« 尾根緑道(ポタリング) 2017.10.18 | トップページ | 奥多摩・三頭山 2017.10.27 »

高ボッチ山 2017.10.21

山梨県の北杜市で田舎暮らしを始めたTSUGIさんのお宅にお世話になっての、学生時代の山の会のOB有志での合宿。今年は3回目で、一昨年も昨年もTSUGIさんの家の前からは、北岳や甲斐駒ヶ岳、八ヶ岳などの眺めが楽しめたのですが今年は天気に恵まれず、全く見ることができませんでした。今年の山は展望が360度楽しめるという高ボッチ山を目指しましたが、山はガスに覆われて眺めは全くなし。ということで、カメラを出す機会が全くありませんでした。

○ 高ボッチ山 2017.10.21(土) 曇

 荷直峠・駐車場所(9:05)-高ボッチ山(10:2010:35)-自然保護センター・昼食(10:5011:15)-駐車場所(12:05)

 中央道を岡崎ICで下りてR20を西方向に進む、塩尻峠でR20を離れて林道に入る。少し行くと旧中山道が横切っていて、大きな石碑や富士浅間神社と書かれた社があった。林道はしばらく行くとダートの細い道になって、ちょっと緊張して進む。やがて着いた荷直峠と書かれた標識があるところが、林道の終点。車を駐車して歩き始める。周囲はガスに覆われていて、ほとんど感じないが軽く霧雨が降っている感じ。濡れた草が山道を覆っていてズボンを濡らしそうなので、ズボンだけカッパを着けた。標高が1400m位の所だが気温は意外と寒くない。最初からかなりの急傾斜の登りで、しばらくしごかれる。下が濡れているので、滑りそうで下りが心配。150m程登ると周囲の木が低くなり、傾斜が緩んできたというか、殆ど平坦になり、やがて車道に出た。東(左)方向に行くと、牧場や草競馬の競馬場があるようだが、山頂へは反対(右)方向に進む。しばらく行って車道から離れて山道に入り、さらに緩やかに登って高ボッチ山の山頂に着いた。周囲はガスに覆われていて厚い白いカーテンがかかっているようで、展望は全くない。展望盤があったので、それを見ると八ヶ岳や北アルプス、南アルプスさらに富士山などなど360度の展望が楽しめるようだ。次回、天気の良いときに又来てみたい山だ。宿題の山が又できてしまった。しばらく富士山の見える様子、八ヶ岳の姿などを想像して時間を過ごしてから、頂上を後にする。少し下ると、自然保護センターの建物があった。中には入れなかったが、外にベンチがあったので、そこで昼食を摂った。下りは上がって来た道を下る。かなりの急傾斜で、滑ってこけないように慎重に下って行く。何とかこけないで無事に駐車場所まで下りることができた。帰りは、諏訪湖に寄って天竜川が始まる釜口水門を見たり、御柱祭で知られる諏訪大社の上社本宮に参拝をして戻った。

|

« 尾根緑道(ポタリング) 2017.10.18 | トップページ | 奥多摩・三頭山 2017.10.27 »

山行記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 尾根緑道(ポタリング) 2017.10.18 | トップページ | 奥多摩・三頭山 2017.10.27 »