« 城ヶ島の花 2018.8.5 | トップページ | 五竜の滝 2018.8.17 »

横浜水道道~相模原沈殿池

山に行きたかったのだが、天気予報をチェックすると山はあまり良い天気ではなさそう。それで冬に行って水鳥の眺めを楽しんだ、横浜水道の相模原沈殿池の夏の様子を見てみようと、水道道をポタリングして行ってみました。当然のことながら水鳥たちは、こんな暑いところには居られないと、涼しいところに行ってしまったのでしょう。全く見られませんでした。
Dscn4885

○ 横浜水道道~相模原沈殿池~道保川公園(ポタリング) 2018.8.10(金) 晴

 横浜水道道入り口(8:50)-R129(9:10)-せせらぎの園(9:309:35)-相模原公園(9:4510:40)-横浜水道相模原沈殿池(10:45)-昼食(11:1011:55)-道保川公園(12:2012:35)-亀ヶ池八幡宮(12:40)-橋本(14:00)

 横浜水道道に入るのに、大型車が頻繁に通る県道を通らずにいける道を見つけた。大型の車に気を使わずに水道道に入ることができた。水道道の両側は貸し農園になっている。ネギやトマト、ナス、サトイモなどが元気に食べてもらうのを待っている。以前冬にここを通ったとき、野菜が不足しているときで値段を計算してしまったが、今も猛烈な暑さ続きで野菜が高い。自分で野菜を作ることができて食べられる方が羨ましい。サルスベリ、タチアオイ(だと思う)などの花も見られた。上溝バイパスを渡って少し行くと相模線の下をくぐる。台風で降った雨だろうか、下に水が溜まっていた。金属製の板を渡してくれてあるので、その上を足を踏み外して水溜まりに落ち込まないように気をつけて進む。鳩川、姥川を越えてせせらぎの園でトイレ休憩をする。この先の水無園は花しょうぶが植えられている園。この時期には何もないのだろうが、中に入って何もないことを確認して先に進む。花しょうぶは水のあるところに生える植物だと思うのだが、何故水無園なのだろう。ハナミズキゲートから相模原公園(麻溝台公園という名称だと思い込んでいたが、正しくは県の公園は神奈川県立相模原公園、市の公園は相模原麻溝公園というようだ。)に入った。今日は時間に余裕があるので、相模原麻溝公園の展望台グリーンタワーに上がってみることにした。初めてのような気がする。エレベーターで上がるのだが、お金を取られるのかなと思って財布を用意したが、全く必要なかった。今は展望を楽しむにはあまり良い時期ではない。遠くは、モヤがかかっDscn4902 て殆ど見えない。展望図では山は奥多摩の大岳山、丹沢の大山や塔の岳、蛭ヶ岳そして高尾山などが見えるようだが、辛うじてぼんやりと形がなんとか分かるかなという程度の眺め。横浜のランドマークも辛うじて確認できた。空気の澄んだ時期に再度訪ねてみたいと思った。県立相模原公園に戻り園内では自転車の乗るなという看板が目に付いたので、自転車を押して進む。今日は、池沿いは炎天下なので、日陰がある樹林帯の中を行く。クスノキゲートまで行って、相模原公園を出た。冬に水鳥がいて、その様子を楽しんだ横浜水道の相模原沈殿池に行ってみたが、この時期には当然ながら水鳥の姿は全く見られない。今頃は涼しいところに行って暑さを避けているのだろうな。昼食を食べるにはまだちょっと早そうなので、しばらく時間調整をして北里大学近くのファミレスに入って、昼食を摂った。これから行く先を悩んだが、道保川公園を廻って行くことにした。北里大学(病院)の前の道は昼の時間帯なのに車が多い。沈殿池方向に戻りさらに先に進んで、下原の信号を右折し、しばらく行った七曲下の信号を右に行き、少し行った信号を左に曲がると道保川公園。ここも冬に訪ねたときは水鳥がいたのだが、当然今はいない。ミーンミーンとセミの鳴き声が賑やかだった。公園の近くにある亀ヶ岡八幡宮に寄ってお参りをした。坂道に喘いで暑くなり汗が出てきたところでちょうどコンビニがあったので、癖になってしまった、アイスクリームを食べた。その店にはイートインのスペースがなくて立ち食いだったが、おいしかった。その後相模原の駅に出て、横浜線の線路に沿った道を橋本駅に向かった。今日も気温は高かったと思うのだが、汗が猛烈に出るということはなかった。
Dscn4887 Dscn4891 Dscn4892 Dscn4890 Dscn4893 Dscn4898 Dscn4903 Dscn4908

|

« 城ヶ島の花 2018.8.5 | トップページ | 五竜の滝 2018.8.17 »

ポタリング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 城ヶ島の花 2018.8.5 | トップページ | 五竜の滝 2018.8.17 »