« 三ツ峠 2018.5.11 | トップページ | 城山湖 2018.5.20 »

滝子山 2018.5.15

歩く会の山歩きで滝子山を歩いてきた。この山の楽しみは、富士山の展望と、ツツジなどの花。富士山は一応展望できたが、靄がかかってしまって、クリアーではなかった。花はミツバツツジ、ハシリドコロ、ミヤマクワガタなどの花を楽しむことができた。

P5150024 P5150056 P5150014_2 P5150044

○ 滝子山 2018.5.15(火) 晴

 大月IC(7:40)=登山道入口駐車場(8:158:20)-曲沢峠分岐(9:409:50)-鎮西池・白縫神社(10:50)-滝子山(11:0511:45)-駐車場(13:4513:50)=笹一酒造(13:5514:20)=大月IC(14:30)

 中央道からの富士山は、モヤがかかっている感じで、あまりクリアーではない。富士山の展望はちょっと期待できないかな。笹子駅でキジ場をお借りした。滝子山に登るのかなと思われるハイカーが何人かいた。登山道に入る少し手前に駐車スペースがあったので、車を駐車する。登山道に入るとすぐに沢を渡り、すみ沢に沿った山道になる。沢の流れを見ながら高度を上げていく。沢には、流木が多い。ラショウモンカズラが出てきた。標高1,100mを越えた頃、沢から離れる。しばらく上がると左右に道が分岐している。右方向には難路と標識に書かれていたので、そちらは敬遠して左方向の曲沢峠に向かう道に入る。こちらはかなり急な傾斜の登りが続き結構辛い。これはこれで難路かなと思ってしまった。周囲は新緑の自然林で気持ちは良いのだが、急な登りに喘ぐ。曲沢峠への分岐を過ぎると下りになる。辛い思いをして折角上がってきたのに。キケマンが見られた。しばらく下って難路と合流して、またしばらく沢に沿った道になる。ハシリドコロや白いスミレの花が見られた。やがて沢から離れて広い尾根の道を上がるようになる。大谷ヶ丸への分岐を過ぎるとすぐに鎮西池。池の下には水の流れがあったので、池の底から水が湧き出ているのかな。池の横に白縫神社と書かれた標識があり、社があったのでここまで無事に来られたことを感謝し、無事に下山できることを願って、お参りをした。ここからさらに急な斜面を上がって頂上に登り着いた。山名標識が二つあって一つには1610m、もう一つには1620mと書かれている。地形図を見た感じでは、1610m圏という表現になるのかな。三角点はここにはなくて、少し東に行ったピークにあってそこの標高は1590.3m。秀麗富嶽十二景の一つになっているこの山に上がってきた大きな期待の一つは富士山の展望。一応見えてはいるが、靄がかかってしまっていてぼんやりとした富士山。でもやはり富士山は富士山。もう一つの楽しみはツツジ。ミツバツツジは見頃で楽しめた。別の種類のツツジ・ヤマツツジの開花時期はミツバツツジとはずれているようで、花が開くのはまだ先のようだ。ミツバツツジの花をしばらく愛で、富士山や北方向の雁ヶ腹摺P5150033 山、小金沢連嶺などの眺めを楽しんで下ることにする。登ってくるときは気がつかなかったが、鎮西池の池畔に花が開くにはまだちょっと時間がかかるかなという感じのクリンソウの蕾が見られた。下りは、登りでは敬遠した難路を行くことにした。難路などと脅かしているので、沢が増水したときなどに道が流れてしまうなどして、道形がなくてかなり歩き辛い道を想像したが、それほど苦労することなく歩けた。沢は滑め滝があったり、モチガ滝というきれいな滝があったり、沢の流れの眺めが楽しめた。ユキザサやミヤマクワガタなどの花も楽しめた。曲沢峠からの道と合流し、さらに下って鉄塔を二つ過ぎると車道に出て、駐車場所に戻る。帰りには笹一酒造に寄って、お酒を仕入れた。大月のインターチェンジ手前の道路横に温度計があって、30℃を示していた。

P5150027 P5150031 P5150032 P5150008_2 P5150036 P5150018_3 P5150039 P5150042 P5150057 P5150059
P5150049 P5150054 P5150063

|

« 三ツ峠 2018.5.11 | トップページ | 城山湖 2018.5.20 »

山行記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 三ツ峠 2018.5.11 | トップページ | 城山湖 2018.5.20 »