« 沼津のタツナミソウ | トップページ | 狩野川・港大橋~韮山(ポタリング) 2017.5.4 »

伊豆・城山~発端丈山 2017.5.2

昨年の暮れに家族で葛城山にロープウエイで上がり、発端丈山まで歩いた。今回は、城山から発端丈山まで歩きたいという提案がありそれに従って歩いてきました。

P5020016s P5020042s

○ 城山~発端丈山 17.5.2(火) 晴

 大仁(7:25)-城山登山口(8:00)-分岐(8:45)-城山(9:009:15)-分岐(9:25)-益山寺分岐(10:25)-発端丈山(10:5511:40)-三津シーパラダイスBS(12:35)

 朝起きて富士山を見ると、雲がかかっていて見辛かったが、家を出る頃には雲がとれて、山からの眺めが期待できそうになってきた。大仁駅から狩野川を渡らないといけないのだが、何度か歩いているはずなのにどうやって渡るのか迷ってしまった。何とか狩野川大橋を見つけて狩野川を渡ることができた。橋から見える、城山の岩場はP5020002s 迫力がある。橋を渡って田んぼの畦道を通ると、蓮華が咲いていた。野川の公園では見たが、田んぼで蓮華を見るのはかなり久しぶりのような気がする。登山口ではロッククライマーが登る準備をしていた。登山道に入ってしばらく行くと藤の花びらが落ちていたので見上げてみたが、どこから落ちてきたのか見つけられなかった。体が温まってきて暑くさえ感じるようになってきたので、半袖Tシャツ1枚になる。黄色いキンポウゲの仲間と思われる花が出てきたが、ウマノアシガタだろうか。城山の頂上からは富士山が姿を見せてくれているが、ちょっとボンヤリとした眺め。この時期にクリアーな眺めを期待するのはちょっと無理かな。箱根や天城の山々もやはりモヤってしまっている。分岐に戻って発端丈山の方向に向かう。ここは常緑の広葉樹に囲まれた道で展望がなく、大きなアップダウンもなくて、単調に進んでいく。時折ツツジやホウチャクソウ、ナツトウダイ、城山の登りで見たウマノアシガタかなと思われる花が出てきて、単調さを紛らわしてくれる。観音様の石像の前を通ってしばらく行くと、葛城山の背面登山口の標識が出てきた。ロープウエイ側が正面で、こちら側が背面ということだろうか。名称のつけ方が面白く思われた。今日は葛城山へは登らないので、通り過ごす。益山寺への分岐に、発端丈山へ40分と書かれた標識が設置されていたのでそのつもりで登P5020037s_2 っていたら、意外にあっさりと頂上に登り着いてしまった。富士山には雲がかかり始めて、“頭を雲の上に出し♫”の歌のとおりになった。南アルプスは辛うじて存在がわかる程度の眺め。下の淡島や内浦湾、大瀬崎などの海の眺めは印象的。今日は良く晴れていて、日射しはたっぷりと感じられるのだが、樹林に囲まれていない頂上では、感じる風がちょっと冷たくて少し寒くなってきた。海の眺めを楽しみながら、日差しを浴びてのんびりと頂上で過ごしたかったのだが、昼食を摂ってすぐに頂上を後にした。少し下って樹林帯の中に入ると風を感じなくなり、暑くなってきた。下りは何箇所かで分岐があっていつも迷うのだが、今日は三津中央と書かれた標識に従って下ったら、三津シーパラダイスのバス停近くに下りることができた。

P5020004s P5020014s P5020019s P5020022s P5020028s P5020029s P5020030s P5020032s P5020046s

|

« 沼津のタツナミソウ | トップページ | 狩野川・港大橋~韮山(ポタリング) 2017.5.4 »

山行記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 沼津のタツナミソウ | トップページ | 狩野川・港大橋~韮山(ポタリング) 2017.5.4 »