« 日向薬師 2017.9.26 | トップページ | 八ヶ岳・八柱山、蓼科山 2017.10.1、10.2 »

松ネッコ~中双里~高登谷山 2017.9.30

高校の同期会を佐久でやった。それでSHOさんが山をプランしてくれた。1日目は、信州峠から奥秩父・小川山への尾根(山梨県と長野県の県境になっている尾根)にある松ネッコから北方向に向かう尾根を、中双里を通って高登谷山まで。昨年信州峠から県境尾根を歩いた時に見た、岩峰を通るプラン。この岩峰の前後が超激藪で、石楠花地獄を体験しました。

○ 松ネッコ~中双里~高登谷山 2017.9.30(土) 曇後晴

 須玉IC(4:45)=三鷹市自然の村手前・登山口駐車場所 (5:255:50)-尾根(6:15)-1915(7:057:15)-松ネッコ・2101m圏(8:20)-大双里(8:358:45)-高圧線鉄塔(9:35)-1986(10:30)-1740コル(12:35)-高登谷山南峰(13:0013:05)-高登谷山本峰(13:1513:25)-南峰(13:35)-林道(13:55)-駐車場所(14:15)

 中央道の須玉ICで下りる。川上村の高登谷高原の別荘地帯をぬけて三鷹市の施設に向かい、施設の入り口近くにある駐車スペースに車をとめる。車の温度計が7℃を示していた。1桁の温度を体験するのは夏以降初めて。寒い。上空は雲に覆われている。晴れ男を自認するSHOさんに頑張ってほしい。しばらく林道を歩いてから、沢を渡って尾根に向かって上がって行き、やがて尾根に乗った。微かな踏み跡があり、時折マーキングが出てくる。ロープが張ってある箇所があり、滅多に歩く人がいないと思われるこんなヤブ尾根で何故?とかなりビックリ。これから行く1986の岩峰が木の間から見える。“境”と書かれた杭が埋められていた。やがて高圧線鉄塔が近くに見え、さらに上がって1915で長野県と山梨県の県境尾根に出る。ここは昨年今回と同様SHOさんと信州峠から歩き、引き返したピーク。ここから東方向へ県境尾根を進む。途中の2004m圏のピークは巻いていくが、県境もこのピークを外れて引かれている。何故だろう?薄日を感じるようになってきた。松ネッコ・2101m圏で県境尾根を離れて、北方向に向かう尾根に入る。三角点のある大双里を越え、岩峰の中双里へ。岩峰の上に立つと展望が開け北岳、甲斐駒ヶ岳などの南アルプスそして赤岳、横岳などの八ヶ岳さらに五丈岩が突き出た金峰山や岩稜の瑞牆山などが眺められた。ここから西方向に行かないといけないのを北方向に向かってしまい、修正するのに苦労。この頃から石楠花の藪漕ぎが始まった。やがて1987m圏手前の高圧線鉄塔の下に出た。こんな藪尾根に、こんな巨大な建造物を建てたことそしてこの施設を管理するために巡視している方がいることに大いに感心してしまった。ここからがいよいよ今日の山のハイライト、激藪・石楠花地獄が始まる。SHOさんに言わせるとこんなの激ヤブじゃないよということだが、自分にとっては超激藪。1970m、1986mと続けて岩峰が出てくるが、いずれも正面は切り立っP9300013s た岩場で登れそうもない。向かって右側が樹林帯になっているのでその中を上がって行く。微かに踏み跡らしきものがあり、マーキングも時折見られるが、石楠花に行く手をしばしば阻まれる。石楠花はきれいな花を見せてくれる非常に好ましい植物だったが、今日はすっかり悪いイメージを持ってしまった。少しでも空いているところを見つけて強引に進んでいく。そんなことで周囲に気を配る余裕がなく岩に頭を思いっきりぶつけてしまった。痛かった!!その後同じところを木の枝に何度かぶつけてその都度痛い思いをする。石楠花の枝が密集したところを進むので、周囲の様子がわからず方向を見失いがち。方向を確認しながら慎重に進む。傾斜が緩み藪もなくなったのでやっと解放されたかと思ったが束の間で、岩稜そしてその先で藪が又出てきて、再び緊張を強いられた。高登谷山とのコルが近づいた頃、やっと緊張から解放された。しかし今日の山は最後までしごいてくれる。コルから高登谷山南峰までの約140m登りがかなりの急傾斜。藪の中を歩いてきたのでかなり足に来ていて、辛かった。やっとの思いで南峰に登り着き、三角点のある本峰まで行かなくてはと、気を引き締め直して本峰へ。やっと青空が広がってきて、八ヶ岳の眺めが朝に比べると、クリアーに見えるようになってきた。奥秩父の金峰山そして瑞牆山の岩稜の姿が非常に格好良いのだが、ちょうど前に高圧線鉄塔が建っていて・・・・。北岳、甲斐駒ヶ岳などの南アルプスも見えているのだがこちらはモヤがかかってきてしまい、ボンヤリ。下には高原野菜を作っている畑が広がっているのが見えた。しばらく眺めを楽しんでから下ることにする。南峰とのコルに下って行く踏み跡があることを期待したのだが、無い。やむを得ず、南峰に登り返してから駐車場所に向かって下る。下りもかなりの急傾斜で、油断するとズルッといってこけてしまいそうで、気が抜けない。やっと林道に下りて、気を抜くことができた。やがて駐車場所に着いた。今日の宿泊施設に行く途中正面に浅間山が見えたが、かなりの量の煙を吐いていた。

P9300002s P9300003s P9300010s P9300018s

|

« 日向薬師 2017.9.26 | トップページ | 八ヶ岳・八柱山、蓼科山 2017.10.1、10.2 »

山行記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 日向薬師 2017.9.26 | トップページ | 八ヶ岳・八柱山、蓼科山 2017.10.1、10.2 »