根の上はぬかっていて、油断すると滑りそう。こけないように注意しながら下る。右に大涌谷の煙を見ながら進む。雪の降り方が少し強くなってきた。もう予報どおり晴れてくることは諦めた。気温が上がって、雪が雨になることがないように願う。道の両側が背の高い笹薮になり眺めが遮られる。笹薮の中からガサガサという音が聞こえてきた。何か動物がいるのかな。雪が止み、日差しがしばらく続くので空を見上げると、いつからか青空が広がっていた。奥和留沢みはらしコースへの分岐を過ぎた先で西側の展望があり、富士山が下のほうだけ姿を現していた。やがて登り着いた明星ヶ岳は東西に長い頂稜。三角点は東の端にあるようだが見つけられなかった。鳥居、社がありその後ろに御嶽大神と彫られた大きな石の碑が立っている。笹薮に囲まれて展望はない頂上。一時広がりかけた青空は、小さくなってしまった。明星ヶ岳から先も両側の笹薮は続く。768は巻いていく。750m圏の手前でやっと笹薮が無くなり、自然林になって木間越しながら周囲が眺められるようになってきた。東から南方向に向きを変え急傾斜を下って高圧線鉄塔の下を通り、さらに下って林道に出た。数年前に歩いた時にキブシを見た記憶があるが、今回はその時より早いのか、全く見られない。しばらく林道を進み、塔ノ峰への尾根と交差するところで林道から離れる。東側の展望が開けているところがあり、大山から善波峠に下って行く尾根、丹沢山や蛭ヶ岳などの丹沢の山が展望できた。塔ノ峰の頂上は展望がないので水分補給をしてすぐに下り始める。竹林が出てくるとすぐに阿弥陀寺。桃(かな?)の花が咲いていた。阿弥陀寺からは舗装路になり、重登山靴ではちょっと辛かったが意外と早く湯本の駅に着いてほっとした。

P3110005s P3110007s

|

« 鳥屋の福寿草 2017.3.8 | トップページ | 南高尾~一丁平 2017.3.19 »

山行記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 鳥屋の福寿草 2017.3.8 | トップページ | 南高尾~一丁平 2017.3.19 »