« 丹沢・鍋割山 2017.4.17 | トップページ | 七沢森林公園 2017.4.25 »

奥多摩・サルギ尾根~御岳山奥の院 2017.4.24

今年はまだ山でカタクリを見ていない。それで、カタクリとイワウチワを期待して、奥多摩のサルギ尾根を上がり御岳山の奥の院まで歩いてきました。予報では晴れる約束だったが、時折日差しを感じたものの、曇っていることが多かったのが残念。

P4240005s P4240052s

○ 奥多摩・サルギ尾根~御岳山奥の院 17.4.24(月) 曇時々晴

 武蔵五日市(7:05)=大岳鍾乳洞入口(7:30)-イワウチワ群生地(9:009:10)-高岩山(9:35)-展望デッキ(10:0510:15)-上高岩山(10:20)-芥場峠(10:35)-奥の院(11:2011:40)-大塚山(13:0013:05)-鹿柵・車道(13:50)-古里(14:00)

 バスを降りる時にカードからの引き去り額をチェックしたら、時刻表に記載されている金額より安かった。月曜日で特別?今日は駅でバスが出る時間までかなり余裕があってその間にストレッチをしたので、バスを降りてすぐに歩き始める。登山口の養沢神社で、カタクリやイワウチワが楽しめること、安全な山歩きができることを願った。上空はどんよりとした曇り空だが、晴れるという約束を守ってくれることを信じて歩き始める。最初から猛烈な急傾斜の登りでしばらくシゴカれる。人口樹林帯の中であまり日差しが届かないだろうと思われるが、スミレが沢山咲いていた。やがて傾P4240003s 斜が緩んでホッとする。サクラの花びらが下に落ちていたので周囲を見回したが、サクラの木は見つけられなかった。既に殆どの花ビラを落としてしまっているミツバツツジが出てきた。又登山道の上にサクラの花びらが落ちているのが見られた。今度はちょっと離れたところに、木が有るのを見つけることができた。炭焼き窯跡の標識が出てきた。穴を掘ってあって、その内側に石を積んだ形態のものだった。微かながら陰ができるようになって、天気が良くなることが期待できるようになってきた。露岩帯の先の小さなピークの右側(東北側)の斜面が今日最初のイワウチワの群生が見られる斜面。日差しがなくてちょっと彩えないが、それでも花が楽しめる。さらに先に進むと先ほどのミツバツツジと違ってしっかりと花を残しているツツジが見られた。高岩山を越えて少し下ると、又イワウチワが出てきた。右側の尾根の山肌にはサクラの花が見られる。さらに上がると展望デッキがある。御岳山や日出山は良く見えているが大岳山の頂上には雲がかかってしまっている。少し先にある上高岩山のピークは芥場峠に向かう登山道から少し外れていて、数歩歩いて頂上を踏む。ちょうど太陽の下に雲の切れ間が来たようで、日差しが感じられるようになってきた。芥場峠から鍋割山や奥の院に向かう尾根道に入って少し行くと、カタクリが出てきたが、心配したとおりほとんどの花が閉じてしまっている。上空を見上げると青空が広がってきて、一度閉ざされた太陽からの日差しがまた感じられるようになってきた。そのためではないだろうが、さらに進むと花びらを開いてくれているカタクリが見られるようになってきた。やがて奥の院の頂上に登り着く。昼食を摂ってから北側の足場の悪い急斜面を下りて、イワウチワを観察する。前回来た時より花の数が少ないような気がする。この花は足場が悪い場所に咲くので、観察するのに非常に気を使う。植物は人間のことを考えて生える場所を選ぶなんていうことはしないだろう。先ほどまであった日差しが無くなってしまい、ちょっと彩えない。奥の院から下る途中で見られるカタクリはすっかり終わってしまっていて、花が辛うじて残っていても萎れてしまっているか、花は落ちてしまって葉だけがやっと残っているかだった。御岳山は奥の院に登ったので、省略させてもらった。旅館が並ぶ道の脇には、キケマン、ムラサキケマン、ニリンソウなどの花が見られた。富士峰公園のカタクリは大部分が既に萎れてしまっていたが、僅かに自分が来るのを待ってくれている花も数輪見られた。「今日きれいな花を見させてもらったから、来年の春まで休んで下さい。」と声をかけた。大塚山では水分補給をしてすぐに出発。あとは古里駅発14時11分発の電車を目指してひたすら下る。下の方に人家の屋根が見えてもうすぐだと思ったが、それからが長かった。鹿柵のすぐ手前にはシャガが咲いていた。鹿柵の扉を開けて外に出るとすぐに車道。車道をしばらく行って古里駅に着いた。

P4240016s P4240021s P4240024s P4240038s P4240067s P4240073s P4240083s P4240087s
P4240053s P4240062s P4240108s P4240114s  
P4240035s P4240090s P4240098s P4240105s P4240122s

|

« 丹沢・鍋割山 2017.4.17 | トップページ | 七沢森林公園 2017.4.25 »

山行記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 丹沢・鍋割山 2017.4.17 | トップページ | 七沢森林公園 2017.4.25 »