« 西穂高 | トップページ | 昭和記念公園 2018.3.6 »

鳥屋の福寿草(ポタリング) 2018.3.3

去年は、8日に行って遅かった鳥屋の福寿草。今年は寒い日が続いたから遅れているかなと思ったが、暖かい日があったから一気に開いたのではとも思って、ポタリングで行ってきました。やはりちょっと早過ぎたようですが、それでも何とか楽しむことができました。その後、宮ヶ瀬ダムを見学してきました。

P3030005s P3030008s

○ 鳥屋・福寿草(ポタリング) 2018.3.3(土) 晴

 新小倉橋(9:40)-長竹三差路(10:05)-関(10:10)-鳥屋・宮之前(10:2510:35)-鳥屋・道場(10:5011:15)-鳥居原ふれあいの館(11:1012:15)-宮ヶ瀬ダム(12:4513:30)-R412・オギノパン(13:4014:00)-新小倉橋(14:25)

 家を出てしばらく下りで、最初から上るのに比べると体力的には楽なのだが、この時期では寒いのが辛い。新小倉橋を渡り、圏央道のIC近くに設置されている電光掲示の温度計は10℃を示していた。上りが続き、体がだいぶ温まってきた。串川ひがし地域センターのトイレを借りて、最初のトイレ休憩をした。出かける前の天気予報で言っていたが、今日は気温が上がるので、花粉の飛ぶ量が多いから花粉症の人は対策をしろと忠告をしていたのに、出かける前に鼻の薬をするのをすっかり忘れてしまった。そのためか、クシャミが連発して出て、鼻水も激しい。先が思いやられる。長竹三差路でR412に入り、少し行った関の信号でR412から離れて、鳥屋、宮ヶ瀬方向に向かう県道に入る。正面に丹沢の山を見ながら、何度かアップダウンを繰り返しながら進みやがて鳥屋地域センターの前の福寿草の群生地に着いた。去年は3月8日に来て、遅かった。冬が寒かったから今年は遅いかなと思ったり、最近暖かい日があったし、昨日行った野川公園ではしっかり開いていたぞ、などとトキドキしながら入り口に向かう。入り口に今年は開花が遅くてごめんなさい、といった旨の断り書きがあった。中から出てきた方が、日が当たっていなくてダメだ、と言って出てきた。中に入ってみると、確かに花はあるのだが、閉じてしまっている。がっかり。遅い時間に再度訪ねてくるか、日を改めて又来るか悩みながら、念のためと思って少し先の道場の群生地を訪ねてみることにした。こちらの福寿草は開いてくれていた。来た甲斐があったと、花を楽しみ、カメラに収める。しばらく楽しんでから、道場の福寿草の群生地を後にして鳥居原ふれあいの館に向かった。今日の楽しみは福寿草ともう一つ、ふれあいの館のかき揚げ丼を食べること。館に着いて早速注文をして、1年P3030043s ぶりのかき揚げ丼を美味しく食べた。ここからは丹沢の蛭ヶ岳が間近に見える。今年は雪が少ないのだろうか、馬の雪形の形が、なんとなく情けない。虹の大橋を渡り、宮ヶ瀬湖畔園地は中をちょっと覗いて、通り過ぎた。宮ヶ瀬湖にかかる大吊り橋を眺め、やまびこ大橋を渡り、ダムの方向に向かう。R412まで5kmという標識があり、意外と近いなと思った。少し行くと宮ヶ瀬ダム。ダムの上を渡ったところにあるエレベーターでダムの下に下りた。下からダムを見上げると、ちょっと迫力がある。しばらく周囲を散策してから、エレベーターで上に戻った。エレベーターの箱は大きくて、自転車を乗せることができるスペースがあった。下から愛川公園を通ってR412に行けたようで、そうすればよかったと後悔した。ダム関係者用のものかなと思われる通路を、見られると咎められるかなと思いながら通って、対岸の道路に出た。R412に向かって下って行く。R412に出て、津久井方向に行くとあんパンやあげパンが人気のオギノパンがある。ただ休むだけでは申し訳ないので、自動販売機でコーヒーを買って飲んだ。パンも食べたいなと思ったが、昼食のかき揚げ丼がボリュームがあったし、さらにここでパンを食べてしまうと、家に着いてからのビールが拙くなると思って、我慢した。小倉橋に向かう道を、アップダウンを何度か繰り返しながら進み、津久井広域自動車道が近づいて平行するようになったところで、やはり関係者用の通路と思われるところを通って、広域道路に出た。いつもはテニスをしながら見上げている道路を、今日は逆にテニスコートを見下ろしながら進み、やがて新小倉橋に戻った。

鳥屋の福寿草
P3030013s P3030016s P3030022s P3030026s

宮ヶ瀬湖のつり橋
P3030053s

宮ヶ瀬ダム
P3030059s

|

« 西穂高 | トップページ | 昭和記念公園 2018.3.6 »

ポタリング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 西穂高 | トップページ | 昭和記念公園 2018.3.6 »