« 氷の造形&春の足音 2018.1.30 | トップページ | セツブンソウ・節分草 2018.2.7 »

南高尾~高尾山 2018.2.4

雪が降って、駅までバイクで出るのが怖い。でも雪のある山を歩きたい。ということで、バイクで駅に出る必要がない、南高尾から高尾山を歩いてきました。天気が今一で、期待した富士山や丹沢の眺めを楽しむことはできなかったが、それなりに雪があって楽しいスノーハイキングでした。

P2040010s P2040016s P2040023s

○ 南高尾~高尾山 2018.2.4(日) 曇時々晴

 都井沢(7:20)-城山発電所(8:05)-三沢峠(8:408:50)-ベンチP(9:45)-中沢山(10:05)-コンピラ山(10:2010:30)-大洞山(10:45)-大垂水峠(11:05)-小仏城山(12:0512:25)-高尾山(13:20)-稲荷山(13:5514:05)-高尾山口(14:35)

 朝、外に出て空を見るとどんよりとした曇り空。出る直前にチェックした、時系列の天気予報では6時から9時が曇で9時以降は晴となっていた。とりあえず予報どおりということだろうか。気温はそれほど下がってはいないようだが、風が少しあってちょっと冷たい。丹沢の展望台に寄ってみたが、丹沢は全く見えない。城山湖に向かう車道を上がって行くが、途中に「積雪通行止め」の看板が出ていた。道路の上には殆ど雪は見られないが、所々で道の上を覆っているところがある。発電所までもう少しというところで、一気に雪の量が増えた。発電所を過ぎて、車道から離れるところでスパッツを着ける。スパッツを着けるのはかなり久しぶりで、ちょっと手間取ってしまった。上空は雲が薄くなってきて、青空が見えるようになってきた。ただ、北側の低い位置にはガスがあって、近くの山が見えない。三沢峠を過ぎた頃から雪の量が増えてきたが、トレースがあって歩くのに支障はない。雪の量は、くるぶしが埋まる程度。日当たりが良いところなのだろうか、地面の露出しているところもある。激しく、地面が掘られているところがあった。イノシシの仕業だろうか。ベンチPと勘違いして一つ手前のピークを上がってしまった。トレースは全くなかったが、動物のものと思われる足跡があった。ベンチPへは、一人ないし二人の足跡があったが、自分と同じベンチPのファンがいるのかな。約束の9時を過ぎたのに、晴れてこない。しばらくの間登山道の上に雪がない。スギ林の中で、日当たりが良いとは思えないのだが。見晴台からは丹沢が辛うじて見えた。富士山や南アルプスは全く見えない。いつもは存在感のある三ツ峠も今日は存在感がない。見晴のない見晴台には用がないと、一瞬だけ立ち止まって通過した。中沢山は通り過ぎるわけにはいかない。ピークに上がって石仏にご挨拶、そして楽しい安全な山歩きができることを願って手を合わせた。中沢山を過ぎた頃から、反対方向から来るハイカーとすれ違うようになる。コンピラ山で一本取っていると、上から白いものがチラチラと落ちてきた。約束が違う!と思わず声に出してしまった。この声が聞こえたのか、大洞山の登りにかかる頃から青空が広がってきて日差しを感じるようになってきた。雪の量が増えてきて、靴が埋まるくらいの量。トレースがあるので難なく歩けるが、積雪直後の最初に歩いた人は大変だったのではないかと感謝。大垂水峠は除雪をしたのだろう車道の上には雪が全P2040014s_2 くないが、歩道にはいっぱい。城山への登り斜面も雪が多いが、トレースがしっかりとついているので、ほとんど影響なく歩ける。白い雪の上に木の陰があって、その上に青い空が見られるという眺めが、良い感じ。大平林道への分岐を過ぎて、標高差120m程の急な登りになる。周囲の雪景色を眺めながら何とか、城山頂上に登り着いた。休日ということで頂上はハイカーがいっぱい。頂上からは富士山や南アルプスは全く見えない。丹沢は一応見えているが、ボンヤリ。高尾山への尾根道はかなり踏み固められているようなので、アイゼンを履いた。こちらもスパッツと同様久しぶりで、歩き始めて早々ひっかけてこけそうになってしまった。一丁平の展望デッキからは、大山、蛭ヶ岳、大室山と丹沢のほぼ全山が見えているが、やはりボンヤリとした眺め。白くなった丹沢の眺めが今日の大きな楽しみだったので残念。北方向に行ってP2040022s いるトレースがあったので、入ってみると高尾山の白い大きな西側の斜面が見えて、ちょっと面白い眺めだった。高尾山頂上への最後の登りの階段は、雪で完全に埋まっていてアイゼンでは歩きやすい。高尾山からは、大室山の方が蛭ヶ岳より高く見えた。何故?高尾山からは稲荷山を通る尾根を下る。雪が少なく、階段にアイゼンをひっかけてバランスを崩しそうになり、かなり気を使う。いつアイゼンを外そうか、迷いながら下って行く。稲荷山まで来て地面の露出しているところが増えてきたので、アイゼンを外した。稲荷山からは山道の上には全く雪は見られなくなった。と安心して下って行ったら、車道に出る直前の階段のところでかなりの量の雪が突然という感じで出てきた。最後で滑って痛い思いをしないように、かなり気を使って下る。無事に車道に下り着いてほっとした。今日は駅からバイクに乗らなくて良いので、駅前でビールを求め、富士山や丹沢の眺めが楽しめなかったのは残念だったが、雪がそれなりにあってスノーハイキングが楽しめたことに感謝して、一人で乾杯をした。

|

« 氷の造形&春の足音 2018.1.30 | トップページ | セツブンソウ・節分草 2018.2.7 »

山行記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 氷の造形&春の足音 2018.1.30 | トップページ | セツブンソウ・節分草 2018.2.7 »