« 四季の森公園 2017.9.13 | トップページ | ルツェルン音楽祭 »

境川~尾根緑道(ポタリング)  2017.9.19

モールトンにしばらく乗っていなくて、分割、組み立てのやり方を忘れそう。それはまずいなと思い、多摩川をポタリングしようと家を出たのだすが・・・・。

Dscn3980s Dscn3986s

○ 境川~尾根緑道(ポタリング) 2017.9.19(火) 晴

 橋本・寿橋(9:25)-境川・山根橋(10:05)-横浜線(10:20)-小田急線(10:35)-西田スポーツ広場(10:50)-東京女学館大学(11:05)-町田(11:3511:55)-尾根緑道入口(12:20)-尾根緑道出口・R16(13:1513;35)-相原(13:45)

 駅に着いて、自転車を電車に乗せるために分割をしようとしたら、六角レンチがあるべき場所にない。エーッ!レンチがなければ、自転車を分割させることができない。分割することができなければ、電車に乗せることはできない。ということで、多摩川に行く計画はダメになってしまった。今更引き返すのは癪なので、電車に乗らなくても行けるコースを考え、ちょっとマンネリかなとも思ったが、境川から尾根緑道をポタリングすることにした。橋本の寿橋で境川沿いの自転車道路に出る。赤い彼岸花が目についた。白と赤の彼岸花が並んで咲いているのも見られて、しばらく自転車を止めてしまった。道の両側には、近所の方が育てていると思われる花や、川原の野草の花が見られる。この時期に多く見られるのは、先ほどから続けて見られる彼岸花、そしてコスモス。その他にも名前の分からない花がいくつか出てきた。大きなレンズを付けたカメラを持ったカメラマンが何人かいたが、カワセミかな。レンズが向いている先を見てみたが、それらしい姿を確認することはできなかった。カワセミを 見ることはできなかったが、サギが魚を待ち構えていて、何匹か捕まえて口の中にDscn3992s_2 入れる様子が見られた。魚が通る道がわかっているようで確実に捕まえている。昔は境川というと汚い川というイメージが強かったのだが、こんなに魚がいるようになったのかと、ちょっと嬉しい気持ちになった。でも食べられる魚は可哀そう。小田急線の下をくぐってからどこまで行こうか考えたが、かつて放送大学の試験の場所になっていた東京女学館大学が、新入生の募集をやめてどうなったか行って見ることにした。門の前まで行くと、扉がしっかりと閉められていて、学生など人がいる気配はない。廃校になってしまったのかな。何年か試験を受けるために通った場所で、寂しい。町田まで戻り、さらに境川を遡る。来る時に魚を捕まえていたサギがいた所を通ると、同じ場所で魚を狙っていた。桜美林大学が近くにある宮前橋で境川を離れて、尾根緑道に入った。この時期の尾根緑道は花は全く見られず、紅葉にはまだ早くてひたすら自転車をこぐだけだった。ただ、道の上に一昨日の台風の影響だろうか、木の枝がかなり落ちていてそれが自転車に引っかかり、走り辛かった。尾根緑道を出て国道16号に出るとすぐにあるコンビニで、癖になってしまったアイスクリームを食べて人心地をしてから、国道16号、町田街道を通って相原へ。

Dscn3977s Dscn3981s Dscn3983s Dscn3984s Dscn3979s Dscn3985s Dscn3998s Dscn3999s Dscn4000s Dscn4007s Dscn3987s

|

« 四季の森公園 2017.9.13 | トップページ | ルツェルン音楽祭 »

ポタリング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 四季の森公園 2017.9.13 | トップページ | ルツェルン音楽祭 »