« テニスコートの花 | トップページ | 調布野草園、神代水生植物園(ポタリング) 2017.6.20 »

相模川・厚木~小倉橋 2017.6.20

今日は多摩川に行こうかかなり迷ったが、相模川を選択した。3月には下溝からポタリングをしたが、今回はもうちょっと頑張って、相模線厚木駅から相模川散策路をポタリングしてきました。
Dscn3786s_2

○ 相模川・三川公園~小倉橋(ポタリング) 2017.6.17(土) 晴

 厚木(10:30)-相模川三川公園(10:45)-座架依橋(11:20)-新戸スポーツ公園(11:40)-三段の滝(12:00)-昭和橋(12:10)-望地弁天(12:40)-高田橋(12:4512:55)-相模川自然の村(13:25)-小倉橋(13:3513:45)-城山公民館(14:0014:10)

 今日は相模線の厚木駅がスタート地点。スタート地点の写真を撮らなくてはと、電車を降りる時まで考えていたのに、出発の準備をしている間にすっかり忘れてしまった。駅から相模原方向に向かってしばらく行くと、サイクリングロードという標識が出てきたでそちらに向かい、サイクリングロードに入る。簡易舗装のでこぼこ道で、お尻に振動が伝わってくる。鳩川に沿って進むようになり、やがて出てきた橋を渡ると相模三川公園。相模川、中津川、小鮎川が合流する地点ということのようだ。サイクリングロードは公園の先で終わり。昼飯を確保するために、コンビニを探さなくてはと表の通りに出るとすぐに見つかったので、昼飯を確保して、川の近くの道に戻る。やがて車が入ってこない快適な道になった。所々にベンチが設置されているので、それを利用して先ほど確保した昼飯を摂った。座架依橋の下をくぐって少し行くと新戸スポーツ広場というグランドが出てきて、子供たちが野球やサッカーをやっていた。新戸ということで、このあたりから相模原市に入ったようだ。相武台下駅方向を示す標識が出てきた。このあたりはその季節には芝ざくらがきれいで、それに関する看板が設置されていた。この道は芝ざくらラインと言うそうだ。また、5月の初めに大凧まつりがあって、大きさが14.5m四方、重さが950kgある大凧が上げられるそうだ。やがて三段の滝がかかる橋に着いた。三段目の滝は橋の下で見ることはできない。ここからは4月の初めに走ったところ。だが記憶はかなり曖昧。左には大山をなどの丹沢の山が見えている。昭和橋の手前にもグランドがあり、子供たちが野球をやっていた。昭和橋を過ぎさらに新昭和橋、広域水道の水路の下、圏央道の橋の下などを過ぎると田名向原遺跡公園の標識が出てきたが、1ヵ月ほど前にガイドさんの案内で見学したばかりなので、今回はパスする。田植えが済んだばかりの水田の先に望Dscn3791s 地弁天が。望地弁天は、前回は何となく通り過ぎてしまったので、今回は手を合わせ、頭を下げた。高田橋のすぐ先には、河口から28.6kmと書かれた標識が立っていた。意外と短いなと思った。さらにしばらく行くと道端の紫陽花がきれいな花をつけていた。大島に入ると、前回も苦しんだ坂道が何回か出てくる。大島のキャンプ場・相模川自然の村に下って行くか悩みながら自転車を走らせたが、下りずに先に進む道が、登り坂になっていたので、登り坂を敬遠してしまい、自然の村への下り坂に入ってしまった。自然の村から小倉橋の間はアユ釣りの釣り人が多かった。川の流れを眺めながらで、気持ちが良く進める。もう少し長ければよいのにと思う。自然の村に下った分、小倉橋からは登らないといけない。辛い登りにしばらく喘ぐ。

Dscn3780s 3段の滝は人工の滝
Dscn3782s 相模川散策路にはこんな標識が設置されている
Dscn3783s 大山など丹沢の山が辛うじて見えている
Dscn3788s Dscn3801s Dscn3807s



|

« テニスコートの花 | トップページ | 調布野草園、神代水生植物園(ポタリング) 2017.6.20 »

ポタリング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« テニスコートの花 | トップページ | 調布野草園、神代水生植物園(ポタリング) 2017.6.20 »