« 境川(ポタリング) 2018.4.15 | トップページ | 坪山 2018.4.23 »

奥多摩・サルギ尾根~御岳奥の院 2018.4.21

もう遅いだろうなと思ったのですが、カタクリやイワウチワがまだ見られることをかすかに期待して、奥多摩・サルギ尾根から御岳山・奥の院を歩いてきました。カタクリは萎れて疲れ切った花でしたが、イワウチワは数は少ないものの、十分に楽しむことができました。

P4210006s P4210031s

○ 奥多摩・サルギ尾根~御岳奥の院 2018.4.21(土) 晴

 武蔵五日市(7:01)=大岳鍾乳洞入口BS(7:25)-炭焼き窯跡(8:30)-高岩山(9:20)-展望デッキ(9:5510:05)-上高岩山(10:10)-鍋割山(10:45)-御岳奥の院(11:0511:35)-御岳神社(12:10)-大塚山(12:5012:55)-鹿柵(13:50)-古里(14:00)

 武蔵五日市のバス停には長い列ができていた。困ったなと思ったが、殆どが数馬に行くバスに乗る人のようで、自分が乗る上養沢に行くバスは小さくて座席の数が少ないバスだったが、全員が座れた。駅でバスを待つ間にストレッチを済ませたので、バスを降りてすぐに歩き始めた。バス停のすぐ前にある養沢神社に安全で楽しい山歩き、そしてカタクリ、イワウチワに出会えることをお願いして参拝をした。最初からヒノキ林の中の、急傾斜で猛烈にしごかれる。20分ほど上がると傾斜が一旦緩んだが、すぐにしごきは再会。上空を見上げると殆ど雲が見られない真っ青な空。こんな天気での山歩きはすごい久しぶりのような気がする。“ツツピーツツピー”とシジュウカラが鳴いている。日の当たらないヒノキ林の中で、チゴユリや小さな白いスミレが咲いている。急傾斜の登りが続き、うっすらと汗が出てきた。衣類調整のタイミングを考えながら歩く。650m圏の小さなこぶを越えると左側が自然林になった。下に桜の花びらが落ちていたので周りを見廻しみたが、桜の木のありかは分からなかった。炭焼き窯跡を過ぎ、岩混じりの急な登りにかかるようになると両側とも自然林になった。こぶのピークの右側斜面にイワウチワが見られるはずだが、全く見P4210025s られない。先を歩いていた方が下の様子を見に行ってきたようなので聞いてみたが、だめだったようだ。高岩山の先で、まだ蕾が残っているので咲き始めたばかりだと思えるミツバツツジが見られた。尾根から離れたところに白っぽい花をつけた木がある。サクラだろうか。下にはサクラと思われる花びらが落ちている。そこから飛んできたのかな。やがて展望デッキに着いた。山の中にこんな立派な施設をどこが作ったのだろう。ここからは御岳神社が意外と近くに、そして大岳山が大きく見える。さらに上がって鍋割山、御岳神社奥の院に向かう尾根に乗る。ここではカタクリが期待P4210029s だが、すっかり萎れて疲れ切った花が残っていた。「もう疲れたよ!!」と言っているようだ。奥の院ではイワウチワが残っていることを願いながら進む。大岳山まで行くのだろうか、大勢のハイカーとすれ違った。カラ松林が出てきたが、新緑がきれい。奥の院に登りつき、早速イワウチワを求めて斜面を下りてみる。サルギ尾根では蕾もあったが、開いている花もあったミツバツツジが、ここではまだ開いている花がない。ここは季節の進み具合が遅いのだと期待して下りていくと、ありました。数は少ないような気がするが、まだ元気な姿を見せてくれていた。しばらく楽しんでから頂上に戻って、頂上の社に感謝の参拝をした。親が子に教えているのか上手な“ホーホケキョ”が聞こえてきた。さらに“ケキョケキョケキョ・・・・・・・”と谷渡りも聞こえてきた。数日前の誕生日の花だったと思う山吹が見られた。今日は御岳神社の本院をパスするわけにはいかず、奥の院でイワウチワが楽しめたことを報告し、感謝をして参拝をした。旅館街の斜面には、ニリンソウや石楠花が咲いていた。未練たらしくカタクリを期待して富士峰園地に寄ってみたが、当然あるはずがない。大塚山を越えると単調な下り。“ツツピーツツピー”が聞こえてきて、単調さを紛らわしてくれた。道端にシャガの群生が見られると、すぐに鹿柵が出てくる。それを越えると車道に出て、少し進むと多摩川を渡る。新緑と川の流れがきれい。さらに進んで、やがて古里駅へ。

P4210002s P4210050s P4210062s  P4210067s P4210070s P4210074s P4210078s

|

« 境川(ポタリング) 2018.4.15 | トップページ | 坪山 2018.4.23 »

山行記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 境川(ポタリング) 2018.4.15 | トップページ | 坪山 2018.4.23 »