« 桜 | トップページ | ナマステ第1報 2018.3.22~3.25 »

南高尾~城山~高尾山 2018.3.17

3日前に高尾山東側尾根を歩いたが、ちょっと歩き足りなかった。まだハードなコースを歩く自信はないが、歩き慣れている南高尾なら大丈夫かなと思い、城山~高尾山まで歩いてみました。そして日影に下りて、しばらく見ていないアズマイチゲが楽しめました。

P3170029s

○ 南高尾~城山~高尾山 2018.3.17(土) 晴

 都井沢(7:25)-城山発電所(8:00)-三沢峠(8:258:35)-ベンチP(9:05)-見晴台(9:20)-中沢山(9:35)-コンピラ山(9:5010:00)-大洞山(10:10)-大垂水峠(10:30)-小仏城山(11:2011:45)-高尾山(12:35)-日影(13:55)-R20(14:45)-高尾(14:55)

 朝家を出るとき、寒かった。少し行ってから耐えきれず、家にネックウオーマーを取りに戻った。丹沢の展望台に寄ると、蛭ヶ岳や大室山そして大室山に大部分を隠している富士山がかなりきれいに見えた。今日は寒いから眺めは期待できそうだ。丹P3170003s 沢の山はここから見える範囲ではすっかり雪が消えている。発電所の手前では、ちょっと離れているが、本沢梅園の梅の花が綺麗に咲いているのが見えた。空を見上げると僅かに雲があるが、概ね青空。一日このままであることを期待。城山発電所を過ぎて山道に入り、三沢峠で今日最初の一本を取る。“ツツピーツツピー”というシジュウカラの鳴き声が聞こえた。泰光寺山の巻道でスミレが咲いているのが見られた。今日は原則巻道を行くが、いつものとおりベンチPは上がる。これから行く城山、高尾山が良く見えている。城山の右には景信山も見えている。南高尾は週末でも会う人が少なく、静かにのんびりと山歩きができるコースだったのだが、いつからかランニングのコースになってしまったようで、大勢のランナーに出会う。丹沢の展望台では大室山の脇で遠慮がちだった富士山が、見晴台では大きく姿を見せるようになった。大山には、P3170009s モヤがかかってボンヤリ。中沢山もピークに上がり、頂上の石仏にご挨拶をし、楽しい山歩きができることを願って手を合わせた。石仏には、“聖觀世音菩薩”と彫ってあるのが何とか読めた。急斜面を上がって、コンピラ山で一本を取る。今日は気温が低いのだろう、なかなか体が温まらなくて衣類調整がし辛いが、この先の城山の登りでは温まるだろうとフリースを脱いだ。大洞山を越えて、大垂水峠に一旦下りて、城山まで300m程の登りにかかる。ツツピーツツピーが聞こえた。それと、ホーホケキョというのが聞こえ始めたのに、途中でやめてしまったのか、最後まで聞けなかった。人工樹林帯の中の山道で、スギ林だと恐ろしいことになると思ったが、ヒノキと杉のエリアがあって、ヒノキのエリアの方が多い。でも杉の葉の先は赤くなっている。大平林道への分岐を過ぎると樹林帯が空いてきて日差しが下まで届くようになる。気の早い花が咲いていないか期待したが、全く見られなかった。城山の頂上に着いた頃、富士山は大部分が雲に覆われて、やっと頭が見えている。しばらく休んで、頂上を後にする頃には、すっかり隠れてしまった。丹沢もモヤがかかってきて、クリアーではなくなってしまった。高尾山までの尾根道では、大勢のハイカーと出会う。この時期では、花は全く見られない。やがて着いた高尾山の頂上は、人々々々・・・・・。早々に後にする。下りは、比較的人が少ないだろうということと、アズマイチゲ・東一華が見られるかなという期待で、日影に下ることにした。頂上からしばらく下って、みやま橋(吊り橋)から琵琶滝へ下りる方向から分岐して、いろはの森・日影方向に向かう。分岐を過ぎた頃から急斜面の下りになる。いろはの森を過ぎ日影沢沿いの道になる。数年前までは、アズマイチゲを楽しみに何年か通ったが、踏みつけられて減ってしまったということで、ロープを張って規制をし、花の近くに行けなくなってしまってから来ていない。今も、ロープを張って規制している。花が無くなってしまうのは困るので、規制するのはやむを得ないだろう。注意しながら歩いていくと、ロープのすぐ先に数は少ないが、開いているアズマイチゲが見られた。何年ぶりかの再会。日影へのコースを選んで、大正解。しばらく花を楽しませてもらう。ユニバーサルデザイン歩道という難しい名前の歩道が沢沿いにつけられていたので入り、終点で沢に下りると、小さな白い花が群生していた。カメラに収めて、戻ってから調べてみると、ハナネコノメ・花猫の目という花だった。一旦小仏からのバス道路を出てしばらく行く。土筆が沢山P3170061s 生えているのを見た。こんなに沢山の土筆を見たのは久しぶりのような気がする。ミツマタが咲いているのも見た。自動車が通るのを気にしながらだが、ちょっと楽しい道。蛇滝方向に行く道が出てくるとバス道路から離れて、小仏川沿いにつけられた散策路に入る。しばらく行くと梅園があって、梅の花が見頃。さらに行くとアズマイチゲが咲いていた。今日はいずれも山を下りてからだが、アズマイチゲが堪能出来て楽しい山歩きになった。やがて出てきたR20をしばらく歩いて高尾駅へ。

P3170011s P3170017s_2 P3170021s P3170024s P3170039s P3170055s P3170048s P3170058s

|

« 桜 | トップページ | ナマステ第1報 2018.3.22~3.25 »

山行記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 桜 | トップページ | ナマステ第1報 2018.3.22~3.25 »