« 鎌倉・イワタバコ・岩煙草 2018.6.1 | トップページ | 日和田山~物見山 2018.6.13 »

奥多摩・御前山~鋸山 2018.6.3

奥多摩の御前山にしばらく行っていないなと思い、カタクリの時期は大分前に過ぎているが、何か花が見られるであろうことを期待して、行ってきました。奥多摩湖~御前山~鋸山~奥多摩駅というコースを歩きましたが、コアジサイがコース中ずっと見られました。

P6030018 P6030022

○ 奥多摩・御前山~鋸山 2018.6.3(日) 晴

奥多摩(7:00)=奥多摩湖(7:157:20)-サス沢山(8:458:45)-小河内峠分岐(10:10)-御前山(10:3010:55)-鞘口山(12:00)-林道 (12:30)-鋸山(12:4513:00)-大聖神社(14:00)-愛宕山(14:30)-奥多摩(14:50)

 いつも昼食を確保するコンビニが、休んでいて焦った。少し離れたところにある別のコンビニに慌てて行って、なんとか確保することができた。奥多摩湖でバスを降りて空を見上げると雲は全くなくて、全部青空。歩き始めればすぐに暑くなるだろうと半袖Tシャツ1枚になった。日向では大丈夫だが、日陰ではちょっと寒い感じだが、登り始めれば暖かく(暑く)なってくるだろう。ダムの上を渡ってから当然あると思った御前山に向かう標識がなくてウロウロとしてしまった。地図を確認して左方向に進む。少し行くと標識が出てきた。しばらく急な階段の上りが続く。頂上広場への標識が建っているところで、尾根に乗った。尾根に乗ってからも急傾斜の登りが続き、しごかれる。自然林の隙間から見える奥多摩湖を眺めながら、急登に喘ぐ。741で一旦急な登りから解放された。奥多摩湖畔の道路を走る車の音がここまで聞こえてきて、うるさい。鳥さん達が、それに負けないようにと頑張って鳴き声を聞かせてくれる。やがて登り着いたサス沢山(山名標識には“指沢山”と書いてあった。)には展望デッキがあって、奥多摩湖や飛龍山、大菩薩などそして奥多摩の山は、主稜線の山は見えていないようだが、鷹ノ巣山に上がっていく榧ノ木尾根の倉戸山、榧ノ木山、水根山などを望むことができた。さらに上がっていくと1週間前に受けた大学の授業“武蔵野台地の自然史-多摩”で覚えたばかりのコアジサイ・小紫陽花が出てきた。東京都水道局と書かれた赤帽子杭と、それのすぐ近くに赤く塗られたコンクリート製の杭がかなり頻繁に出てくる。コンクリート製の杭は重そうだし、担いできて埋めるのが大変だっただろうな。などと余計な心配をしてしまった。一人だけしかいないフタリシズカ・二人静が出てきた。さらに少し上がると、ちゃんと二人いるフタリシズカが出てきた。何日か前に聞いたラジオで、その日の誕生日の花だと紹介していた。名前の由来は二人のうちの一人は静御前もう一人は亡霊だと言っていた。白いP6030032 花びらが沢山落ちていたが、元の木は確認できなかった。バイケイソウが群生していて、もうすぐ開きそうな蕾を付けたものもあった。「もうすぐ花を見せることができるから、少ししたら又来てね。」と言っているようだった。しばらく急傾斜の登りに喘いで、小河内峠からの尾根に合流した。一旦下って少し上がると、木の間から富士山が眺められた。何年か前にはもっとよく展望できたような記憶があるが、木が伸びたのか、記憶がいい加減なのか。さらに少し上がって、御前山の頂上に登り着く。木に囲まれて展望は全くない。やたら立派すぎる山名標識が目立っている。樹林帯の中で日差しが届かず、じっとしていると寒くさえ感じるようになってきたので、鋸山に向かって歩き始めることにした。尾根の両側は自然林に囲まれて展望は全くない。展望がないので花がないか下を睨みつけるようにしながら歩くが、花も見られない。尾根の下はかなりの急斜面。道形のしっかりした尾根道なのでそんな心配はないと思うが、万が一けつまづいて斜面に落ちると、かなり大変。コアジサイが頻繁に出てくるようになった。授業の復習をしろということなのか、ちゃんと覚えているかテストをされているのか。林道を渡ってから標高差100mほどの急斜面の登りに耐えて、鋸岳の頂上へ。ここも木に囲まれた展望はない。しばらく休んでから奥多摩駅に向かって下り始める。この尾根もコアジサイが山道の両側に続けて出てくる。コアジサイを見ながらの下りになった。天聖神社の社があったので、ここまで無事に来られたことに感謝をし、無事に下山できることを願って参拝をした。神社の前後が、鉄ハシゴがかかっているなど岩場の下りで、緊張して進む。やがて傾斜が緩み岩場の下りから解放されてホッとする。愛宕神社へは急な階段を上がっていく。社に上がっていく階段は敬遠させてもらって、階段の下で頭を下げた。やがて車道に出て、前を歩いて行く人に何も考えずに着いていったら、ちょっと変な感じで、駅とは違う方向に行っていることに気がついた。戻って方向を確認して無事に奥多摩駅に着いた。

P6030002 P6030008 P6030045

P6030064 P6030068 P6030075

P6030026 P6030029 P6030036 P6030040

P6030042 P6030049

|

« 鎌倉・イワタバコ・岩煙草 2018.6.1 | トップページ | 日和田山~物見山 2018.6.13 »

山行記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 鎌倉・イワタバコ・岩煙草 2018.6.1 | トップページ | 日和田山~物見山 2018.6.13 »