« 馬酔木(ポタリング) 2017.3.25   | トップページ | 相模川・八景の棚~小倉橋(ポタリング)  »

丹沢・ミツバ岳~屛風岩山 2017.3.29

ミツマタの花と富士山の眺めを楽しみに、ミツバ岳をプランし、歩いてきました。ミツマタはそれなりに楽しめましたが、富士山の展望は全くでした。雪が予想外に多く残っていて、雪景色も楽しんできました。

P3290009s P3290026s

○ ミツバ岳~屏風岩山 17.3.29(水) 曇

 新松田(7:15)=浅瀬入口(8:058:10)-滝壺橋・登山口(8:40)-ミツバ岳(9:5010:00)-権現山(10:5011:05)-二本杉峠(11:40)-951(12:10)-屏風岩山(12:4512:50)-二本杉峠(13:35)-細川橋BS(14:3514:56)=谷峨(15:25)

朝起きてフトンからでる時かなり寒く感じて覚悟したが、バイクで駅まで出るのは意外と辛くなかった。新松田からのバスからはあまりクリアーではないが進行方向の正面に富士山が見えた。かなり下まで白くなっている。箱根外輪山も白っぽく見える。浅瀬入口では5~6人の登山者が下りたが、自分と同じ方向に行くのだろうか。しばらく車道を歩いてから滝壺橋の先でミツバ岳への山道に入る。しばらくスギ林の中の急傾斜の登りが続く。冷たい風が感じられ、温まった体が冷やされる。スギ林の中に黄色い花をつけたミツマタが見られるようになってきた。世附川を挟んだ対岸の山のほぼこちらと同じ標高と思われる斜面に、雪が付いているのが見られた。頂上間近と思われる頃からポツンポツンと雪の塊が見られるようになった。鹿柵が出てきてそれに沿ってしばらく上がるとミツマタの林が出てくる。その林の中をさらに上がって行くとやがて頂上に登り着いた。鹿柵が破れた所をくぐって富士山のビュウポイントに行ってみたが、富士山は雲の中に隠れてしまったようで、眺めを楽しむことはできなかった。登山道の上に三脚を立てたカメラマンがミツマタの写真を撮っていた。ウ~ン!しばらくミツマタを楽しんで頂上を後にする。ミツバ岳を後にしてしばらく行くと、かなり白くなっている権現山が正面に見えるようになってきた。歩き始める頃は日射しがあって今日は暖かくなるような予感があったが、日が陰ってきて寒くさえ感じるようになってきた。標高900mを越えた頃から、雪の上を歩くようになる。やがて権現山からの尾根に合流し、さらに雪道を上がって頂上へ。靴が潜るほどの雪の量ではないが、念のためと思いスパッツを着けようとしたら、靴に引っ掛けるゴムが外れてしまっていてない。以前も同様のことがあってザックに入れる前にチェックをすることと反省をしたはずだが、全く学習されていない。権現山からは急傾斜の下りで滑らないように気を使う。地面が露出しているところがあり、滑ってこけるとズボンのお尻が泥だらけになってしまいそう。900mくらいまで下ると雪が無くなる。予想以上に雪が有り、天気もあまり良くないので、二本杉峠から下ることが頭をよぎった。峠から屏風山方向の雪の上にトレースがあれば進み、無ければ下ることにしよう決めたが、峠には雪がなくそのまま進むことにした。しかし、権現山の急傾斜の下りで時間がかかってしまい、屏風山を越えて大滝橋へ下ると2時台のバスに乗れなくなってしまいそう。エアリアマップを見ると屏風山から二本杉峠へ戻り、細川橋へ下る方がコースタイムが短かく、2時台のバスに乗れそう。ということで、そちらのコースをとることにした。峠からしばらくは急な斜面につけられたトラバス道を行く。尾根に戻ると痩せた尾根の急傾斜の登り。いずれも雪が有るとかなり嫌な感じだなと想像する。しばらくで傾斜が緩み、広い尾根になる。今度は踏み跡を外さないように注意して進む。ここでも標高が900mを越えた頃から雪が出てきた。ミツマタが出てきたが、殆どまだ花は開いていない。951を越え最後の100m程の登りを喘いで上がり屏風岩山の頂上へ登り着く。折角一生懸命で上がってきたのに展望はなし。急いでエネルギーと水分の補給をして登ってきたルートを二本杉峠まで戻り、峠で尾根から離れて細川橋方向に下る。しばらく下るとここでもミツマタが出てきた。細川橋のバス停に下るまでの間頻繁に出てきて、単調な下りを飽きないで下ることができた。バス停に近づくと日射しが戻ってきて、花が一層映えて楽しむことができた。

P3290003s P3290033s P3290043s P3290048s P3290049s
P3290007s P3290011s P3290034s

|

« 馬酔木(ポタリング) 2017.3.25   | トップページ | 相模川・八景の棚~小倉橋(ポタリング)  »

山行記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 馬酔木(ポタリング) 2017.3.25   | トップページ | 相模川・八景の棚~小倉橋(ポタリング)  »