« 蛭ヶ岳~檜洞丸 2017.11.28~29 | トップページ | 京都・仙洞御所 »

乾徳山、小楢山 2017.12.2~3

例年のSHOさんとの忘年山行。今年は乾徳山の避難小屋が改築されて新しくなったということで、そこに泊まって乾徳山に登ってきました。それと自分のリクエストで、登っていない小楢山を歩くというプランを作ってくれました。2日とも良い天気で、山歩きそして忘年会を楽しんできました。

Pc020007s Pc020020s Pc030029s Pc030044s

○ 乾徳山、小楢山 2017.12.2()12.3() 

12月2日(土) 晴

若葉台(4:10)=高尾山IC(4:20)=勝沼IC=徳和駐車場(5:506:20)-登山口(7:00)-銀晶水(7:357:40)-錦晶水(8:408:50)-高原ヒュッテ・避難小屋(9:009:10)-扇平(9:45)-乾徳山(10:4011:10)-黒金山分岐(11:15)-高原ヒュッテ(12:15)

 徳和のバス停前の駐車場に車を入れる。既に何台かの車が入っていたが、乾徳山に登るあるいは登っている人たちの車なのだろうか。準備をして歩き始める頃になると明るくなってきた。今回は避難小屋泊まりということで、テントこそないが食料、炊事器具を持っての山で荷が重い。コースタイムでは避難小屋までは2時間ほどだが、久しぶりなのでかなり不安。蛭ヶ岳への山から2日しか間が空いていないこと、昨日の夜腰が痛かったことなどが不安を増している。しばらく自動車道を進むと登山口が出てきて、ここから登山道になる。登山道といっても幅の広い道。大きな石がゴロゴロしていてちょっと歩きにくい。上空は青空が広がっているが日差しは届いていない。体がなかなか温かくなってくれない。林道を横切り、既に殆ど葉を落としているカラマツ林に入った。この頃から木間越しだがやっと日差しを感じるようになった。昨日感じた腰の痛みは、今のところ感じない。銀晶水は、パイプからポタンポタンとやっと垂れている程度で、水を汲むことはできない。見上げた空は、真っ青。さらに上がった錦晶水は水量があり、水が確保できた。水場から少し行くと正面に、これから向かう頂上が見えた。Pc020001s さらに少し行って今晩お世話になる避難小屋へ。小屋は高原ヒュッテという立派な名前で、営業の小屋と誤解しそう。サブザックを取り出して、乾徳山を往復するのに必要な水、食料等を詰めて頂上に向かう。国師ヶ原から道満尾根に向かう途中で、我々を観察している鹿さんに出会った。振り返ると南アルプスが見えるが、部分的にしか見えないので、山座同定がし辛い。月見岩と標識に書かれた岩があるところで道満尾根に乗った。扇平を過ぎてさらに上がって行くと、髭剃り岩、雷岩などと標識に書かれた岩が出てくる。岩場が何箇所か出てくる。岩場を登るのは久し振りなので、鎖に頼ったかなり強引な登り方になってしまう。やがて頂上のすぐ下の鳳岩へ。まだ小学校に上がる前と思われる二人の子供が、父親・母親のリードで軽やかに上がっていた。それを見て自分も軽やかにと思ったが、そうはいかずやはり鎖に頼った強引な登りPc020022s で頂上へ登り着いた。頂上からはまさに360度の展望。まずは富士山。5合目あたりから下には雲がかかっていて、裾野を隠しているがそれはそれで良い眺め。そして先ほどから見えている南アルプス。甲斐駒から聖岳までほぼ全山見えている。双耳峰の笊ヶ岳も見えている。そして五丈岩の立つ金峰山。眺めを十分に楽しんで、頂上を後にする。下山は頂上の北側へ降りる。僅かだが雪が残っていて、それが凍っているところもあって緊張して進む、少し行って黒金山に向かう尾根から離れる。かなり急傾斜の岩がゴロゴロした登山路を、気を使いながら下って行く。やがて傾斜が緩み、白樺林の中の高原ヒュッテに戻った。
Pc020009s_2 Pc020011s Pc020015s Pc020018s

12月3日(日) 晴

 高原ヒュッテ(6:15)-道満山(7:107:20)-徳和峠・林道(7:50)-徳和駐車場(8:008:15)=焼山峠(9:5510:05)-小楢山(10:0510:25)-焼山峠(11:1011:20)=勝沼IC(12:20)=相模原IC(13:15)=若葉台(13:20)

 小屋が建っている標高は、今週火曜日に泊まった丹沢・蛭ヶ岳とほぼ同じだが、4日間で季節がいきなり進んだようでかなり寒かった。小屋を出たのは6時15分頃だったが、まだ暗くてヘッドランプを点けて歩き始める。昨日は国師ヶ原の十字路を右折して、月見岩に向かって上がって行くルートをとったが、今朝は十字路から直進をするルートを進む。しばらくで明るくなってきたのでヘッドランプのスイッチを切る。「関東の富士見百景 三富からの富士」という看板が出てきた。確かに富士山が見えているが、前の木がちょっと邪魔している。こんなことを言うと木を切ってしまうかもしれないので、言わないようにしよう。少し行くと前の木がなくて、すっきりと富士山が見えるところがあった。ここに先ほどの看板を設置したほうが良いのにPc030034s_2 と 思ってしまった。6時50分、木間越しの日の出を拝み、やはり木間越しにモルゲンロートの富士山を見た。今朝の富士山は、頭に帽子をかぶっている。道満山の頂上は松林の中。三角点が置かれているが、展望はない。落ち葉が積もった山道を下って行く。落ち葉が積もっているので、落ち葉の下がどうなっているのかわからず、気を使いながらの下りになる。1000m位まで下ると、人工林の中に紅葉した木(紅葉ではなくて、枯れた葉?)が見られるようになった。徳和峠で、林道に出た。ここまでバスで送ってもらったのだろうか、十数人のパーティーが歩き始める準備をしていた。しばらくで徳和の駐車場に着いた。今日はここから車で焼山峠まで移動して小楢山に登る計画。移動時間45分程で焼山峠の駐車場に車を入れた。子授け地蔵が置かれているところから小楢山に向かう山道に入る。お地蔵さんの周りには恐らく子供を授かることを願ってなのだろう、小さなお地蔵さんが何体か置かれていた。峠から小楢山の頂上までは標高差が100m程だが、アップダウンがあって100m以上登らないといけないようだ。SHOさんがとばすので、着いていくのが大変。着いていけなくてしばしば離れてしまった。新道と旧道との分岐が出てきた。新道はピークに向かってかなりの急傾斜を上がって行く。旧道はピークを巻いていく。迷うことなく、旧道を行く。旧道と新道とが合流するところに、的岩という岩があった。一杯水は流れはなく、たまり水。小楢峠に向かう道と分岐して小楢山山頂に向かう最後の登りにかかる。しばらく喘いで頂上へ。昨日登った乾徳山の岩の頂上と違って、こちらは草地の広場になっている頂上。まず目に飛び込んできたのは富士山。だが、かなり濃くモヤがかかってしまって、ボンヤリとしてしまっている。徳和から焼山峠に移動する途中で見た富士山には頂上の上に何重かに積み重なった感じの雲(傘雲で良いのかな~)が乗っていたが、積み重なりが崩れて流れる形の雲になっていた。南アルプスは南部の赤石岳や聖岳、上河内岳そして昨日も見た前衛の笊ヶ岳などは見えているが北岳や甲斐駒ヶ岳は木に隠れてしまっている。展望版が置かれていたのでそれと照合すると毛無山、三ツ峠、御坂の黒岳、御正体山など富士山周辺の山々が確認できた。北方向は木があって見辛いがちょうどすき間があって、五丈岩の金峰山が確認できた。焼山峠に向かう途中、雲が広がってくることがあってちょっと心配したが、今は青空がいっぱい。日差しそして眺めをしばらく楽しんで、頂上を後にする。下りでは新道と旧道と分かれているところでは、新道を行った。新道は展望が良いようなことが標識に書いてあったような気がして、頂上では木に隠れていた北岳や甲斐駒ヶ岳、八ヶ岳などが眺められるかと期待したが、こちらも木に囲まれていて眺めは殆どなかった。勘違いかな。何度かアップダウンを繰り返して焼山峠へ。天気の良い日曜日で、焼山峠まで車で来れば手軽に歩ける山。大勢の登山者がいるかと思ったが、意外と少なかった。
Pc030030s Pc030037s Pc030040s Pc030042s Pc030043s


|

« 蛭ヶ岳~檜洞丸 2017.11.28~29 | トップページ | 京都・仙洞御所 »

山行記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 蛭ヶ岳~檜洞丸 2017.11.28~29 | トップページ | 京都・仙洞御所 »