« 丹沢  | トップページ | 四季の森公園 2018.2.13 »

丹沢・鍋割山~塔の岳 2018.2.12

までの道には雪が殆ど無くなり、バイクで駅まで出ても遭難する心配がなくなった。ということで、ブナ林の雪景色を期待して丹沢の鍋割山から塔の岳を歩くプランをして、歩いてきました。

P2120007s

○ 丹沢・鍋割山~塔の岳 2018.2.12(月) 晴

 渋沢(6:48)=大倉(7:007:05)-二俣(8:258:30)-尾根(9:25)-鍋割山(10:2010:45)-金冷シ(11:55)-塔の岳(12:1512:30)-花立(13:05)-大倉(14:5015:00)=渋沢(15:26)

 家を出るとき、空を見上げるときれいな形をした三日月がきれいに見られた。今日の良い天気を約束してくれているようだ。渋沢からのバスは、座れない人が出るほどいっぱい。良い天気の休日ということなのだろう。バスの中で、何度か登山届の提出を促す放送をしていた。そのためではないが、登山口で登山届をポストに入れ、ストレッチをして歩き始める。冷たい風が吹いていて、寒い。そのためか速足になってしまう。しばらくで林道に出ると、周りの山が遮ってくれるのか風を感じなくなった。周囲には雪が全く見られない。林道はずっと日陰だったが、二俣を過ぎると日向が出てきて暖かく感じた。ミズヒ沢を渡るところには凍った雪が道の上を覆っていて、滑らないように慎重に進む。後沢乗越への登りにかかってしばらく行くと、踏み跡が薄くなってルートがわかり辛くなった。変だなと思って周囲を見回すと、少し離れたところを登山者が歩いている。登山道を外してしまったようで。戻ろうかと思ったが、かなり下らないといけない、しばらく行けば正規の道に戻りそう、ということでこのまま上がって行ったが、猛烈な急傾斜でかなり消耗した。後沢乗越の少し上で、鍋割山に上がって行く正規のルートに出た。尾根では、冷たい風を感じる。先ほどの急傾斜の登りで暖まった体が、一気に冷えてしまった。正面に鍋割山から塔の岳に向かう鍋割山稜が見えた。雪は殆どなさそうだが、白い筋が尾根近くに見られる。登山道には雪があるということのようだ。1000ⅿを越えた頃から雪が出てきて、時折雪の上を歩くようになる。富士山の方向に、木間越しではっきりはしないが、雲があるようでちょっと心配。地形図を見誤ったようで、もう少しで頂上と思ったのになかなか着かなくて、ちょっとイライラした。頂上の少し手前から突然といった感じで雪が多くなった。やっと頂上に登り着いた。心配だった富士山は、少しクリアーさに欠けるが見えた。先ほど見た感じではこれから向かう鍋割山稜の山道には雪がありそうなので、スパッツ、アイゼンを着けて、鍋割山稜に入る。時折地面が露出しているところもあるが、大部分は雪の上を歩く。今日一番の期待は、ここのブナ林の雪景色。雪がP2120018s 覆っていない所もあって真っ白でないのが少し物足りないが、まあ良しとしよう。かなりモヤっているが、真鶴半島が突き出ている相模湾を眺めることができた。初島も見えている。大丸を越える頃から、バテてきたのかちょっと足が重く感じるようになってきた。後沢乗越への登りで登山路を外してしまい猛烈な急傾斜を登ったのが、今になって効いて来たようだ。大丸を越えて、金冷シへは意外と早く着いたのだが、ここから塔の岳までの100m程の登りが長くて辛かった。やっと塔の岳に登り着いてしばらくゆっくりしたいと思ったが、頂上は冷たい風の通り道でゆっくりできる感じではなかった。ちょっと雲がかかった富士山、丹沢山、蛭ヶ岳とその横の今日は控えめの三ツ峠の眺めを楽しんで、早々に頂上を後にした。ばか尾根を歩くのはかなり久しぶりのような気がする。金冷シを過ぎてしばらく行くと、雪の上を歩くことが少なくなり、アイゼンをいつ外すか悩みながら下るようになる。下から上がってくる登山者とすれ違うが、アイゼンを履いていない人が殆ど。花立のすぐ手前に雪があったので、そこを歩いてアイゼンをきれいにして脱いだ。ここから先では雪の上を歩くことは殆どなくなった。久しぶりのばか尾根だがやはりかなりうんざりする下り。この尾根を登ろうとする人たちを、偉いなと思ってしまう。もう限界だと思う頃やっと大倉に下り着いた。既にかなりの人数の行列ができている。増発なのか、定時より早めに出た。渋沢からの電車も混んでいることを心配したが楽に座ることができ、電車の中で記録の整理ができた。

P2120006s P2120010s P2120023s P2120026s_2 P2120029s P2120035s

|

« 丹沢  | トップページ | 四季の森公園 2018.2.13 »

山行記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 丹沢  | トップページ | 四季の森公園 2018.2.13 »