« ウイーン初夏のコンサート③ | トップページ | 相模川の花 »

ウイーン初夏のオペラ

haruさんのウイーン滞在のメインイベントは、やはりオペラの鑑賞でした。

(ウイーン初夏のオペラ)

 

 今回のウイーン滞在のメインイベントはフローレスとアイーダが出るオペラ「リゴレット」を見る事でした

0101
 

人気あるチケットは2か月前の一般発売日では取れないので、半年前の1月の初め、フライト予約と同時にオペラ座のホームページからスタンバイチケットを申し込みました

この方法は席の料金を指定する事は出来るのですが座席は選択できません取りあえずS席の最前列からA席の最前列を指定して待つこと3か月後にお知らせメールが到着

席は第一希望ではなく1RANG LOGE RECHTS(2階席ボックス席前列)写真の白矢印の席

0201 0202

ウイーンのオペラ座は観客数ナンバーワンを誇っているそうです。今シーズンから字幕に日本語も登場しました
0301 0302
 

館内に貼られている配役ポスターを見ると、何と! 

マントバ侯爵がフローレスからIvan Magriに変更!!!

3日前にオペラ座横のカラヤン広場を通った時にはパブリックビューイングの大型スクリーンにはフローレスとアイーダが映し出され素晴らしい歌声が響き渡っていたのに
0401 0402

フローレス降板に😞ガッカリ

更に隣人の香水が強烈で館内の暑さと匂いに気分が悪くなりそうでした

でもオペラが始まるとアイーダに釘付け、この劇場で3年前に見た時よりも更に良くなったアイーダ

歌声も素晴らしかったですが、立ち姿と演技がピカイチです

帰国したら嬉しいニュースが飛び込んできました 

アイーダが2018年ワールドカップロシア大会の前日613日、モスクアで開催される「赤の広場」ガラコンサート参加(ゲルギエフ指揮、ネトレプコ、ドミンゴ、フローレス等) 

更に翌日の開会式セレモニーでロビー・ウイリアムスと共に一夜限りのデュエットで

15日の閉会式にも参加するそうです

アイーダは1987年ロシアのカザン生まれ、18歳でドイツのニュルンベルグ音楽大学、2007年にウイーン音楽・演劇大学に入学 

2012年の夏リビエラ海岸ポルトフィーノで行われたアンドレア・ボチェッリ野外コンサートに飛び込み出演してセンセーショナルなデビュー 

その後2013年ドミンゴ・コンクールで優勝 

ウイーン国立歌劇場、パリオペラ座、マリンスキー劇場等で活躍しています

昨年10月に亡くなったホロフトスキーの最後のステージとなった20176月のグラーフェネックコンサート 

共演したアイーダが彼に言われた言葉「君はスターになるよ。大成功する。これは僕の最後のコンサートだ。」 

まさに、この予言の通りに、1年後にワールドカップで大抜擢されました

更に7月はパリでディ・ドナートとコンサート

8月はグリゴーロとのコンサートとザルツブルク音楽祭

9月はアンドレア・ボチェッリとのコンサート

10月はホロフトスキーのメモリアルコンサート

11月はウイーン国立歌劇場で愛の妙薬

年明けにはメトロポリタンオペラ、ドン・ジョバンニでデビュー

益々これからの活躍が楽しみなアイーダです

|

« ウイーン初夏のコンサート③ | トップページ | 相模川の花 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ウイーン初夏のコンサート③ | トップページ | 相模川の花 »