« 桑野川の水鳥 | トップページ | 五箇山 »

多摩川(ポタリング) 2018.2.27

今年になってからモールトンを走らせていない。ということで、モールトンでのポタリングをプランした。コースをどうするかかなり迷ってしまったが、多摩川の上流方向にしばらく行っていないので、中央線の鉄橋あるいは余裕があれば、多摩大橋までのポタリングをプランし多摩大橋まで走ってきました。ちょっと強い風が吹いていたためだろうか(と思いたい)、かなり足に来て後半は辛かった。

Dscn4661s

○ 多摩川(ポタリング) 2018.2.27(火) 曇時々晴

 京王多摩川(10:20)-多摩川(10:30)-関戸橋(11:05)-根川貝殻板橋(11:4011:55)-JR中央線下グランド(12:15)-多摩大橋(12:30)-日野橋(13:15)-浅川(13:30)-R16(14:45)-相原(15:10)

 京王多摩川の駅で下りるのはかなり久しぶりのような気がする。駅前で自転車を組み立て、近くのコンビニで昼食を確保して、多摩川のサイクリングロードに出た。今日は上流の方向に進む。晴れるという予報だったが、すっきりと晴れている感じはなく、空には雲がかなり広がっていて、日差しが弱い。よみうりランドの観覧車が見えた。川沿いに出ると少し冷たい風が感じられ、走る前に外したネックウオーマーを再びつけた。さすが平日のためなのだろう、河川敷のグランドでは野球をやっている姿は見られなかった。平日ということではなく、野球はシーズンオフということなのかな。野球をやっている人は見られなかったが、サイクリングロードには、サイクリスト、ウオーカー、ジョガー(失礼、ランナーかな)の姿はかなり見られた。しばらくDscn4638s すると腰に違和感が感じられるようになって、ちょっと不安。関戸橋を過ぎて少し行くと、五本の松が植えられていて、その“五本松”のいわれを書いた看板が設置されていた。中央道を過ぎると何故か多摩川沿いの道が無くなり、川から離れる。途中に貝殻坂と呼ばれる坂があって、その名前の由来が書かれた標識が立っていた。それによると、昔から坂の途中で貝殻が出るからということで、江戸時代に書かれた書物にもそんなことが書かれているそうだ。根川貝殻板橋は、非常に趣のある橋。橋についての説明を書いてあると思われる案内があるのだが、字がつぶれてしまっていて読めないのが残念。橋のすぐ先にベンチがあったので、そこで川を眺めながら昼食を摂った。ここから先は小さな水の流れが続き、根川緑道という標識があって、かなり良い感じだった。池があって大きなレンズを付けたカメラを構えたカメラマンがいた。野鳥が見られるのかな。多摩川に沿った道に戻り、今日の目的地の一番目の候補地、JR中央線の下のグランドに意外と早く着いた。自転車をこぎ始めた頃不安を感じた腰の違和感は、いつの間に感じなくなった。そのことと思ったより早く着いたこともあって、なんとなく走り足りない気がして、さらに先に進む。しばらく行くと赤いアーチの橋が見えてきたのでそこまでと思って進んだ。赤いアーチの橋は目的地の2番目の候補にしていた多摩大橋だった。対岸に自転車道があれば橋を渡ってそちらを進もうと迷ったが、後から追い越して行ったサイクリストが橋を渡って行ったので、自分もそれについていった。橋を渡ると川に沿って道があった。ホッとしてしばらく進んだが、しばらくで道が無くなってしまった。やむを得ず橋に戻って、15分程ロスをしてしまった。以前日野橋を渡った右岸に、自転車道があったことを思い出した。JR中央線の下まで戻り、さらにその先の日野橋を渡って右岸の自転車道に入る。しばらく進んで浅川沿いの道に入る。奥多摩の山が見えるはずだが、今日は雲の中に入ってしまっているようDscn4657s で眺めることはできない。長沼橋を過ぎると、新しい(と思う)道がつながっているので、何気なくそちらに入ってしまった。少し行くと水が溜まっていて、枯れ木と水との眺めが、山の中の池を思わせてちょっと良い感じ。又水鳥が何羽かかなり近くで見られた。さらに進むと、中央線の鉄橋が出てきて、違う方向に行ってしまいそうなので長沼橋まで引き返した。しばらく先まで進んで、出てきた橋を対岸に渡れば良いかなとも思ったが、多摩大橋での失敗を思い出して素直に戻ることにした。R16を渡って、さらに進み東京造形大学に向かう登り坂にかかる。ちょっと強い向かい風が吹いていて、辛かった。大学の正門を過ぎて相原駅に向かう下り坂になると向かい風が先ほどさらに強くなった感じで、下り坂なのに少し漕がないと進まない感じだった。風の影響か、体調のためか、今日はかなり足に来て後半は辛かった。

Dscn4643s Dscn4645s Dscn4646s Dscn4662s

|

« 桑野川の水鳥 | トップページ | 五箇山 »

ポタリング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 桑野川の水鳥 | トップページ | 五箇山 »