« 城ヶ島 2017.7.7 | トップページ | 大磯 2017.7.12 »

平標山 2017.7.8

前回は、今回より約1カ月早く行っていて、違う花が見られることを期待して平標山を歩いてきました。梅雨の中休みで、良い天気になることが予想される週末で、行き帰りの交通機関が混むことが心配でしたがそれほどの混雑はなかった。天気が良くて、猛烈暑かったけど、十分に楽しめた山歩きでした。

P7080022s P7080040s P7080050s P7080079s P7080105s

○ 平標山 17.7.8(土) 晴

 越後湯沢(8:20)=平標山登山口BS(8:55)-登山口(9:10)-高圧線鉄塔(10:15)-松手山(10:5011:00)-平標山(12:2512:40)-山ノ家(13:10)-林道(13:40)-水場・ゲート(14:1014:20)-登山口(14:45)-平標山登山口BS(15:0515:55)=越後湯沢(16:30)

 東京駅まであまりにもスムースに行けて、予定よりだいぶ早く着いてしまい、東京駅でだいぶ待ってしまった。越後湯沢行きの電車は、山の格好をした人が多かった。今日の山は人が 多いのだろうか。上毛高原でだいぶ下りたが、尾瀬かな?谷川かな?越後湯沢からのバP7080145s_3 スも乗客が多く、座れない人がいるほど。バス停には、ノコギリソウが咲いていた。登山口に行く途中では、ニッコウキスゲが見られた。平元新道・松手山と並べて書いてある標識がある分岐があったが、それおかしいよなと思ってさらに進むと駐車場に入ってしまった。キジ場があり、キジを済ませることができて結果オーライ。登山口でしようと思っていた足腰のストレッチをここで済ませて、登山口に向かう。先ほどの標識は、分岐からしばらく行ってから、平元新道への道と松手山への道が分かれるということで、納得。自分は、松手山への山道に入る。急傾斜の登りが初めから続き結構辛いが、樹林帯の中で涼しいのが助かる。バスに乗ってきた登山者も多かったし、駐車場に止まっている車も多かった。やはり登山者は多そうで、次々と追い越して行く。ツツジが出てきたが、殆ど萎れてしまっている。蝉が元気に鳴いている。やがて高圧線鉄塔に登り着いたが、ここの標高が2.5万図では1411mとなっているが、腕時計の高度計を見ると1410mを示している。きょうは標準気圧ということかな。何人かの人が休んでいたが、水分補給だけして先に進むことにした。ツツジが咲いていたが、先ほど見たものよりは元気そう。周囲に木が無くなって暑い!しばらくで再び樹林帯に入ってホッとする。しかしそれも束の間で、樹林帯を完P7080049s_2 全に抜け、日当たりが良好なところを歩くようになる。展望は開けてきて、松手山が間近に見え、その先に平標山の頂上が望めるようになった。シャクナゲが出てきたが、殆どの花は萎れてしまっている。それでも僅かだが、元気なものも残ってくれていて楽しませてくれる。松手山からは、苗場山が眺められたが、雪がまだ残っている。ツマトリソウやハクサンチドリ、カラマツソウの仲間と思われる花などが出てきた。傾斜がさらに急になって木の階段を登るようになると、今度はシオガマが出てきた。さらに紫だけではと、白いツバメオモトと思われる花も出てきた。これらの花々が交互に出てきて、急傾斜と強い日射での辛い登りを励ましてくれる。急傾斜を登りきり、1890mくらいで傾斜が緩みホッとする。ハクサンイチゲはもう遅いのかなと諦めかけた頃、出てきた。この山を登る大きな楽しみの一つが、この花を見ることなので、苦しい登りを頑張ってきた甲斐があった。最後30m程登って、頂上へ。前回はこの最後の登りで足がつってしまって、苦しい思いをしたが今回は無事に登りきれた。登りで、何故か時間が予定よりかかってしまったので、昼食を食べて早々に下る。下り始めるとすぐにサクラソウ、イワカガミ、イワイチョウが出てきた。バスの時間が心配で気が急くが、思わず立ち止まってしまう。まだ蕾のシャクナゲが出てきた。ハクサンイチゲと同様もう遅いのかなと思っていたワタスゲ。最初に見たのは、道からだいぶ離れたところにやっと残っている感じだったが、さらに下ると間近に見られた。待ってくれていたことに感謝する。仙ノ倉山の、ここから見える斜面には雪が残っている。山の家で冷たくて美味しい水を飲ませてもらい、元気が出たところで、林道への下りを頑張る。この下りは、ブナ林の中の大変気持ちが良い道で林道まで一気に下ってしP7080113s_2 まった。頂上からここまで頑張ったおかげで、バスには余裕で間に合いそうになった。堰堤でせき止められてできた池に枯れ木が立っているという、上高地の大正池をちょっと思わせる眺めをしばらく楽しむ。登山口には、かなり早く着いてしまった。バス停まで、途中に咲いている花を楽しみながらゆっくりと行った。それでもバスが来る50分ほど前にバス停に着いてしまい、その周囲をうろうろとしたり、記録の整理などをしてバスを待った。道路上に電光掲示の温度計があり、着いた時には27℃を示していたが、バスが来る頃には1℃下がって26℃になった。良い天気の週末で、越後湯沢からの新幹線が混むことを心配したが、ガラガラだった。

P7080006s P7080010s P7080013s P7080026s P7080042s P7080054s P7080059s P7080064s P7080069s P7080072s P7080077s P7080082s P7080085s P7080089s P7080090s P7080091s P7080106s

|

« 城ヶ島 2017.7.7 | トップページ | 大磯 2017.7.12 »

山行記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 城ヶ島 2017.7.7 | トップページ | 大磯 2017.7.12 »